編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

エッジコンピューティングに最適な小型組込みコンピュータ「AR2100モデル120N/AR2200モデル120N」を販売開始

株式会社PFU

From: PR TIMES

2021-06-25 14:46

インテル(R) Xeon(R) Eプロセッサ搭載



株式会社PFU(代表取締役社長:長堀 泉、以下 PFU)は、産業機器、医療機器、社会インフラなど、さらなる高性能なエッジコンピューティングが必要とされる市場向けに最適な小型組込みコンピュータ「AR2100モデル120N/AR2200モデル120N」の販売を開始します。

市場では、デジタルトランスフォーメーション(DX)やデジタルツイン、IoT、工場・病院・社会インフラのスマート化などの期待が高まっています。特にスマート化が進む生産現場で利用されるお客様装置は、装置自体を小さくし単位面積あたりの生産性、性能の向上が求められています。そのため、組込みコンピュータにも、さらなる高性能、小型化への要求が強くなっています。
また、このコロナ禍の状況で、産業機器や医療機器などの遠隔監視、遠隔保守の需要が非常に強くなっています。さらに医療関係では、遠隔診察や画像診断、複数の医療機器を連携するスマート治療といった需要もあり、使用される機器に組み込まれるコンピュータのネットワーク接続数や画像処理性能・表示機能のさらなる強化が求められています。

本製品は、エッジコンピューティングに最適な組込みコンピュータとして、小型でありながらインテル Xeon Eプロセッサを搭載しての高性能を実現しています。さらにARシリーズで初となるLAN4ポートとDisplayPortを同時に標準搭載し、組込みコンピュータへの期待に応える製品となっています。本製品をご採用いただくことで、今後のお客様製品の発展に十分お役立ていただけます。
これまでPFUの組込みコンピュータをご利用いただいていたお客様には、従来機との高いコンパチビリティ、高品質・安定稼働、きめ細かなサポートなど本製品でもそのままご利用いただけます。

[画像1: (リンク ») ]

AR2100モデル120N

[画像2: (リンク ») ]

AR2200モデル120N

AR2100モデル120N   (リンク »)
AR2200モデル120N   (リンク »)


【新製品 AR2100モデル120N/AR2200モデル120Nの特長】
本製品は、15年以上継承し続けているPFUの主力製品AR2000シリーズの最新モデルです。お客様製品、市場のこれからの発展・伸張に必要とされる機能と性能を大きく進化させ、一方で長年継承している守るべき特長は確実に維持しています。


新製品の強化ポイントとしては以下。
[画像3: (リンク ») ]



1.お客様や市場が必要とする機能と性能を大きく進化
1. エッジIoT向けインタフェース増強
産業機器、医療機器などのお客様装置は近年さらに多機能化(スマート化、監視、見える化、IoTなど)が進んでおり、装置内に非常に多くのコントローラやデバイス、センサが接続されるため、LANの強化が求められています。また、複数のお客様装置間の通信や、外部からのコントロール、監視、保守・サポートなど外部接続用LANのニーズも増えています。本製品は小型でありながらLANを4ポートに増やし、1台の組込みコンピュータで、装置内のより多くのデバイスとの通信や、外部の他装置との通信、保守・サポート専用ポートる遠隔監視や遠隔保守が実現でき、お客様装置の多機能化に最適な製品です。

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


次に、本製品のディスプレイ表示インタフェースは、お客様要望の強い従来のVGAとDVIはもちろん搭載した上で、さらにマルチディスプレイ対応可能なDisplayPortを搭載しました。お客様が必要とされる画面表示ポートを装備しています。また、医療機器など一度に多くの画像を表示したいといったお客様のニーズにもお応えします。

2. ステンレス筐体採用
組込みコンピュータを搭載するお客様装置の動作環境によっては、温度やそのサイクル、酸化・腐食性、外圧などにより発生する、コンピュータの錆やウイスカを嫌うことがよくあります。特に、クリーンルームに配置されるような産業機器では、そこから塵埃を排出し致命的なトラブルを引き起こす場合があります。本製品は、その対応のため、ステンレス筐体を採用し、錆やウイスカの発生を抑止、塵埃排出を極力抑えることができ、お客様に安心してお使いいただけます。
また、本ステンレス筐体は、このコロナ禍において、医療現場など衛生面が必要な環境で頻繁にアルコール消毒液にて拭き取りを行っても、コンピュータ表面の変色、変形などは一切ありません。安心して長くお使いいただけます。

