編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

国内最大級のディープテック特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」にサポーター企業として参画

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2021-08-10 14:49

~Eight 企業向けプレミアムの提供を通じて、スタートアップの事業成長を支援~

Sansan株式会社は、Beyond Next Ventures株式会社(以下、Beyond Next Ventures)が取り組む国内最大級のディープテック特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」に、サポーター企業として参画します。Beyond Next Venturesが出資するスタートアップに対し、名刺アプリ「Eight」の中小企業向けサービス「Eight 企業向けプレミアム」を提供することで、名刺を基点とした顧客管理のデジタル化と事業成長を支援していきます。



[画像: (リンク ») ]


■今回の参画について
Beyond Next Venturesが取り組む国内最大級のディープテック特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」は、2016年に開始し、これまで100を超えるチームの支援を行ってきました。研究チームが有する高度な技術シーズの事業化や、技術系スタートアップの事業成長を実現させるべく、約2カ月間にわたり、専門家によるメンタリング、起業に関するノウハウ、スタートアップの成長を加速させるリソースを提供しています。

Eight 企業向けプレミアムは、中小規模の企業・団体等を対象に、名刺情報を共有することで業務の効率化やメンバー同士の連携をサポートしています。名刺アプリEightに貯めた個人のデータを社内向けに活用することができ、月額1万円からという利用しやすい料金設定などから、導入・運用の障壁が低く、現在は中小企業を中心にスタートアップを含む2000社以上に利用されています(※1)。

このたび当社は、より多くのスタートアップの事業成長を支援するため、サポーター企業として「BRAVE」への参画に至りました。スタートアップに対し、Eight 企業向けプレミアムを提供することで、個人の管理で埋没していた既存人脈の活用や、営業・マーケティング活動の効率化、BCP体制の構築を後押しします。

このたびの参画について、Beyond Next Venturesの渥美 祐輔氏は、「BtoBマーケティングはリストが命です。しかし、スタートアップが速く大きく成長していく過程で名刺管理とリストの分析はなおざりになることが多く、戦略性に欠ける施策を実行してしまいがちです。このたび、BRAVEサポーターにSansanがご参画いただくことで、投資先やBRAVEの参加チームがEight 企業向けプレミアムを活用し、積み立ての施策でマーケティング力を向上させ、速やかで着実な成長ができるようになると期待しております」と述べています。

また、Sansan株式会社 執行役員/CPOの大津 裕史は、「このたび、BRAVEのサポーター企業に参画できることをとても光栄に思います。Eight 企業向けプレミアムは、これからイノベーションを生み出していくようなスタートアップの皆さまにも利用いただいており、名刺情報をデジタル化することで、グループ内での人脈の共有・管理を容易にし、顧客管理や効率的な営業活動を支援しています。BRAVEを通じて事業化したスタートアップが、イノベーションを生み出すための一助となるべく、Eight 企業向けプレミアムを活用していただけることは、とても嬉しいことです」と述べています。

■サポーター企業としての取り組み
以下の取り組みを通じて、スタートアップの事業成長を支援します。

・投資先企業へのEight 企業向けプレミアムの提供により、顧客管理・効率的な営業活動を支援
・ご契約時に紙の名刺1万枚を上限に無償データ化代行を実施

Eight 企業向けプレミアムは今後も、サービスの提供を通じて、スタートアップを含む中小規模の企業・団体等の事業成長を支援していきます。

※1:2021年1月時点

(以上)

■BRAVEについて
BRAVEは、高度な技術シーズに特化したアクセラレーションプログラムです。これまで大学の研究者等から500件以上の応募を受け、100件以上のチームを採択・支援してまいりました。BRAVE卒業生は、BRAVEで得た支援を活かし事業化を進め、累計で120億円以上の資金調達を行っています。(いずれも2021年6月時点の数値)
(リンク »)

■Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社:東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
代表者:代表取締役 伊藤 毅
設立日:2014年8月
事業内容:日本・インドの技術系スタートアップへの出資・ハンズオン支援、技術シーズの事業化支援、研究開発型スタートアップにおける経営人材育成支援、ウェット型シェアラボ運営など
URL: (リンク »)

■名刺アプリ「Eight」
Eightは、名刺を起点とした国内最大のビジネスネットワークです。ユーザーは、名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。また、登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を持ち、ビジネスのためのSNSとして、280万人を超えるユーザーに利用されています。そのほか、Eightからアクセスできる名刺でつながるビジネスイベントメディア「Eight ONAIR」では、Eightのネットワークを活用して、ユーザーのイベントとの出会いを後押ししています。

■Eight 企業向けプレミアムへのお問い合わせ
Eight 企業向けプレミアムは、Eightユーザーがサービス内に蓄積している名刺情報を自社内やグループ内に共有することで、業務効率の向上やメンバー同士の連携をサポートするものです。
(リンク »)

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、ビジネスにおける出会いを後押ししています。主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:63億12百万円(2021年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービス(クラウド名刺管理サービス等)の企画・開発・販売
Sansan  (リンク »)
Eight  (リンク »)
Bill One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]