編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

勝敗を予想をして、当てれば最大1000万円貰えるアプリが登場!

株式会社Votey

From: PR TIMES

2021-07-24 15:46

 株式会社Votey(本社:東京都世田谷区、代表取締役:日朝雄飛)はこれまで投資やトレードをした事がない若年層にトレードの楽しさを経験してもらうため、シンプルでゲームのようにトレードを体験できるリアルタイム先読みアプリ「Votey」をリリースしました。



[画像: (リンク ») ]


■「Votey」アプリDLはこちら
(リンク »)

 「Votey」は経済状況やスポーツ、天候、政治イベントなど、あらゆる出来事に0から100の間の価格を提示します。ユーザーはその勝敗を予想して、株式やオプション取引のようにあらゆる出来事をアプリ内の仮想ポイントで売買できるサービスです。

 トレード未経験のユーザーでも迷わず売買をおこなえるように、UIUXを重要視した開発によりアメリカで人気の株取引アプリ「ロビンフット」のようなシンプルかつ心地よい操作感を提供します。

●リリースキャンペーン
 リリースを記念して、本アプリ内のランキングで上位に入ると、最大総額1000万円が貰えるキャンペーンを実施中です。
予想をたくさん的中させ、所有ポイントを増やせば増やすほど上位にランクインができます。
ぜひこの機会に参加してみてください。

●Amazonギフト券プレゼントキャンペーン
 「Votey」公式Twitterでは下記ツイートを「いいね」もしくは「リツイート」することにより、抽選で10名様に500円分のAmazonギフト券が当たるキャンペーンを同時開催中です。
(リンク »)

●Voteyの仕組み
 例えば、「明日東京で雨が降るか?」というお題に対して、ユーザーは「YES」か「NO」の選択肢のいずれかを購入できます。全てのお題は最終的に正しい選択肢が価格100で決済され、正しくない選択肢が価格0で決済されます。
つまり今この瞬間、「YES」に提示されている価格が80の場合、明日雨が降る確率は80%だとユーザーは判断ししています。
もしユーザーの多くが雨が降る確率が90%だと思うようになると、「YES」の価格が90以下の場合、買ったほうが期待値が高いので「YES」に買いが集まり価格は90に近づきます。

 このようにあらゆる出来事に価格を提示し売買できることにより、その出来事についてユーザーがどのように考えているか一目瞭然となります。

 他にも、ユーザーはポイントを増やす目的で、これまであまり興味を持てなかった出来事(例えば政治や経済など)にも興味をもち、深く調べるようになるため、多くのユーザーにとってあらゆる出来事が”自分事”になります。


●提携等
 Voteyは日本のロビンフットを目標としております。
現在は仮想ポイントを利用したデモトレードアプリですが、今後は金融商品を取り扱っている企業様と提携し、様々な商品をロビンフットライクなUIで売買することが出来るアプリを目指します。
商品提供、資本提携、共同開発、M&Aなどあらゆる可能性がございますので、ご興味を持っていただけましたら下記問い合わせ先にご連絡くださいませ。

●問い合わせ先
メールアドレス:info@votey.me
フォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]