編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「1000万円さしあげますから、好きなゲームを作りませんか?」講談社ゲームクリエイターズラボ第2期メンバープレエントリー受付開始!

株式会社講談社

From: PR TIMES

2021-08-01 13:46

講談社が、インディーゲーム業界に衝撃を与えた支援企画、今年もやります!本応募受付期間は9月1日から10月31日まで。

インディーゲームクリエイター支援企画「講談社ゲームクリエイターズラボ」の第2期メンバー本募集にさきがけて本日8月1日から事前登録(プレエントリー)の受付を開始いたします。プレエントリー登録者には、お得な情報や応募期間のリマインドメールが届くほか、企画書制作としても利用できる「RPGツクールMZ」の特別体験版をプレゼントいたします。



2020年9月、「年間最大1000万円さしあげますから、好きなゲームを作りませんか?」という強烈なキャッチコピーで業界内外に衝撃を与えた、インディーゲームクリエイター支援企画「講談社ゲームクリエイターズラボ(以下GCL)」。
募集定員5名に対し、応募総数1263作品が寄せられ、選考の結果、定員を超える7名をラボメンバーに選出。さらに特別賞として7名に50万円を進呈しました。
ラボメンバーには担当編集者がつき、現在打ち合わせを重ねつつそれぞれのペースで理想のゲーム製作に打ち込んでいます。

そして今年2021年も、第2期ラボメンバーの募集をおこなうことが決定しました。
昨年と同じく定員は5名。アナログ・デジタルなどジャンルは不問。
ラボメンバーに選出された場合、担当編集者のサポートと、最大で年間1000万円の開発支援金が支給されます。
今年の企画募集期間は9月1日(水)から10月31日(日)。

それにさきがけて、第2期メンバーに応募を考えている方々用の、プレエントリーを開始いたします。
[画像1: (リンク ») ]


【プレエントリー期間】
8月1日(日)~8月31日(火)
・プレエントリー者にはGCL運営からリマインドやお得な情報がメールで届きます。
・企画応募ではなく、お名前とメールアドレスなど簡単な情報を登録するだけです。
・プレエントリーしても本応募の義務はありません。
★プレエントリー特典!!『RPGツクールMZ』特別体験版をプレゼント!!
・RPGツクールの利用規約に従い、制作、配布、販売が可能
・制作した作品データは製品版に引き継げます
・特別体験版と製品版の違いは起動可能期間の違いのみです
[画像2: (リンク ») ]


-株式会社Gotcha Gotcha Games様からコメント
「RPGツクールMZはプログラミング知識を使わずに、その日からゲーム制作が可能なソフトです。
グラフィック素材、音楽素材が収録されているため、素材を準備することなくゲーム制作や企画作りに集中することができます。さらに……イラストが描ける方はグラフィック素材を、作曲ができる方は音楽素材を差し替えることで、オリジナリティを高めることができます。
今回ご希望の皆さまには期間を延長した特別体験版をご提供いたします。
ぜひ講談社ゲームクリエイターズラボ第2期の企画制作にご活用ください。
みなさまの創作活動を広げるお手伝いができれば幸いです。」

Gotcha Gotcha Games様のご厚意で上記特典を配布させていただけることになりました。
そのまま応募してもよし、GCL2期応募の際に使用する「遊べる企画書」として使用するもよし。
もちろん、ただ遊ぶだけでもよしです。

講談社GCL第2期プレエントリーはこちらから
(リンク »)
プレエントリーして損することはありませんので、ぜひたくさんの登録をお待ちしております!
※プレエントリーせずに本応募することも可能です。

講談社ゲームクリエイターズラボ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]