編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

広い空間でも明るく、大画面投写が可能。ビジネスプロジェクター6機種8モデル新発売

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2021-05-27 18:16

- 高コントラストな映像投写を実現するレーザー光源搭載 -

 エプソンは、ビジネスプロジェクターのスタンダードモデルおよび高輝度モデルの新商品として、レーザー光源を搭載した6機種8モデルを、2021年7月上旬より順次発売します。



[画像1: (リンク ») ]

 26年※1連続国内シェアNo.1のエプソンのビジネスプロジェクターは、ビジネスシーンにおいてさまざまな用途で活用され、多くのお客様に好評をいただいております。ニューノーマル時代を迎え、ビジネススタイルが変化している中、大画面による臨場感ある映像コミュニケーションや、空間を彩る映像での疑似体験演出など、あらためてプロジェクターの利用価値を感じていただいております。
※1:'95~'20年実績 1000lm以上のプロジェクター国内販売台数において 富士キメラ総研調べ

 新商品は、6,000~10,000lm(ルーメン)帯の明るいモデルをご用意しました。企業や学校の中~大会議室・講堂など広い空間の後ろからでも見やすく、明るく鮮やかな大画面投写が可能です。さらに、ランプ切れの心配がないレーザー光源搭載により、メンテナンス性にも優れています。

【新商品の価格・発売時期について】
■スタンダードモデル

[画像2: (リンク ») ]

 *上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予想価格(2021年5月27日現在)であり、各販売店での販売価格を指示・拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

■高輝度モデル

[画像3: (リンク ») ]

 ※2:シフト技術を採用した4K相当の解像度。

【販売目標台数】
 新商品を含めたビジネスプロジェクターの販売台数は、今後1年間で約15万台を予定しています。

【新商品の主な特長】
<スタンダードモデル『EB-L730U』『EB-L630U』『EB-L630W』『EB-L630SU』>
■充実の機能搭載で優れた設置性を実現
 上下(50%)左右(20%)のレンズシフト機能搭載で、設置場所の自由度が広がります。短焦点モデル『EB-L630SU』は、100型の投写距離が約1.7mで、狭い場所・投写距離が確保できない場所でも大画面投写が可能です。


[画像4: (リンク ») ]

 また、有線LAN、無線LAN、スクリーンミラーリングおよびHDBaseT™※3に標準対応しており、さまざまなネットワーク接続に対応します。
 ※3:オプションのHDBaseT™トランスミッタ―が必要です。

■16:6アスペクトの超ワイドなディスプレイに対応(EB-L730U/L630U/L630SUのみ)
 従来のアスペクト比16:9画面を左・中央・右に動かして表示することや、4:3画面を2画面同時表示することが可能で、一度に多くの情報を表示することができます。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

<高輝度モデル『EB-PU2010W/PU2010B』『EB-PU1007W/PU1007B』>
■4K相当の高画質映像を実現
 1画素を斜めに0.5画素シフトさせる「4Kエンハンスメントテクノロジー」により、4K相当のスクリーン解像度を実現。大空間にふさわしい高精細な高画質映像を投写します。
■本体の小型化、外付けカメラ装着により設置性が向上
 新商品『EB-PU2010W/PU2010B』(10,000lm)は、従来機「EB-L1490U/L1495U」(9,000lm)に対し、本体サイズ約27%の小型化、重さは約23%の軽量化を実現※4しました。超短焦点ゼロオフセットレンズとセット※5で使用することで、1m※6の投写距離で134インチの大画面投写が可能です。投写距離が確保できない環境でも、大画面投写ができます。超短焦点ゼロオフセットレンズは、白と黒の2色展開となり、本体カラーに合わせてお選びいただけます。
 また、オプションの外付けカメラ(型番:ELPEC01)を使用することで、複数台の設置時間短縮に貢献するアシスト機能(タイリング機能、スタッキング機能など)により、セッティングが容易にできるようになります。
[画像7: (リンク ») ]

※4: 『EB-PU2010W/ PU2010B』:545x436x164mm(突起部除く)、約16.8kg(レンズ含まず)/
「EB-L1490U/L1495U」:586x492x185mm(突起部除く)、約21.9kg(レンズ含まず)
※5: 『EB-PU2010W/ PU2010B』は「ELPLX02WS/ELPLX02S」、『EB-PU1007W/ PU1007B』は「ELPLX01WS/ELPLX01S」のレンズが必要です。
※6: レンズ面から投写面までの距離。
本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について(www.epson.jp/trademark/)をご確認ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]