編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

【Renta!】ピクシブとPFNのAI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」の試験導入開始

株式会社パピレス

From: PR TIMES

2021-05-28 15:16

株式会社パピレス(東証JASDAQ 3641、所在地:東京都千代田区、代表取締役:松井康子)は、2021年5月28日(金)に、マンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」の試験導入を開始したことを発表いたします。



 この度、マルチデバイス対応電子書籍レンタルサイト「Renta!」( (リンク ») )では、ピクシブ株式会社と株式会社Preferred Networksが共同開発した、AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint(TM) for Manga(ペタリカ・ペイント・フォー・マンガ)」を、2021年5月28日(金)より試験導入いたしました。

[画像1: (リンク ») ]

 ピクシブとPFNは、2019年11月より創作活動を楽しくする新サービスの開発を目的に、イラスト自動着色分野で業務提携し、AI技術のひとつである深層学習(ディープラーニング)を用いた線画自動着色サービス「Petalica Paint(TM)」の共同運営を行ってきました。AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」は、Petalica Paintの新モデルとして開発され、将来的には正式版のリリースを経た後、個人ユーザー向けにも提供される予定です。
 パピレスでは、Renta!の縦読みマンガコンテンツ、「タテコミ」を中心に「Petalica Paint for Manga」の試験導入を進めてまいります。

■サービス導入の背景
 現在、海外の新たなマンガ文化ではカラーマンガがスタンダードであり、デジタル化とともに、カラーリング市況が活発化しています。日本のマンガ産業においても、国際化と海外展開の本格化が始まっていますが、カラーリング作業に求められる専門スキルの高さや、カラーリング費用等が課題となっています。
 パピレスは、「Petalica Paint for Manga」の試験的な導入により、カラーマンガの制作時間やコストを削減すると同時に、カラー化による作品の魅力向上や海外展開を含む新たなユーザー層の開拓を進めてまいります。

■Petalica Paint for Mangaの特長
 本サービスでは、色のついたキャラクター画像を参考に、自動でモノクロの原稿上のキャラクターの着色ができます。また、「カラーヒント機能」を使うことで、自動着色の結果に細かく調整を加えることが可能です。
 自動着色後には「髪・服・肌・背景」などの要素をレイヤー分けし、業界標準であるAdobe(R) Photoshop(R)画像(PSD)形式データとして書き出しする機能が搭載されています。下塗りに自動着色を導入し、仕上げに各クリエィティブの制作・編集ソフトでハイライトや影を入れるなどの処理が可能です。
 本サービスを利用することで、手作業での着色と比べて50%以上の作業時間短縮(※ピクシブ自社商品比較)ができます。加えて、作業品質の均一化が促進されるため、クリエイターは作品の品質を上げる作業に集中して取り組めるようになります。
[画像2: (リンク ») ]

■Petalica Paintとは  (リンク »)
 PFNが開発し、2017年1月に提供を開始したオンライン線画自動着色サービスです。
 白黒等で描かれた線画ファイルをアップロードするだけで、深層学習の技術を使って完全自動着色または色指定の自動着色をすることができます。ピクシブのお絵描きコミュニケーションアプリ「pixiv Sketch(ピクシブスケッチ)」に導入され、国内外において多くのユーザーにご愛用いただいています。
※Petalica(TM)、Petalica Paint(TM)は、株式会社Preferred Networksの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■株式会社Preferred Networks  (リンク »)
 深層学習技術とロボティクスなどの先端技術を実用化することを目的に、2014年3月に創業。交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域をはじめ、パーソナルロボット、プラント最適化、材料探索、スポーツ解析、エンターテイメントなどの分野にも深層学習の応用領域を拡大しています。
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
代表取締役:西川徹
設立日:2014年3月26日

■ピクシブ株式会社  (リンク »)
 登録ユーザー数6400万人を超える「作品を介したコミュニケーション」にフォーカスしているクリエイターのためのSNS「pixiv」を中心に、クリエイターを支援する様々なサービスを提供。クリエイターが作品を表現、発表し、作品を介したコミュニケーションができる「クリエイタープラットフォーム」や、マンガ・小説・イラストなどの新しい作品に出会える「コンテンツプラットフォーム」など、創作活動を通じた様々なコミュニケーションの場を創出しています。
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝 信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日


 株式会社パピレスは、今後もより多くのユーザーにご満足いただける電子書籍サイトを目指して、サービスの充実に邁進してまいります。

■マルチデバイス対応電子書籍レンタルサイト「Renta!」について

[画像3: (リンク ») ]

URL: (リンク »)

 「Renta!」は「誰でも、手軽に、安価に」電子書籍の閲覧ができるサービスとして、2007年にオープンいたしました。
 現在までに多数のユーザーにご利用いただき、2020年には、会員数700万人を突破いたしました。ユーザーは さまざまな端末を利用してコミックスや小説、写真集等のコンテンツを、いつでも・どこでも・簡単に・好きな端末で楽しめます。※1
 価格設定は48時間閲覧方式の「レンタル」を採用し、安価な書籍閲覧を実現しております。また、レンタルだけではなく「購入」も可能で、「手軽にちょっと読みたい」と「繰り返し何度でも読みたい」という、異なるニーズに対応しています。
 なお、Renta!では書籍の作品データやユーザーの利用状況を、株式会社パピレス提供のクラウド上に保管します。これにより、利用シーンによる閲覧デバイスの使い分けは勿論、モバイル端末の紛失・故障・機種変更等に際しても、引き続き別の端末から作品を楽しめます。
※1 閲覧期間と価格の設定は個々のコンテンツによって異なります。予めご了承下さい。

【会社概要】

■会社名  株式会社パピレス
■代表者  代表取締役 松井 康子
■資本金  4億1,446万円
■設 立  1995年3月31日
■所在地  〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル
■TEL   03-6272-9533(代表)
■FAX   03-6272-9563
■URL    (リンク »)
■Email   info@papy.co.jp
■事業内容 電子書籍販売

【本件に関するお問い合わせ】

■会社名  株式会社パピレス
■担当   広報担当
■TEL   03-6272-9533
■FAX   03-6272-9563
■Email  press@papy.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]