編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

RemoteView、情報漏洩防止ソリューション「秘文」との連携開始

RSUPPORT株式会社

From: PR TIMES

2021-07-12 10:46

リモートアクセスツール「RemoteView」とセキュリティツールとの連携利用で、安全なテレワーク運用を支援



遠隔ソリューションの専門企業であるRSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役:徐ヒョンス、以下「RSUPPORT」、URL: (リンク ») )は、コロナ禍で日常に浸透してきたテレワークをより安全に利用できるよう株式会社日立ソリューションズ(本社:本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)の情報漏洩防止ソリューション「秘文」との連携を開始しました。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



「RemoteView」と「秘文 Device Control」または「秘文 統合エンドポイント管理サービス」の連携利用により、社外の自宅などから接続する端末に、RemoteView経由のみの接続を強制することが可能となります。
管理者から許可されたクラウドサービス以外への通信は、安全な社内ネットワーク経由で利用させることで、クラウドストレージや怪しいサイトへの直接通信を禁止し、情報漏洩やウイルス感染のリスクを低減することができます。


■リモートアクセス「RemoteView」とは
RemoteViewは、ライセンスさえあれば即時導入でき、オフィスの自席のPC環境がそのまま自宅からでも安全に利用できるリモートアクセスツールです。
国内15,000社以上の企業から採用されているRemoteViewは、様々なリモートワークの場面で使われ、1ライセンスからでも手軽に導入できることや、ITの専門部署がなくても導入や利用に困らない、運用に便利な優れた管理機能があるという点で、中小企業の小規模導入から数万台規模の大手企業の導入まで採用されています。
・紹介ページはこちら: (リンク »)

■情報漏洩防止ソリューション「秘文」とは
秘文は、20年以上に渡り、多くの企業に導入いただいているセキュリティ製品です。
オンプレミス版の「秘文 Device Control」、およびサービス版の「秘文 統合エンドポイント管理サービス」は、ファイルなどの不正持ち出しによる情報漏洩を防止します。情報漏洩の経路となるスマートフォン、USBメモリー、SDカードなど、デバイスへの不正コピーを防止します。
また、スマートフォンのテザリング機能による未許可アクセスポイントへの接続を制御し、ネットワーク経由の情報漏洩を防止することもできます。在宅勤務などのテレワーク環境においては、VPN利用を強制させることで安全なテレワーク環境を実現でき、またファイルの持ち出しや操作ログから、ユーザーの不正行為を検知することも可能です。
・紹介ページはこちら: (リンク »)


[RSUPPORTとは? (リンク ») ]
25ヵ国10,000社以上が利用するリモートサポート、リモートコントロール製品を中心とし、アジア・日本で市場シェアNo.1を誇るクラウド専門の企業です。
自社で開発した独自の特許技術やサービスは、世界各地の製造業をはじめとした様々な分野の企業、政府、公共団体、金融機関、教育機関にて導入・高く評価されています。
主要製品として、企業向けのヘルプデスクツールRemoteCall( (リンク ») )、個人から企業まで幅広く使われているリモートコントロールツールRemoteView( (リンク ») )、簡単でリーズナブルに利用できるWeb会議RemoteMeeting( (リンク ») )、モバイル画面録画に特化したMobizenスクリーンレコーダー( (リンク ») )や、PCでモバイル画面を表示できるMobizenミラーリング( (リンク ») )サービスを提供しています。


■会社概要
会社名   :RSUPPORT株式会社
設立 :2006年4月
代表者 :徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地 :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階 (日本法人)
事業内容 :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス : リモートデスクトップツール RemoteView
▶ (リンク »)
Web会議システム RemoteMeeting
▶ (リンク »)
リモートヘルプデスクツール RemoteCall
▶ (リンク »)

※ 秘文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]