3. 従来機を超える処理性能
CPUは、第9世代(Coffee Lake Refresh)のXeon E/Celeronプロセッサあるいは第8世代(Coffee Lake)のCore i3プロセッサを搭載し、従来機を超えるプロセッサ性能を有しています。CPUの負荷状態や温度環境などの影響を抑えるPFUの独自のエンベデッドチューニングにより、産業用途で求められる安定した高性能を維持します。

4. メンテナンス性
PFUは、イージーメンテナンス(注1)として組込みコンピュータ(ARシリーズ)で一貫したメンテナンス性向上に取り組んでいます。
[画像6: (リンク ») ]



2本のSSDがネジレス装着

[画像7: (リンク ») ]

簡単にSSD取り外し交換が可能

本製品では、部品の交換作業をさらに簡略化し、SSDのネジレス装着としたことにより、簡単に交換できる構造にしています。
イージーメンテナンス   (リンク »)


2.お客様のための高いコンパチビリティとエンベデッドクオリティを維持
1. 高いコンパチビリティ
形状・取付構造 : 従来機とサイズ、取付ネジ位置を同じにすることで、簡単にシステムリプレース可能。
インタフェース : シリアルなどのレガシーインタフェースを継続搭載することで、お客様の大切なハードウェアをそのまま使用可能。
機能 : OS、ドライバやハードウェア監視機能、セキュリティ機能などを維持することで、お客様のアプリケーションソフトウェアを継続活用可能。

2. 高品質・安定稼働
PFUの組込みコンピュータは、設計段階における各種設計ルールの順守や設計レビューの実施、試作機および量産に入るまで幾度もの評価を行い、品質を確保しています。
また、本AR2200モデル120Nでは、ストレージにRAID機能を選択、搭載可能で、SSD故障時においても安心して継続運用いただけます。稼働を止められないお客様装置の運用に最適です。本RAID機能は、自社開発のソフトウェアRAIDでご提供しており、万一のトラブル時にも迅速に対応いたします。
ストレージ製品・ソフトウェアRAID   (リンク »)


3. きめ細かなサポート
a.カスタマイズ対応
お客様のご要望に応じて、BIOS、OS、ソフトウェア、ハードウェアのカスタマイズに対応いたします。お客様アプリケーションやお客様指定ソフトウェアを組み込んだOSインストールにも対応いたします。
また本製品は、グラフィックスカードを搭載可能です。高精細画像の高速処理が必要とされる分野にも適しています。グラフィックスカードをプレインストールした状態で出荷可能であり、お客様には余計な導入コストがかからず、すぐにご使用いただけます。
カスタマイズメニュー/事例   (リンク »)

b.海外規格認証
本製品は、北米欧州だけでなく、中国、韓国、台湾などアジア諸国・地域にも対応した海外規格認証を取得しており、お客様製品のグローバル展開にもお応えします。
海外EMC・安全規格対応   (リンク »)

c.長期安定供給
PFUの長年の経験に基づく「QCD最適部品採用論理」により、部品のライフチェック・予測を行った上で長期供給に対応した部品を採用し、部品の確実なLCM管理を行うことで製品の長期安定供給を実現しています。
また、お客様製品のライフサイクルに合わせた、販売・保守期間の延長にも対応いたします。

【新製品と組込みコンピューティング製品全体のラインナップ】


[画像8: (リンク ») ]



【各製品の出荷開始時期および販売目標】


[表: (リンク ») ]



【商標について】
インテル、Intel Insideロゴ、Xeon、Intel Core、Celeron、PentiumおよびIntel Atomは、アメリカ合衆国およびまたはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【商標】
(注1) ARシリーズは、部品交換作業の簡略化や誤操作防止機能により、優れたメンテナンス性を実現しています。

【関連リンク】
「組込みコンピューティング製品」 紹介サイト (リンク »)

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]