編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

国立大学法人東京藝術大学、アカウント漏洩検知サービス『SPC Leak Detection』を情報漏洩対策として導入

株式会社ソースポッド

From: PR TIMES

2021-07-13 10:56

~トライアル版で機能を実感し、本格導入へ移行した国立大学の初めてのケースに~

クラウドメールセキュリティ及びサイバーセキュリティサービスを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、国立大学法人東京藝術大学(以下、東京藝術大学)の情報漏洩対策の一環として、アカウント漏洩検知サービス『SPC Leak Detection』が導入されたことを発表します。

東京藝術大学の今回の事例は、国立大学においては、無償で利用できるトライアル版『Academic Edition』の利用を経て正規利用プランへ移行した、当社初のケースとなります。



東京藝術大学では、文部科学省指針に沿った情報セキュリティ体制の運用や、コロナ禍の影響で急増したクラウドサービス利用を背景に、情報漏洩対策の強化を検討しておりました。

トライアル版利用中の期間にて、あるクラウドサービスで発生した情報漏洩を、『SPC Leak Detection』が自動検知・通知したことから、採用に足る性能だと実感。この漏洩検知を経験したことから、学外で利用されるクラウドサービスから漏洩が起こる可能性が大学側でも認識され、アカウント漏洩の対策強化として、正規版導入のきっかけとなりました。

ソースポッドでは、今後も情報漏洩に関わるお客様のインシデントを未然に防ぐため、OSINTによる漏洩情報検知サービスを随時強化し、サービスの拡充を進めてまいります。

■東京藝術大学導入事例掲載ページ
本件の詳細インタビューは、下記ページよりご覧ください。
(リンク »)

■東京藝術大学について
2017年に創立130周年を迎えた、日本で唯一の国立総合芸術大学。創設以来、世界水準の教育研究活動を展開し、数多の傑出した芸術家を育成・輩出し、国内外における様々な芸術活動や社会実践などを通じ、芸術文化の継承・発展に寄与している。
近年は、芸術系大学で唯一となるスーパーグローバル大学やCOI(Center of Innovation)拠点に選定され、国際的な教育研究を充実させつつ、芸術と科学・医学・福祉などとの異分野融合に係る取り組みを展開し、国家戦略を牽引するナショナルセンターとして確固たる地位を築いている。
(リンク »)


会社・サービス概要/問い合わせ先


■株式会社ソースポッドについて
ソースポッドは2006年の創業以来、一貫して法人向けメールシステムに特化した事業を展開し、クラウドによるメール無害化対策『SPC Mailホールド』やメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』等のメールセキュリティサービスの提供・運用・管理に10年以上携わってまいりました。今では中央官庁や地方自治体、大手金融機関をはじめとする企業、大学などの教育機関といった多くのお客様にサービスを提供しております。また、サイバーセキュリティサービスとして、OSINTによる漏洩情報検知サービス『SPC Leak Detection』と、【本当に効果のある】標的型メール訓練サービス『SPC 標的型メール訓練』を提供しております。
(リンク »)

■『SPC Leak Detection・無償アカウント漏洩調査特設サイト』について
OSINTによる漏洩情報検知サービス『SPC Leak Detection』の詳細、および無償アカウント漏洩調査特設サイトについては、下記を参照ください。
(リンク »)

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ソースポッド
営業部 サービス営業チーム
(リンク »)
TEL : 03-5213-4842

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]