編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「New Pop Star from 原宿 Contest」グランプリは12歳シンガー「熊本エミ」さんに決定!

株式会社ミクシィ

From: PR TIMES

2021-06-01 16:00

優勝特典として☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm, OTAQUEST)書き下ろしの楽曲提供権利を獲得!

株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のVantageスタジオが提供する、スマホだけでかんたんにカラオケを歌え、そのパフォーマンスを録画・投稿できるカラオケ動画/ライブ配信コミュニティアプリ「KARASTA(カラスタ)」は、原宿をコンセプトにした次世代のHARAJUKU STAR発掘コンテスト「New Pop Star from 原宿 Contest」の決勝戦を2021年5月31日(月)に「バーチャル原宿」で開催し、グランプリは「熊本エミ」さんに決定しました。



[画像1: (リンク ») ]

 「New Pop Star from 原宿 Contest」は、これまでオリジナリティあふれたカルチャーを世界に発信してきた「原宿」を、コロナ禍に負けず再び元気にして行こう!という想いのもと開催した、新たなPOP Starを発掘するオーディションです。
 アプリ内で実施されたライブ配信審査を含む予選を見事勝ち抜いたファイナリスト4名が決勝戦に臨みました。

<ファイナリスト>
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

<決勝戦レポート>
 決勝の舞台となったのは2021年5月25日(火)にオープンした渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル原宿」。本コンテストは「バーチャル原宿」で開催される初のオーディションイベントで、各ファイナリストは審査員やライブ配信で応援してくれている視聴者に向けて渾身のパフォーマンスを披露しました。

 5GやXRなど最先端のテクノロジーを駆使した幻想的なステージが展開される中、最初に登場したのは、「KAMIRA」さん。スタートにふさわしいポップで明るい曲を披露し、アバターとなった視聴者たちが拍手をしたり、ペンライトを振ったり、ジャンプをするなど本物のライブハウスのような盛り上がりを見せました。その後、「ありちゃにー」さん、「熊本エミ」さんがそれぞれの想いを込めた歌を披露。自分たちの個性や魅力をさまざまな形で表現し、視聴者を魅了しました。最後は、「橋本梨々果」さんが圧巻の歌声とパフォーマンスを披露し、オンラインながらも熱い空間を視聴者と共に作り上げ決勝戦を締めくくりました。

 各ファイナリストのパフォーマンス終了後、☆Taku Takahashiさん、RIRIさん、中川 悠介さん、及びコンテスト関係者による審査会議が行われ、グランプリに選ばれたのは「熊本エミ」さん。優勝特典として、大人気楽曲「come again」をはじめ、「miss you」や「the Love Bug」などの楽曲をm-floで手掛けた☆Taku Takahashiさん書き下ろしの楽曲提供権利を獲得しました。なお、グランプリ受賞者の「熊本エミ」さんには、きゃりーぱみゅぱみゅなど原宿発のアーティストを世界に送り出してきたアソビシステム株式会社やKARASTA運営が音楽活動のサポートを行います。

 また、特別賞として一次予選の応募の中から、原宿らしいスタイリッシュな動画に贈られるベストスタイリッシュ賞に「LILY」さん、原宿らしい個性あふれる動画に贈られるベストクレイジー賞に「あいあい」さんが選ばれました。

イベントのアーカイブ映像はこちら:  (リンク »)

【グランプリ受賞者 熊本エミさんコメント】
優勝が発表されたときは、感動で泣いてしまい、信じられなくてほっぺを自分で叩いてました。
電話がかかってきて出演した時も、驚きと喜びで泣いてしまい言葉になりませんでした。
いつも支えてくれ、応援してくれたみなさんのおかげで優勝できて、感謝しかありません。
本当に嬉しいです!
これからも応援をしてもらえたら嬉しいです。

