編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

累計130万ダウンロード突破!迷わずご案内するARナビアプリ「PinnAR」日本最大の国際拠点空港である成田国際空港で屋内ARナビゲーション導入!

株式会社テレコムスクエア

From: PR TIMES

2021-07-21 16:47

~空港利用をより快適に、同時に感染防止対策にもつながるサービスを提供開始~

 世界各国のモバイル通信機器のレンタルサービスを提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹雄次、以下テレコムスクエア)は、昨今のコロナウイルスの影響により3密回避を中心とした新しい生活様式が浸透していることを踏まえ、ARナビゲーションアプリ事業に力を入れて取り組んでおります。このたび、駅や商業施設に続き、本日7月21日(水)から日本最大の国際拠点空港である成田国際空港へ提供開始いたしました。



 
[画像1: (リンク ») ]


PinnAR「屋内ナビゲーション機能」成田国際空港 プロモーション動画
URL: (リンク »)


[動画: (リンク ») ]




「屋内ナビ対応施設第3弾:成田国際空港」の特徴

1.GPSが遮られる空港施設内でもスムーズに目的地に行ける
 昨今、紙の地図を持ち歩く人は減少し、移動するときに「スマートフォンの地図」を利用する人は多くなっています。しかし、現状は“屋外”での地図アプリ活用がほとんどで、“屋内”では現在地を測位するGPS信号が建物に遮られるため、屋内ナビアプリはほとんど提供されていません。
 PinnARの「屋内ナビゲーション機能」は独自の測位技術とルーティングエンジンを用い、屋内でも現在地を測定し、ナビゲーションが出来るサービスです。屋外同様に、ナビを使いたいと思ったその場からルート検索が可能となります。またルートから外れてしまった場合も自動的にルートを再検索するため、“迷った時はスタート地点に戻る”などといった対処法は必要ありません。

2.屋内ナビ対応施設第3弾は、日本最大の国際拠点空港「成田国際空港」

[画像2: (リンク ») ]

 屋内ナビゲーション機能の対応第3弾は「成田国際空港」。成田国際空港は、1日当たり約22万人が利用しており、その乗降客数は日本一を誇っています(※1)。一方で、2018年の平均年間海外旅行回数は男性で1.7回、女性で1.5回となっており、頻繫に利用する施設ではないことから、空港内の施設をよく知らない人が多いのも事実です。(※2)。店舗や施設の場所がわからず、右往左往するといった「お店を探す労力」を軽減するために、当サービスを是非ご活用いただきたいと存じます。


3.空港内の施設がすぐ検索可能!

[画像3: (リンク ») ]

 PinnAR屋内ナビでは、ナビゲーションの目的地を簡単に設定できるよう、26ジャンルから成る「施設内スポット」を用意。「現在地から一番近い両替所に行きたい!」「ちょっと休憩しにカフェに行きたい」といった場面でも、ジャンルをタップするだけで簡単に目的地を検索することができ、ARルート表示により迷わず向かうことが可能です。

<空港内の施設スポット>
チェックインカウンター、出発ゲート、到着ゲート、食事、カフェ、コンビニ、電車、バス、タクシー乗り場、鉄道/バス乗車券カウンター、レンタカー、トイレ、ショッピング、エレベーター、銀行/ATM、両替所、医療、保険、宅配便、インフォメーションセンター、サービス、コインロッカー、礼拝室、通信(SIMやレンタルWi-Fiの店舗、自動販売機)、駐車場、喫煙所、全26ジャンル


 PinnARの屋内ナビゲーション機能は、今後、商業施設や公共交通機関を始めとして、さらに多くの屋内施設や商業エリア等に対応していく予定です。一つのアプリで屋外・屋内の両方に対応し、さまざまな施設・エリアの中でも時間、体力の浪費なくストレスフリ―でスムーズに目的地に移動できるようサービスを拡充してまいります。

■対応エリア(2021年7月21日時点)
新対応 :成田国際空港 第1ターミナル、第2ターミナル(※第3ターミナルは今後対応予定)
既存対応:新宿駅、玉川高島屋S・C

【注意事項】
※ナビゲーション利用中に、現在地測位が乱れる場合がございます。予めご了承ください。測位精度の向上は今後も続けてまいります。

(※1)国土交通省「令和元年度(年度)空港別順位表」 (リンク »)
(※2)JTB総合研究所「「海外観光旅行の現状2019」 (リンク »)


「PinnAR」とは


[画像4: (リンク ») ]

 PinnARは、カメラで映した実際の風景上に、道路に沿う形でルートを表示する「ARナビ画面」と、従来の地図アプリでよく使われるマップ上にルートが表示された「マップナビ画面」両方を切り替えて利用出来ます。これまで累計130万ダウンロードされており、地図が読めなくても迷わない便利な地図アプリです。
 ARナビ画面ではARによるルート表示の他に、目的地の方向も矢印で表示してくれるため、どの方向へ向かうべきかがすぐにわかります。また周辺の様々な施設をカテゴリ別に検索できる「周辺スポット」機能、27言語に対応し、世界の149カ国で利用できる大変便利な「翻訳」機能、お得なデジタルクーポンを表示する「クーポン」機能なども搭載されており、だれでもわかりやすく目的地に行くことができ、お得なショッピングも楽しむことが可能です。
 新機能の「屋内ナビゲーション機能」は屋内でも現在地を特定し、屋内のどこにいても目的地までのルート表示が可能なナビ機能です。現在は新宿駅と二子玉川にある玉川高島屋S・Cに導入されており、今後大型ショッピングセンターや地下街への導入も検討されています。
(※3)Googleマップが対応する全ての国において利用可能です。


ARナビゲーションアプリ「PinnAR」屋内ナビゲーション機能


[画像5: (リンク ») ]

・アプリ名    :PinnAR
・サービス名    :屋内ナビゲーション機能 成田国際空港
・価格    :無料
・屋内ARナビゲーション対応端末/OS:Android ARCore対応端末(OS 7.0以上)、iOS11.4以上
・屋内ARナビゲーション以外の機能:Android4.4以上、iOS11.0以上
・ダウンロードURL  : (リンク »)


・「PinnAR」は株式会社テレコムスクエアの登録商標です。
・iPhoneは、米国および他の国々で登録されたAppleInc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
・「Google」、「Googleマップ」、「Android」は、GoogleLLCの商標または登録商標です。
・「NAVIMICHAEL」は株式会社SCREENホールディングスの商標または登録商標です。


会社概要


[画像6: (リンク ») ]

当社は、モバイル通信サービスのパイオニアとして28年余にわたり、世界を旅する人たちへ、旅行中の「安心、便利、楽しさ」をお届けしています。Wi-FiルーターのレンタルやプリペイドSIM販売などの通信サービスに加えて、ARナビゲーションアプリ“PinnAR”の開発・運営を行い、旅がより自由で豊かになるような「新たな価値」の提供と挑戦をし続けている会社です。

社名 :株式会社テレコムスクエア
代表者 :代表取締役社長 吉竹雄次(よしたけゆうじ)
本社 :〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2ホーマットホライゾンビル3F
創業 :1992年(平成4年)
従業員 :211人(2021年1月1日現在)
事業内容 :モバイルサービス通信事業(Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードの販売など国際モバイル通信機器の提供)、デジタルメディア事業(ARナビゲーションアプリの提供)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]