編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日立ソリューションズ、「Denodo Platform」の販売代理店契約を締結し、データを仮想統合するソリューションの提供を開始

株式会社日立ソリューションズ

From: PR TIMES

2021-09-15 16:17

散在するデータを手間やコストをかけずに統合し、企業のデータドリブン経営を加速

 データ仮想化*1市場のトップリーダーであるDenodo Technologies 株式会社(本社:米国カリフォルニア、CEO・創設者: ANGEL VINA/以下、デノード社)と株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、散在するシステムやサービスからデータを複製することなく仮想統合する「Denodo Platform(デノードプラットフォーム)」の販売代理店契約を締結しました。日立ソリューションズは、Denodo Platformの導入コンサルティングから、運用支援までをトータルに提供する「データ仮想化ソリューション」を9月16日から販売開始します。



 Denodo Platformは、従来の物理的なデータ統合手法とは異なり、社内システムからクラウドサービスまで、企業に散在する多種多様なデータをそれぞれのデータソースに置いたまま仮想データレイヤに統合します。これにより、システム担当者はデータを加工する作業やコストを大幅に削減でき、利用するデータのアクセス統制ポリシーを一元管理できるため、データガバナンス実現の仕組みとしても活用できます。
 企業は必要なデータをタイムリーに取得・分析し、迅速に意思決定することができるため、アジャイルなデータ活用を実現するとともに、データドリブン経営を加速させることが可能です。
 日立ソリューションズは、データ品質の向上やBIツールの選定など、導入コンサルティングから運用まで、データ利活用をトータルに支援し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を支援します。
*1 データ仮想化とは、様々なシステムにまたがるデータを、コピーして集めてくることなく単一の仮想データレイヤー上で結合し、オンデマンドでデータ提供する技術。
[画像: (リンク ») ]


■ 背景
 先行きが見えず、不確実なビジネス環境の中で企業が成長していくためには、データに基づいて迅速に意思決定を行い、変化に柔軟に対応していくことが重要です。こうした「データドリブン経営」を実現させるために、企業では、さまざまなシステムに散在し、サイロ化しているデータを統合し、社員がいつでも必要な時にデータを利活用できる環境整備へのニーズが高まっています。しかしながら、増え続けるデータの統合管理には、システムの運用管理のコストや管理者の業務負担も増加するという課題があります。
 デノード社と日立ソリューションズは、このような課題を解決するため、「Denodo Platform」を活用し、柔軟にデータを仮想統合できるシステムを提供することで、企業のデータ利活用とDXを強力に推進します。

■ データ仮想化ソリューションの特長
1. 多様なデータソースに接続できる「Denodo Platform」を活用
 社内の各種データベース、クラウドサービス、CSVファイルなど、さまざまなデータソースへの接続が容易なため、散在するデータの参照を円滑に行うことができます。
2. 既存のシステム構成を変えずにデータの統合から可視化までを実現し、コストや作業負担を軽減
 従来のデータ統合は、異なるシステムに散在しているデータを物理的に抽出し、リポジトリに統合する手法が主流です。そのため、データの物理的な複製やバッチ改修の対応、リソースごとのアクセス権限管理、膨大な複製データの管理などが必要で、莫大なコストや作業を要しました。
 「Denodo Platform」では、既存のシステム構成を変えずにデータを統合できるため、システム管理におけるコストや作業負担を軽減することが可能です。
3. 企業のニーズに合致したシステム提供に加え、データ利活用に関するさまざまな課題解決も支援
 日立ソリューションズは、企業の既存のシステムやクラウドサービスの構成、データ利活用のニーズをヒアリングし、導入から最適な活用までを支援します。トラブルが発生した際には一次窓口となり、日本語による問い合わせ対応やナレッジを提供することで、導入企業が安心して利用できるよう支援します。また、データガバナンスソリューションと組み合わせることで、データアクセス統制、データの品質管理など、システム導入だけでなくデータマネジメントの運用支援も含めて、データ利活用に関するさまざまな課題解決をトータルに支援していきます。

■ 提供価格  個別見積り

■ 販売開始日 2021年9月16日

■ デノード社のDenodo Platformについて
 デノード社の提供するデータ仮想化プラットフォームは、従来型手法の半分のコストで、幅広いデータソースを対象にアジャイルでハイパフォーマンスのデータ統合機能およびデータ抽象化機能をリアルタイムサービスとして提供し、セキュリティやコンプライアンスのリスクを最小限におさえる最先端のデータ統合ソリューションです。
URL: (リンク »)

■ 日立ソリューションズのデータ仮想化ソリューション
 URL: (リンク »)

■ 関連ソリューション「データガバナンスソリューション」
 URL: (リンク »)

■ セミナー案内
 セミナー名:データも仮想化の時代へ!~データドリブン経営の実現に向けた先進的ソリューションとは~
 開催日時:2021年10月20日 (水) 14:00~14:45
 会場:オンライン
 参加費:無料
 URL: (リンク »)

■ 商品・サービスに関するお問い合わせ先
 URL: (リンク »)

※ Denodoは、Denodo Technologies,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]