【審査員コメント】
<☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)>
熊本エミさんは、すごい勢いがあって、声の表情のバリエーションが多いところ、そしてこれからいっぱいいろんな音楽を聴いていったら更にいろんなことを吸収するんじゃないかなと思わせてくれたところが決め手となりました。
今回いろんな人たちに応募していただいて、決勝戦には4人の皆さんに参加していただいたんですが、4人ともそれぞれ良さがあって、さらにその良さをもっともっと出せると思いました。「自分の武器は何か」をしっかり見つめることで、そこからまたいろんなことが広がっていくと思うので、今回はこういった形で出会いましたが、また別の形でお会いできたらと思います。そして、優勝した熊本さんには、みんなが楽しめて感動する曲を作れるように頑張りたいと思います。


<RIRI>
エミさんの良さは元気いっぱいなところで、とても明るいオーラが皆さんに元気を与えるものだと思うので、これからも大切にしていってほしいです。歌の面では、力を抜いて気持ち良く伸びやかに、深みと高音域の広がり感をうまくMIXできたら、更に綺麗なベストな声が出ると思うのでぜひトライしてみてほしいです。
Takuさんに楽曲提供していただくのは本当にすごいことだと思うので、「バーチャル原宿」でエミさんの歌声を聴けるのを楽しみにしています。本当におめでとうございます!他にも参加していただいた皆さん、夢にチャレンジしていくということはすごく大切だと思うので、私もどんどんチャレンジしていこうと思いますし、一緒に頑張っていきたいです。


<中川悠介>
優勝した熊本エミさんは、とにかく元気いっぱいで楽しく歌っていて、この後いろんな活動の幅を広げていけるんじゃないかなという期待から、今回の賞に一番相応しいと思いました。今までいっぱいオーディションをやってきましたが、バーチャル空間でのオーディションは初めてでした。「バーチャル原宿」の楽しさが伝わってきて、とても良い試みになったと思います。


【☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)プロフィール】
[画像6: (リンク ») ]

DJ、プロデューサー。98年にVERBAL、LISAとm-floを結成。ソロとしても Calvin Harris、The Ting Tings、NEWS、Crystal Kay、加藤ミリヤ、MINMI、 EXIDなど国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行うほか、アニメ 「Panty&Stocking with Garterbelt」、ドラマ・映画「信長協奏曲」、ゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン III」など様々な分野でサウンドトラックも監修。2010年にリリースした「Incoming... TAKU Remix」は世界最大のダンスミュージック配信サイト“beatport”で、D&Bチャートにて年間1位を獲得。また同曲で、過去受賞者にはアンダーワールドやファットボーイ・スリム、ジャスティス等、今や誰もが知っているスーパースター達が名を連ねる『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を獲得し、日本人として初めての快挙を成し遂げ、名実ともに世界に通用する事を証明した。 国内外でのDJ活動でクラブシーンでも絶大なる支持を集め、 LOUDの“DJ50/50”ランキング国内の部で3年連続1位を獲得し、日本を牽引する存在としてTOP DJの仲間入りを果たす。2011年に 自身が立ち上げた日本初のダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は新たな音楽ムーブメントの起点となっている。m-floの最新アルバム「KYO」、lovesシリーズ復活第二弾の最新シングル「m-flo(ハート)chelmico RUN AWAYS」が好評発売中。

(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)


【RIRIプロフィール】
[画像7: (リンク ») ]

21歳 Z世代アーティスト。日本最大級の音楽フェスに多数出演し、アメリカの大規模音楽フェスSXSWにも日本人最年少で出演。2018年には、世界的DJ ZEDDより、Stayジャパンカバーのオファーを受け共演を果たす。 2019年資生堂アネッサのCMソングを担当し、ディズニー映画超実写版ライオンキング日本版オフィシャルアーティストにも抜擢。2020年映画CATSの日本版にて、テイラースウィフト演じるボンバルリーナ役の日本語吹き替えを担当。 長者番付などでも有名な世界的経済誌Forbesが発表した、今最も注目すべきアジア人30名に、日本人アーティストとして初選出された。
「WHEEL of FORTUNE 運命の輪 -Single」をNEWリリース
(リンク »)


【中川悠介 プロフィール】
[画像8: (リンク ») ]

