カルビー、本社オフィスを全面リニューアル!“畑”をモチーフに、新たな価値やアイデアがより共創しやすい空間へ

カルビー株式会社

From: PR TIMES

2021-09-06 14:47

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二、以下カルビー)は、共感(エンゲージメント)・協働(リレーション)・共創(コラボレーション)をキーワードに東京・丸の内の本社オフィスを全面リニューアルし、2021年9月6日(月)より同オフィスでの業務をスタートしました。
今回のリニューアルは、オフィスを2フロアから1フロアに集約した上、全体的にコミュニケーションを重視したレイアウトとすることで、新たな価値やアイデアが共創しやすい空間を目指しました。カルビーは、リニューアルを機に、ニューノーマルの働き方「Calbee New Workstyle」のさらなる進化を推進していきます。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

【リニューアルの経緯】
カルビーは2010年より現在の丸の内(丸の内トラストタワー本館)に本社を移し、2フロア(23階、22階)を利用してきました。2014年に在宅勤務制度を開始し、2017年には利用日数や場所の制限をなくした「モバイルワーク制度」を導入。新型コロナウイルス感染症が拡大した2020年7月より、オフィス勤務者のモバイルワークを原則とするなどのニューノーマルの働き方「Calbee New Workstyle」を導入しました。社員一人ひとりが、各職場レベルで創意工夫を重ねることで、この働き方の浸透を推進。並行して本社内では、部門横断型プロジェクトを設立し、今後のオフィスの在り方や働き方の改善を模索してきました。
そして、「Calbee New Workstyle」のスタートから丸1年の2021年6月に、本社オフィスを2フロアから1フロア(22階のみ)に集約するリニューアルに着手。ソロワークや報告型会議などはリモート実施を前提とし、新オフィスでは、社員間やお客様との関係構築、教育やディスカッションといったコミュニケーションを通じた価値創造を目指していきます。

【新オフィスのコンセプト】
新オフィスは“畑”をモチーフとし、コンセプトを「Dig up field~新しいを掘りだそう~」としました。カルビーは、「掘りだそう、自然の力。」をコーポレートメッセージに、40年以上にわたり、契約生産者と二人三脚で原料のジャガイモづくりに取り組んでいます。新しいオフィスでは、カルビーがこれまで大切にしてきた自然の恵みが至る所で感じられ、“作物が実る畑のように、アイデアが生まれるオフィスにしたい”という思いを込めました。このコンセプトを2つの畑が重なり合うデザインで表現したロゴも作成いたしました。
[画像3: (リンク ») ]

【部門横断型プロジェクトのリーダーコメント】
カルビー(株)セールス&マーケティングカンパニー CVS事業本部
難波 俊也(なんば としや)
[画像4: (リンク ») ]



これからは、社員一人ひとりが「自ら場所を選んで働く」ということが大切だと思います。約1年前に「Calbee New Workstyle」を導入して、リモートでも多くの業務ができることを実感する中で、社内だけでなく社外からも”あつまりたい空間”を目指してプロジェクトを進めてきました。その結果、新しいオフィスは共感(エンゲージメント)・協働(リレーション)・共創(コラボレーション)をキーワードに設定し、カルビーらしさが至る所で感じられる空間を実現しました。生まれ変わったオフィスで、新たな価値やアイデアを共創し、イノベーションを起こしてければ、と思います。

【新オフィスの主な特長】
<モチーフの “畑” が感じられる空間>
木材の縦格子が天井まで続くエントランスは、 “畑” の畝(うね)をイメージしております。また、空撮した畑を表現した植栽「グリーンアート」を壁面に施すなど、新オフィスのモチーフである “畑” のぬくもりが感じられるように工夫しました。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

<カルビーらしさ、遊び心があふれる会議室>
会議室は全10部屋あり、その多くは「ポテトチップス」や「じゃがりこ」、「フルグラ(R)」、「ドリトス」などカルビーグループの商品の名前がついております。各部屋の吸音パネルや家具の色は商品を感じられるように選定し、部屋の扉には、商品のイメージを施しました。
また、カフェスペース「Patio」(パティオ)の天井には、ジャガイモを模したイラストを配すなど、所々でカルビーらしさを感じられる楽しい空間にしています。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

<新しい働き方に対応した執務エリア>
執務エリアは、モチーフの“畑”のように、あえて各ワークスペースがランダムに重なるように設計しました。机の配置をバラバラにし、導線も一直線にしないことで、人と人の交わりを増やすレイアウトです。執務スペースの席数は従来のオフィスの約半分で、コミュニケーション向きの席の割合を増やしました。一部の固定席を除きフリーアドレスです。
オンライン会議に適したブース型の部屋や、周囲の音を気にせず仕事ができる電話ボックス型の部屋、立って仕事ができる長机、雑談が生まれやすく気軽に集まれるスペースなどを設けました。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

■カルビーの新しい働き方「Calbee New Workstyle」とは
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえたカルビーの新しい働き方で、オフィス勤務者のモバイルワークの標準化やフルフレックスの導入などを柱に2020年7月1日より実施しています。
詳細はURL : (リンク »)
[画像11: (リンク ») ]

■“新しい働き方”をテーマにしたトップ対談記事
今回のオフィスリニューアルを機に、カルビーの伊藤秀二社長と、リニューアルを手掛けた(株)イトーキの平井嘉朗社長による対談を行いました。対談の様子は、下記のURLよりご確認ください。
記事URL: (リンク »)
イトーキサイト記事URL: (リンク »)

■2021年6月配信のリリース「本社オフィスをリニューアル リモート×リアルで価値創造」
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]