編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IoTブロック「MESH(TM)」の Chrome OS(TM) 対応を開始

ソニーマーケティング株式会社

From: PR TIMES

2021-06-02 18:46

ブラウザ版・アプリ版の提供で、「MESH」の対応端末を拡充

ソニーマーケティング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粂川滋)は、IoTブロック「MESH(TM)(メッシュ)」が Chromebook(TM) で利用可能となる「ブラウザ版MESHアプリ」の提供を6月2日(水)から開始します。あわせて、「Android(TM) 版MESHアプリ」(2016年提供開始済み)を Chrome OS(TM) でも動作できるよう、2021年夏に対応プラットフォームを拡張します。これにより、iOS、iPadOS、Android、Windows搭載端末に加えて Chromebook でも「MESH」を利用できるようになります。
※ブラウザ版MESHアプリの提供は、2021年3月に対応延期をお知らせしていた内容となります。



ニュースリリースページ
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

「MESH」は、人感センサーや温度センサーといった機能ごとのブロックと、身近なものとを組み合わせることで、生活に身近な仕組みを手軽につくることができるプログラミングツールです。たとえば「部屋に人が入ってきたら写真を撮影する」「気温の変化に応じて植木に水をやる」といった仕組みを作ることが可能です。2020年4月に採択された、小学校理科の主要教科書に掲載されるなど、教育現場での活用が広がっています。

■ブラウザ版MESHアプリとAndroid版MESHアプリの違いについて
ブラウザ版は、ChromeブラウザからMESHアプリのページにアクセスするだけで使用可能です。「MESHブロック」と操作端末の接続には、2020年6月に提供開始した「MESH」専用の中継器「MESHブリッジ」が必要となります。
「MESH」の利用においては、「MESHブロック」と端末を関連づけるBluetooth(R)接続のペアリング設定が必要ですが、ブラウザ版では「MESHブリッジ」にペアリング設定が保存されます。そのため、「MESHブリッジ」と「MESHブロック」のペアリング設定を一度行えば、使用する端末とブロックの組み合わせを変更した場合でも、再ペアリング設定が不要となります。1人1台のPCを使って授業を行う教育現場などにおいて、より手軽に「MESH」を利用できます。

Android版は、Google Playストアからアプリをインストールすることで利用可能です。インターネットに接続されていないオフライン環境でも「MESH」を利用できることが特長です。
また、「MESHブリッジ」を使用せずにブロックと端末を直接Bluetooth接続することができます。なお、ブロックと端末の組み合わせを変更すると、Bluetooth接続によるペアリング設定が再度必要となります。多数の端末とブロックを一斉にペアリング設定する場合は、意図しない端末にペアリングされてしまうことがあることから、端末とブロックの組み合わせを頻繁に変更しない場合や、小規模な利用シーンに適しています。

文部科学省主導で進められている教育ICT環境整備施策「GIGAスクール構想」では、小中学校の児童生徒に1人1台のPCを配備することなどが盛り込まれ、教育現場では、本方針に沿ったPC配備が進められています。「授業で『MESH』を扱うために対応端末を拡充してほしい」、「コストを抑えながらPC配備を進めたい」といった現場の声に応えるため、「MESH」の Chrome OS 対応を実施します。

■商品概要
〇ブラウザ版MESHアプリ
・提供開始日:2021年6月2日(水)
・対応OS:Chrome OS バージョン 89以降
・端末と「MESHブロック」の接続方法:
 周辺機器「MESHブリッジ」経由で接続。MESHブリッジは端末にUSB接続
・機能制限など:
 以下の機能は提供開始時には利用できません。今後のアップデートで対応予定です。
 -レシピの書き出し/読み込み機能
 -MESHブロックのアップデート機能
 -Gmail/IFTTT/Philips Hueなどとの連携機能
 -カスタムブロックやMESHハブなどのログインが必要な機能
・料金:無料
※別途、「MESHブリッジ」の購入が必要。

〇Android版MESHアプリ
・Chrome OS対応予定日:2021年夏予定
・対応 Chrome OS バージョン: リリース時に案内予定
・端末と「MESHブロック」の接続方法:Bluetooth接続
・機能制限など:
 Chromebook 端末の機種によって、ブロックの接続上限数や接続安定性が異なります。
 動作確認済み端末についてはMEHS公式サイトを確認ください。
 MESH公式サイト  (リンク »)
・料金:無料

〇MESHブリッジ

[画像2: (リンク ») ]

・提供開始日:2020年6月に提供開始済み
・型番:『144LAB-062183』
・製造元:株式会社スイッチサイエンス
・対応OS:
 Chrome OS バージョン89以降
 Windows 7 32bit版/64bit版
 Windows 8.1 32bit版/64bit版
 Windows 10 64bit版
・希望小売価格:税別:4,980円(税込:5,478円)
※Windowsで既に「MESHブリッジ」を利用している場合は、
Chrome OS でも同じ「MESHブリッジ」を利用可能。

■関連リンク
・MESH公式サイト (リンク »)
・MESHアプリ (リンク »)
・MESHブリッジ (リンク »)

※MESHは、ソニーマーケティング株式会社の商標です。
※ Android、Chrome、Chrome OS、Chromebook、Google Play、Gmail は Google LLC の商標です。

◆お客さまからのお問合せ先
 ソニーマーケティング(株) 業務用商品購入相談窓口
 TEL   0120-580-730(フリーダイヤル)
 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日は除く)

◆ソニー製品情報
  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソニーマーケティング株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]