アソビシステム株式会社 代表取締役社長
1981年、東京生まれ。きゃりーぱみゅぱみゅなど世界で活躍するアーティストが所属するアソビシステムを07年に設立。青文字系カルチャーの生みの親であり、原宿を拠点にファッション・音楽・ライフスタイルを世界に発信。国内におけるインバウンド施策も精力的に行っている。
(リンク »)

■「New Pop Star from 原宿 Contest」概要
名称   :New Pop Star from 原宿 Contest
開催期間 :2021年5月3日(月)~5月31日(月)
審査員  :☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)
  RIRI
  中川 悠介(アソビシステム株式会社 代表取締役社長)
  及び、コンテスト関係者
受賞者  :グランプリ 「熊本エミ」さん
ベストスタイリッシュ賞 「LILY」さん
ベストクレイジー賞 「あいあい」さん
特設サイト : (リンク »)

■「バーチャル原宿」でのコンテスト開催について
 「バーチャル原宿」から本格的なアーティストを世に送り出し、原宿の新しいアイコンを創出することでカルチャーの活性化を図っていきたいという想いをもとに、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを通じて株式会社ミクシィとKDDI株式会社のコラボレーションが実現。新型コロナウィルスの拡大により、リアルの場でのライブや歌声披露が制限を強いられている中、本大会ではバーチャル空間に誕生した原宿でのオーディションという前代未聞の取り組みを実施しました。
 今後も、異業種同士である2社それぞれの強みと、原宿という街が持つエンタメ性、そして最新の通信技術を用いて、どんな人でも場所を選ばず表現の場が広がるチャンスを提供してまいります。

■「KARASTA(カラスタ)」とは
歌い手はすぐに好きな曲でカラオケができて、秒で歌ってみた動画を作成でき、ファンはいつでも新しいアーティストを見つけ応援することができる、カラオケ動画/ライブ配信コミュニティアプリです。歌い手は、スマホアプリを起動し好きな曲を選んで歌うだけで、カラオケで歌ってみた動画を作成しアップロードすることができます。歌ってみた動画をアップロードすることで、ファンを増やしたり、ギフティング機能で応援してもらったりと、アーティストとファン、ファン仲間や友人など、音楽をきっかけとしたコミュニケーションをかんたんに行うことができます。さらにライブ配信を使ってリアルタイムな音楽ライブを楽しむこともできます。

★アプリのダウンロードはこちら: (リンク »)
[画像9: (リンク ») ]

アプリ名 カラオケ動画 / ライブ配信コミュニティ KARASTA
公式サイト (リンク »)
Twitterアカウント (リンク »)
サービス内容 カラオケ歌い放題
価格        無料
対応機種(OS)   【iOS】iOS 10.0 以降
         【Android™ 】 OS 5.0 以降
ダウンロード方法  各ストアで「karasta」で検索
【iOS・Android 共通】 (リンク »)

※「JOYSOUND」の高音質伴奏によるキーやテンポも変更可能な高機能カラオケです。
※カラオケのご利用には会員登録が必要です。
※換金時にはPayPalアカウントが必要です。

■ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは、“ユーザーサプライズファースト”の企業理念のもと、ユーザーの皆さまの想像や期待を超える価値提供に取り組んでいます。当社グループは1997年の創業以来、SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」など、友人や家族といった親しい人と一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供してきました。これからも、"フォー・コミュニケーション"と定めたミッション(私たちのやるべきこと)を遂行するため、人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進し、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいきます。

■Vantageスタジオ
"世界中の人たちが夢中になって使う、驚きと喜びのある、新しいコミュニケーションサービスを創る"をミッションに掲げ、2016年4月、株式会社ミクシィ内にVantage(ヴァンテージ)スタジオを設立しました。Vantageスタジオでは、SNS「mixi」、「家族アルバム みてね」、サロンスタッフ直接予約アプリ「minimo」など、世界中の人たちの"こころのインフラ"となるコミュニケーションサービスを生み 出し続けます。

"ミクシィ"、"mixi"、mixiロゴ、"KARASTA"は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]