編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ブロードリーフ、テレワーク・デイズ2021に参加。

株式会社ブロードリーフ

From: PR TIMES

2021-07-09 11:17

~従業員の健康と円滑な業務遂行を両立する「柔軟な働き方」を推進~

自動車アフターマーケット業界※1を中心にITサービスを展開する株式会社ブロードリーフ (本社:東京都品川区、代表取締役社長:大山 堅司、以下「ブロードリーフ」)は、総務省など関係省庁と東京都が主催し、2021年7月19日(月)~2021年9月5日(日)に実施される「テレワーク・デイズ2021」に、実施団体として参加いたします。



[画像: (リンク ») ]

【ブロードリーフの取り組みについて】
 ブロードリーフでは、2020年3月以降の新型コロナウイルス感染症拡大防止策の一環として、テレワークの導入を進めてまいりました。現在テレワークが可能な職場におけるテレワーク実施率は、概ね80%で推移しております。

同時にニューノーマルに対応した、新しい働き方への移行を見据え、テレワーク環境でもオフィスと同様に業務を行える環境を整備するため、自宅でのテレワーク環境整備の支援のほか、グループウェアの活用やビジネスチャット、WEB会議の活用など、働き方のDX推進に注力しております。また取締役会、経営会議など、重要な意思決定を行う会議においてもWEB会議を活用するなど、経営層、および管理職層もテレワークによる勤務を率先しており、テレワークを前提とした働き方を推進することが、今後の事業成長においても重要な要素であると考えております。

当社のテレワーク実施方針について: (リンク »)

【テレワーク環境に関するブロードリーフ社員の声】
 ブロードリーフでは、2021年3月に実施した全社サーベイにおいて、テレワークを前提とした働き方に関する下記のようなコメントが見られました。



テレワークでの就業環境に一部課題はあるものの、時間と場所にとらわれない新しい働き方におけるオペレーションは、概ね実現できているように思う。
通勤時間を有効活用できるなど、業務効率やコストを考えた場合、テレワークを継続したほうがよい局面があると感じている。
昨年、コロナ対応の一環で早い段階でテレワークを可能にした点や、今後も新しい働き方を模索していくという経営判断は、一社員としてとてもありがたい。


出典:「働く人へのアンケート」より一部抜粋(2021年3月、ブロードリーフ実施)

また、家庭と仕事との両立しやすくなった、など、肯定的な意見が聞こえる中、担当業務によっては、テレワークがしづらいものがあるなど、まだ課題もあるのが現状です。
ブロードリーフでは、今後も社員一人ひとりにとって、よりよい働き方ができる企業を目指した取り組みを進めてまいります。

【テレワークがもたらす、ブロードリーフの営業スタイルの変化】
 ブロードリーフは、自動車整備工場、鈑金工場、製造業など、業界特化型のITソリューションを開発・提供しております。昨年より、直接訪問の営業活動からリモート営業へと変化しており、WEB会議システムを活用した営業活動、およびコンタクトセンターによる能動的な顧客コミュニケーションを実施しております。2021年1月~5月の直接訪問数は、昨年同時期と比較すると、34%に留まっています。
またテレワーク環境下においても、対面と同様に、顧客と円滑なコミュニケーションをはかるべく、オンラインによる展示会出展※2や積極的なウェビナー開催を行っております。

ブロードリーフは、引き続き従業員やお取引先様の安全、および柔軟な働き方による「働き方改革」を推進するべく、積極的にテレワークを推進してまいります。

【「テレワーク・デイズ2021」とは】
「テレワーク・デイズ2021」は、政府が推進する「働き方改革」の一環として実施されるもので、2017年より2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日*3を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。東京2020大会が行われる本年は、2021年7月19日(月)~2021年9月5日(日)を「テレワーク・デイズ2021」と設定し、大会期間中の混雑緩和、およびテレワークの全国的な推進を目的として、テレワークの一斉実施を呼びかけるものです。

【株式会社ブロードリーフについて】
ブロードリーフは、自動車アフターマーケット業界※1を中心に、製造業、小売サービス業など様々な業種に特化したBtoB向け業務アプリケーション等を開発・提供しています。
現在では、自動車アフターマーケットの事業者向けIT・サービスとして業界トップシェア。2013年には東証一部に株式上場しております。

※1:自動車を購入してからの給油、自動車アクセサリーの購入、車検、点検、部品交換、車の売却、廃棄処理などの産業を指します。
※2:ブロードリーフプレスリリース「ブロードリーフ、第18回国際オートアフターマーケットEXPO 2021 ONLINEに出展。」(2021年3月10日)
※3:東京2020大会の開会式は2021年7月23日(金)です。


【株式会社ブロードリーフ 概要】
本社所在地 :東京都品川区東品川4‐13‐14 グラスキューブ品川8F
代表取締役社長 :大山 堅司
URL      : (リンク »)
※記載されている会社名、商品名等は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ブロードリーフの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]