編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

大日本印刷 動画像解析AIで決定的瞬間を逃さない「DNP自動撮影ソリューション」福岡の“BOSS E・ZO FUKUOKA”の絶景アトラクション「つりZO」に採用

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2021-07-19 14:17

躍動感ある瞬間を捉えた写真持ち帰りが可能に

大日本印刷株式会社(DNP)とDNPフォトイメージングジャパン(PIJ)は、福岡ソフトバンクホークス株式会社が運営する複合エンターテインメント施設「BOSS E・ZO FUKUOKA」にて、地上60mの最高地点の屋上からスタートする屋外ぶら下がり式レールコースターアトラクション「絶景3兄弟 つりZO SMBC日興証券(以下、つりZO)」に、新機能を搭載した「DNP自動撮影ソリューション」が7月16日に導入されました。
利用者ごとにスピードが変わる「つりZO」は、従来からある定点カメラでの静止画の撮影タイミングを計ることが困難だったため、今回、撮影した動画からAIによって人物を抽出して最適な瞬間を捉えた記念写真を作成する仕組みを導入しました。この動画像解析AI機能を搭載することで、絶景の中を利用者が駆け抜ける貴重な瞬間を逃さず撮影します。
*BOSS E・ZO FUKUOKAについてはこちら : (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



【DNP自動撮影ソリューションの概要と新たな動画像解析AI機能について】

[画像3: (リンク ») ]

「DNP自動撮影ソリューション」は、アミューズメント施設のアトラクション等のフォトスポットで、通常では撮影困難なアングルから「自動撮影」し、利用者とQRコード等のIDを連動させた「撮影写真の一括管理と専用端末でのプリント販売」、「撮影から画像データの作成、写真プリント提供までの全工程の自動化」、「その場での写真プリントや画像データの販売」などを行います。
今回新たに「DNP自動撮影ソリューション」へ、動画像解析AIを搭載しました。従来の自動撮影では、被写体の検知の際に、センサー類(赤外線・光量・物体等)を使ってタイミングを計ることで静止画を撮影しており、移動速度が変則的に変わるアトラクションでは高い精度の撮影が困難でした。また、センサー類を取り付ける箇所が特殊である場合も多く、施工やメンテナンスの作業負荷が高いことも課題でした。
こうした課題に対し、4K動画データをリアルタイムに高速処理できるAIによって、動画から自動的に人物を検知・抽出することで、「つりZO」のような変則な動きのあるアトラクションでも最適な瞬間を精度高く撮影ができるようになりました。撮影した画像から被写体の顔の位置、体の向きや姿勢等から総合的にランキングし、上位3画像を抽出します。

*DNP自動撮影ソリューションについて: (リンク »)

【撮影イメージと価格】

[画像4: (リンク ») ]


■サービス価格(税込み)
○PCサイズの写真プリント(撮影データ付き) 1枚1200円
〇撮影データのみ 1データ500円
※サービス価格は税込表記となっております。
※アトラクションの利用料金は別途必要です。

【今後の展開予定】
動画像解析AI機能を搭載した自動撮影ソリューションはつりZOに先行導入され、本格展開は2021年12月以降を予定しています。
DNPグループは今後も、アミューズメント施設や観光地などを中心に、人々の体験や感動をさらに楽しく印象的に、大切に保存・共有する「写真」の価値を高めていく多様な写真関連の事業を国内外で展開していきます。

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※トピックスに記載された内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]