編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

前澤友作の想いをカタチにする「個人間で簡単に寄付をし合える」プラットフォーム『kifutown』本日始動

株式会社ARIGATOBANK

From: PR TIMES

2021-07-24 15:16

~新しいお金の流れを作り、寄付が当たり前の世の中に~

 お金に関する社会課題を解決する株式会社ARIGATOBANK(本社:東京都港区、代表取締役:白石陽介)は、個人間で簡単に寄付をし合えるプラットフォームアプリ『kifutown』の提供を2021年7月24日(土)より開始します。
 ARIGATOBANKは、「お金に困っている人をゼロにする」をビジョンに掲げ、人と人とが応援し合い、励まし合える社会を作るためのサービスを提供する会社です。



[画像1: (リンク ») ]



人と人をつなぐ、新しい寄付のカタチ『kifutown』

 『kifutown』は、株式会社ZOZOの創業者でもある前澤友作氏がTwitter上にて行った、総額約32億円、延べ人数25,164名、期間にして約2年半に及ぶ、お金贈りプロジェクトに端を発して生まれたサービスです。

 ”何かに挑戦したいがお金に困っている人”と”挑戦者を応援したい人”をダイレクトに繋ぐことで、お金に困っている人には挑戦のきっかけを提供でき、お金を寄付した人には従来の寄付に比べ、特定の個人を直接応援することによるやりがいや満足感、当選者からの感謝のメッセージなどを提供することができます。また、Twitterとの連携により、寄付プロジェクトを通して、寄付者の活動や告知などのPRの場として使っていただくこともできます。
 使用方法としては、寄付をしたい人が、「目標に向かって何かを学びたい方100名に50,000円の寄付」など、自由にテーマを設定し、プロジェクトを作成することで、寄付を受けたい応募者を募集することができます。寄付を受けたい人は、プロジェクトに応募し、抽選を経て、寄付金を受け取ることができます。現在はiOSのみのベータ版のご提供となり、ベータ版での寄付者は前澤友作氏のみとなりますが、近日中にリリース予定の正式版ではiOS、Android共に対応し、誰でも寄付プロジェクトを作成いただけるようになります。クラウドファンディングとは異なり、『kifutown』では寄付を受ける側(資金調達したい側)がプロジェクトを起案するのではなく、寄付をしたい側(資金を提供する側)が自身の応援したいカテゴリーやテーマを決めプロジェクトを起案し応募者を募集します。
 また、寄付する人にとっても、寄付を受け取る人にとっても、安心してご利用いただけるよう、ご本人様確認やモニタリングをはじめとする様々な不正対策を実施いたします。特にSNS上などでのキャンペーンと違い、応募時に応募者の個人情報が寄付者に提供されることや、リツイートやいいねなどをしていただく必要もなく、応募した事実は、寄付者以外には伝わりません。複数アカウントを作成しての複数回応募ももちろんできません。
 『kifutown』は、ARIGATOBANKが掲げる「お金に困っている人をゼロにする」のビジョンを達成するための最初の一歩となるサービスです。本件の『kifutown』に限らず、新しいお金の流れを作り、お金に関する社会課題を解決するための新しい決済サービスの開発も今後予定しております。


『kifutown』を通じて成し遂げたい3つのこと

1.個人間の寄付を促進し、「新しいお金の流れ」を作る
 個人から個人へ想いをつなぐ寄付を通じて、新しいお金の流れを作ります。個人間の寄付が当たり前の世の中になっていくことで、一人でも多くの人が救われ、一人でも多くの人が目標に挑むことができ、一人でも多くの人が夢を叶えることができるような社会を目指します。

2.ポジティブな「寄付文化」の醸成
 個人間の寄付がさらに活発になることで、何かに挑戦したいと考えている人が、遠慮をせず、自分のチャレンジを宣言し、支援者を探すことができるようになると考えています。また、寄付をする人が、堂々と寄付を公表し、支援したい分野や人たちに、想いやメッセージと共に寄付を積極的に行うようになるといった文化を醸成していきます。最近ではお金贈りを装った詐欺のような行為も世の中で散見されますが、kifutownを世の中に浸透させることで、誰もが安心安全に寄付を行える世界を目指します。

3.「挑戦したい人」が挑戦できる社会に
 経済的な理由にとらわれず、誰でも自分の夢や目標に向かって迷わずチャレンジでき、お互いがお互いを支え合い励まし合えるような明るく笑顔の多い社会にしたいと考えています。


使用イメージ


[画像2: (リンク ») ]

■利用方法
1.応募したい寄付プロジェクトを選択し、応募完了
2.当選後、登録した銀行口座に寄付金が入金される


アプリ概要


[画像3: (リンク ») ]

サービス名:kifutown
サービス詳細: (リンク »)
サービス開始日:7月24日(土)
対応デバイス:スマートフォン
対応OS:iOS(近日中にAndroid版も対応予定)
アプリダウンロード: (リンク »)


代表取締役 白石陽介のコメント

私は、今まで様々なFinTechサービスの立ち上げに関わっていく中で、企業や資本家が一方的にユーザーに与えるサービスではなく、ユーザー同士の循環によって成り立つサービスを作ることはできないのだろうか?という思いを持っていました。ARIGATOBANKは、新しいお金の流れを作ります。お金がある人から必要としている人へ、新たな仕事に挑戦する友人へ、優しい接客をしてくれたお店の方へ。ARIGATOの気持ちは日々色々な所で一人ひとりの中で生まれています。私達は、ARIGATOの気持ちを形とし贈り合える世の中を実現します。


株式会社ARIGATOBANK 概要

社名   : 株式会社ARIGATOBANK
代表者  : 代表取締役 白石 陽介
設立   : 2020年11月
[画像4: (リンク ») ]

本社所在地: 東京都港区南青山1-24-3
資本金  : 4.4億円

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]