編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

工場ネットワークのセキュリティ運用を支援する「産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」の提供を開始

NECネッツエスアイ株式会社

From: PR TIMES

2021-08-19 11:17

NEC ネッツエスアイ株式会社は、自社のセキュリティオペレーションセンターとトレンドマイクロ株式会社が提供する産業制御システム向けセキュリティソリューション「トレンドマイクロEdgeFire /EdgeIPS」を組み合わせたセキュリティ運用サービスの提供を開始します。



 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島 祐之、東証:1973 NESIC、以下NECネッツエスアイ)は、自社のセキュリティオペレーションセンター(以下SOC)と、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:エバ・チェン、以下トレンドマイクロ 注1)が提供する産業制御システム向けセキュリティソリューション「トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」(注2)を組み合わせたセキュリティ運用サービスの提供を開始します。

 工場ネットワークは閉域での運用が一般的で、外部に接続することを意識していなかったため、サポート切れのOSやセキュリティパッチ未適用のシステムが存在するなど、対策が疎かになっていました。しかし、近年製造業においてスマートファクトリー化が進み、外部のネットワークに接続するIoT機器が導入されると、工場ネットワークもサイバー攻撃の対象となります。こうした脅威から工場を守るためには、工場の特性に応じて新たにセキュリティ人材の配置やセキュリティ機器の導入が必要になるため、お客様に大きな負担がかかります。

 本サービスは、工場ネットワークにおいて課題となっている産業制御システムの脆弱性の保護のために開発された製品「トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」とNECネッツエスアイのSOCを組み合わせてお客様の課題解決を行います。「トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」を工場ネットワークに導入することにより、産業制御機器の脆弱性を悪用するサイバー攻撃をブロックします。また、検知した内容は、SOCに送信され専門スキルを有したセキュリティアナリストがリアルタイムで脅威の解析を行い、対策立案、通信遮断対応などをトータルでサポートします。その結果、お客様のセキュリティ運用負担を増やすことなく、工場ネットワークをサイバー攻撃から守ることができます。

■「産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」イメージ


[画像: (リンク ») ]

 NECネッツエスアイは、本サービスの拡販につとめ、お客様の安全・安心な工場環境の実現に寄与していきます。

■トレンドマイクロ株式会社
上席執行役員 営業統括 大場 章弘様のコメント

トレンドマイクロは、NECネッツエスアイ様による「EdgeFire/EdgeIPS」を活用したSOCサービス「産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロ EdgeFire/EdgeIPS」の提供開始を歓迎いたします。
「EdgeFire/EdgeIPS」は、産業制御機器の脆弱性を悪用した攻撃や許可していない通信など、工場のネットワークを経由した攻撃を防ぎます。
既知・未知の脆弱性からネットワークを保護する当社IPS製品の導入や構築において、多くの実績を持つNECネッツエスアイ様が「EdgeFire/EdgeIPS」を活用したSOCサービスを提供することで、スマートファクトリーの継続的な安定稼働の実現に寄与することを期待しています。
                                                 以上

■「産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」概要
(1)提供価格
月額15万円から(税込)
※初期構築費用は含まれておりません。

(2)サービス内容
●監視・解析・リスク判断
当社独自の脅威インテリジェンスと「トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」の脅威インテリジェンスを併用し、セキュリティアナリストがお客様の工場ネットワークを監視します。
検出された脅威を速やかに解析し、リスクレベルを判断します。統合脅威管理機器やエンドポイントセキュリティなどほかのセキュリティ製品も監視対象としている場合、より総合的な脅威の監視を実現可能です。

●解析報告・推奨対策提示・緊急隔離対応
解析した結果に基づき、発生したインシデントの対策に必要な推 奨手順をお客様にご案内します。
また、ネットワークから隔離が必要と判断した場合は、当社セキュリティアナリストがリモートにて緊急隔離対応を実行します。

●24時間365日の緊急時対応
当社のセキュリティアナリストが、お客様に代わり「トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」で検知した攻撃通信の送信元IPアドレスからの通信をファイアウォールでブロックすることが可能です。

●月次レポート(オプション)
お客様機器のインシデント検知状況や傾向、監視状況等を月次レポートとしてまとめ、お客様へご報告を行います。

(3)関連リンク
●産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロ EdgeFire/EdgeIPS
(リンク »)

注1:トレンドマイクロ株式会社
(リンク »)
注2:産業向けセキュリティ トレンドマイクロ EdgeFire/EdgeIPS
(リンク »)

※EdgeFire、EdgeIPSはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]