編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ネオバンク・プラットフォーム「BANKIT(R)」の新機能のサービス開始について

株式会社新生銀行

From: PR TIMES

2021-08-10 19:46

~パートナー企業によるお客さまへの組み込み型金融サービスを強化~

株式会社新生銀行および株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長清水哲朗)は、ネオバンク・プラットフォーム「BANKIT(R)(バンキット)」※1において、分割後払いを可能にする「おたすけチャージ+(プラス)」、Apple Pay※2、 Google Pay TM ※3による「非接触決済」、「オンライン本人確認(eKYC)」※4の新たな機能を追加し、本日よりサービスの提供を開始しました。



BANKIT(R)は、クレジットカード業、資金移動業および前払式支払手段発行業の登録がある株式会社アプラスが事業主体となり、新生銀行グループが有する決済、為替および与信機能などの金融サービスをカフェテリア形式(必要な機能を自由に選択できる形式)でパートナー企業に提供するものです。パートナー企業は、金融ライセンス取得などにかかる手間や費用をかけず、自社のお客さまに対して、金融サービスを提供することができます。

今回、既存の機能に加えて、以下の新たな機能の提供を開始します。これらの機能により、個人のお客さまはお手持ち資金やチャージ残高を気にすることなく、決済や分割後払いがワンストップで利用でき、また、利用可能な店舗が大幅に増加することで、利便性の向上につながります。パートナー企業は自社のサービス・製品の販売機会の創出につながり、金融機能を組み込んだ従来のサービスの価値向上に寄与します。

■新たに提供を開始した機能
・「おたすけチャージ+(プラス)」
BANKIT搭載専用のカードレスのクレジットカードで、手持ち資金がなくても、後払いでBANKIT(R)のウォレットへチャージできるサービスです。一括払い、分割払いから選択して後払いできる機能(ショッピング)と、チャージした残高を銀行ATMから引き出すことができる機能(キャッシング)があります。

・「非接触決済」
Apple Pay、 Google Payを利用した非接触決済サービスです。ウォレットへチャージした残高を日本全国の「QUICPay+ TM(クイックペイプラス)」※5、または「Visaのタッチ決済対応マーク」※6のある店舗で利用できるサービスです。

・「オンライン本人確認(eKYC)」
オンラインで本人確認を行うサービスです。パートナー企業は大きなコストや負担をかけず、サービスを利用されるお客さまの本人確認ができるようになります。また、個人のお客さまはこれまでよりも短期間でサービスの利用を開始することが可能になります。

新たな機能、サービスの詳細は以下のページおよび、別添資料をご覧ください。
(リンク »)


別添資料
(リンク »)


BANKIT(R)の利用を発表している株式会社セレスや、既に利用を開始している3PLATZ株式会社等の各アプリに対しても、新機能から各アプリに最適な機能を提供します。また、アプラスが個人のお客さま向けに提供するBANKIT(R)アプリでも新機能をご利用いただけます。


BANKIT(R)の導入イメージは、以下のページをご覧ください。
(リンク »)

新生銀行グループでは、中期経営戦略において、「価値共創による成長追求」を基本戦略の一つとしています。BANKIT(R)のサービス提供を通じて、新生銀行グループが保有する金融ライセンスや金融・決済システムを活用し、顧客基盤を有するパートナー企業やFinTech企業と協業しながら、次世代に必要となる金融・決済サービスを開発し、新たな金融体験を提供していきます。
[画像: (リンク ») ]

【BANKIT(R)サービスページ】  (リンク »)   


※1 BANKITは、株式会社アプラスの登録商標です。また、株式会社新生銀行において特許を出願済みです。
※2 Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
※3 Google Payは、Google LLCの商標です。
※4 eKYCは株式会社Liquidのサービスを利用しています。
※5 QUICPay+は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
※6 Visaのタッチ決済はApple Payのみでご利用が可能です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社新生銀行の関連情報

  • 新生銀行、チャネルごとに分断された顧客情報を一元管理

    新生銀行は、カスタマーサービス基盤「Salesforce Service Cloud」とデジタルマーケティング基盤「Salesforce Marketing Cloud」と連係させ、リテールバンキングの営業、コールセンター、マーケティングの各部門がそれぞれで管理していた顧客情報を一元管理する仕組みを構築した。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]