編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

KY度診断アプリ『空気読み。』『空気読み。2』スマートフォン版配信再開!初の音源集『みんなで空気読み。オリジナル・サウンドトラック』Steamで配信決定!

株式会社ジー・モード

From: PR TIMES

2021-09-15 19:47

株式会社ジー・モード(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤征一郎 (リンク ») )は、
1,000万人以上が遊んだKY(空気読めてる)度診断シリーズ『空気読み。』『空気読み。2』の
iPhone版およびAndroid版スマートフォンアプリを本日配信再開したことをお知らせします。
また、『空気読み。』シリーズのBGM・効果音を:心ゆくまで堪能できる音源集
『みんなで空気読み。 オリジナル・サウンドトラック』をSteamに配信することを決定しました。



[画像1: (リンク ») ]



『空気読み。』とは?

2008年のケータイアプリ配信開始以来、テレビ番組を始めとする多くのマスメディアで紹介され、シリーズ累計1,000万人以上が遊んだ、誰の目を気にすることなく一人で空気が読めるという「史上初(!?)の“空気読めてる度”診断ゲーム」…それが『空気読み。』です。
基本的なルールは、画面内の赤いものを空気を読んで対処するだけ。
一定数のミニゲームをプレイすることで、「どれだけ空気を読めていたか」が評価されます。

単純明快な操作方法と、日常の中でつい「あるある」と言ってしまうようなシチュエーションの数々から、動画共有サイトでのプレイ動画・配信も大人気。
遊ぶことでプレイヤーの性格や考え方が垣間見えてくるので、自分でプレイして楽しいことはもちろん、つい他人のプレイも見たくなってしまう、不思議な魅力に溢れたゲームシリーズです。



『空気読み。』 『空気読み。2』ゲーム概要

◆あなたの空気読み力を診断しちゃいます!
全100問の問題をすべて終えると、さまざまな評価項目であなたの空気読めてる度を詳細に診断します。満点目指して何度でも空気を読んでください。
[画像2: (リンク ») ]




『みんなで空気読み。 オリジナル・サウンドトラック』概要

音楽の秋、リフレッシュのひとときや集中したいときにピッタリなサウンドトラックです。
メインテーマのほか、ゲーム内で使われているBGMなど50曲以上を収録。
こちらは9月下旬の配信を予定しております。
本日Steamストアページを公開いたしましたので、是非ウィッシュリストへの追加をお願いいたします。


[画像3: (リンク ») ]




『空気読み。』 製品情報


[画像4: (リンク ») ]

【iPhone版】
・配信マーケット: App Store
(リンク »)
・カテゴリ: ゲーム>トリビア、ゲーム>ファミリー
・プレイ人数: 1人
・対応OSバージョン: iOS 6.0以降推奨
・価格: 490円(税込)※9/22まで50%セール価格の250円!

【Android版】
・配信マーケット: Google Playストア
(リンク »)
・カテゴリ: ゲーム>雑学
・プレイ人数: 1人
・対応OSバージョン: Android OS7.0以降
・価格: 500円(税込)※9/22まで50%セール価格の250円!


『空気読み。2』 製品情報


[画像5: (リンク ») ]

【iPhone版】
・配信マーケット: App Store
(リンク »)
・カテゴリ: ゲーム>トリビア、ゲーム>ファミリー
・プレイ人数: 1人
・対応OSバージョン: iOS 6.0以降推奨
・価格: 490円(税込)※9/22まで50%セール価格の250円!

【Android版】
・配信マーケット: Google Playストア
(リンク »)
・カテゴリ: ゲーム>雑学
・プレイ人数: 1人
・対応OSバージョン: Android OS7.0以降
・価格: 500円(税込)※9/22まで50%セール価格の250円!


『みんなで空気読み。 オリジナル・サウンドトラック』 製品情報


[画像6: (リンク ») ]

・タイトル: みんなで空気読み。 オリジナル・サウンドトラック
・配信開始日: 2021年9月下旬予定
・価格: 未定
・配信マーケット: Steam
・制作・販売: ジー・モード
・権利表記: (C) G-MODE Corporation
・ダウンロード: (リンク »)


株式会社ジー・モードについて

株式会社ジー・モードは創業以来、PC・モバイルコンテンツ市場を中心に事業展開を行っているゲームコンテンツの企画・開発メーカーです。
アーケードやコンシューマゲーム機で人気を博した「データイースト」タイトルのライセンス事業も行っています。
2018年より、新たにNintendo Switch™をはじめ、コンシューマゲーム機への自社タイトルおよびインディクリエイタータイトルのパブリッシング事業を開始しました。

【HP】  (リンク »)
【Twitter】  (リンク »)
【Facebook】  (リンク »)
【Youtube】  (リンク »)

※記載されている製品名およびサービス名称は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]