編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ヨドバシカメラ、ブリスコラの「BAMs Series」を採用し、次世代APIプラットフォームを構築

株式会社ブリスコラ

From: PR TIMES

2021-08-31 11:01

~ ヨドバシカメラが目指す2040年まで通用するシステムの基軸製品としてBAMsを採用 ~

株式会社ブリスコラ (本社:東京都港区、代表取締役:末貞 慶太郎、以下、ブリスコラ) は、株式会社ヨドバシカメラ(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役:藤沢 和則、以下ヨドバシカメラ)が2040年まで通用するアーキテクチャ実現を目指して構築しているAPIプラットフォームに、ブリスコラのAPIプラットフォーム標準化・要件策定コンサルティングサービスおよびフルライフサイクルAPI管理製品群である「BAMs Series」を採用したことを発表します。



ヨドバシカメラは、通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」と実店舗のシームレスな連携を重要視し、会員やすべてのお客様に柔軟かつ安全なサービスの利用を推進しています。また、取引先となるパートナー企業ともいち早くデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進し、在庫や受発注管理、配送、マーケティングといったビジネスプロセス全体のシームレスな双方向での連携を容易に実現できる仕組みを提供していく考えです。リアルタイムでのデータ共有を可能とした業務の自動化・効率化を図ることで、パートナー企業とのエコシステムの高度化と新たなビジネスモデルの構築を目指しています。

特に、近年成長が著しく今後もより売上の拡大を見込んでいる通販サイトの運営においては、バーチャルな世界と実店舗や物流といったリアルな世界を、個人認証も含めて柔軟かつ安全につなげるために、APIをベースとした安心安全な分散コンピューティングと人間中心設計に則した使いやすいユーザインタフェースのアプリケーション開発が必要と考えています。また、パートナー企業との双方向のデータ連携にあたっても、ゼロトラストを実現するセキュアなかつ柔軟なシステム構築が必要とされています。そのために、ビジネスボリュームの拡大とともに、大量トランザクションの高速処理を実現するアーキテクチャ設計と、高度な認証/認可をもとに各社との標準化されたAPIによる連携が不可欠であると考えています。

今後のさらなるビジネス拡大を視野にお客様の利便性向上やパートナー企業とのビジネスの可視化・効率化、さらに2040年まで通用するシステム構築の実現には、信頼性の高い先進的なテクノロジーに基づくAPIの連携による次世代APIプラットフォームの構築が必要であるという認識に至りました。「BAMs Series」は、これらのヨドバシカメラの次世代APIプラットフォームの要件に則したソリューションであると高く評価いただき、この度ご採用いただきました。評価いただいたポイントの一例は以下のとおりです。

APIをベースとした分散コンピューティング環境をスケーラブルで柔軟性を持って安全に構築することが可能であること
フルライフサイクルAPI管理に必要な5つの機能「APIゲートウェイ」「認証認可」「開発者ポータル」「APIデザイン」「運用監視」を備えていること
OpenAPI仕様やOpenID Connectなどグローバル標準に準拠して構築されていること
クラウドネイティブの考えに基づきオープンソースソフトウェア(以下、OSS)をベースに構築されていること


[画像: (リンク ») ]


またブリスコラは、ヨドバシカメラのすべての関係者と共に夢を実現していく「周りに与える夢」といったサービスに対する考え方や「誠実」「実践」「信頼」といった企業理念にも賛同し、それらの理念を実現する次世代APIプラットフォームの構築をテクノロジーの側面から支えるべく、これからも尽力していきたい考えです。

■ 株式会社 ヨドバシカメラ について
パソコン・OA機器・カメラ・デジタルカメラ、オーディオ・ビデオ機器、家電、時計、携帯電話、ゲーム機およびソフト、CD/DVDソフト、書籍/電子書籍、日用品などを販売。 最先端の情報システム活用により、800万アイテムを越える豊富な品揃えを実現し、実店舗と通販サイト両方のメリットを活かした利便性の高い顧客サービスを展開している。グループの石井スポーツ、アートスポーツと一体になりスポーツ・アウトドア用品にも力を入れている。

設立 1960年4月
売上高    7,046億円(※2020年3月現在)
財務指標   2020年 3月 経常利益 601億円
従業員数   5,000名(※2019年4月現在)
事業所・店舗 24店舗


■ 株式会社ブリスコラについて
株式会社ブリスコラは、デジタルテクノロジ(ビッグデータ、IoT/M2M、センサークラウド、AI等)を活用した幅広いアプリケーションやサービスを実現するために鍵となるAPIソリューションに特化した事業支援会社です。Kong製品の提供とともにAPI利活用に関わるコンサルテーションやAPIプラットフォームの構築支援についても多くの実績があります。
(リンク ») (ブリスコラAPI事業専用サイト)
(リンク ») (企業サイト)

■ Briscola API Management Service (BAMs) について
BAMsは、Briscola API Management Serviceの略であり、ブリスコラが提供するAPI事業における製品・サービス・ソリューションからなる全ポートフォリオの総称です。特に世界で最も採用されているOSSのAPIゲートウェイである「Kong」を中心に、APIの設計開発から公開運用にいたるまでのフルライフサイクルAPI管理を実現した「BAMs Series」をサブスクリプションサービスとして提供しています。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【当製品に関するお問合わせ先】
株式会社ブリスコラ TEL:03-6441-2614 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]