編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

動画をみるだけでひらがなの書き方がおぼえられる画期的なドリル! 「笑えるひらがな」発売!!

株式会社小学館

From: PR TIMES

2021-09-17 16:17



[画像1: (リンク ») ]

株式会社小学館クリエイティブは、新刊『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』(著者:立石美津子)を9月17日(金)に発売します。4~6歳のお子さまに、入学準備に最適です。

………………………………………
『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』
著者:立石 美津子
定価:1,300円(税込)
発売日:2021年9月17日
ISBNコード:978-4-7780-3570-9
発売:小学館
発行:小学館クリエイティブ
(リンク »)
………………………………………

●ラクに楽しくひらがなをマスターできる
本書では、親がやることはドリルにあるQRコードを読みこんで動画をみせてあげるだけ。著者がレッスンをするので、教える必要はありません。親はラクに、子どもは動画をみて楽しくひらがなの書き方をおぼえることができます。
[画像2: (リンク ») ]



YouTubeチャンネル「小学館クリエイティブック」で、46文字分の動画のうち12文字分を無料で公開しています。
ドリルの全体的な内容についてはこちらの動画を参照ください。
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]



●動画はひらがな46文字分
著者が実際に幼稚園、保育園で行っているレッスンをそのまま再現して、1文字ずつ丁寧に教えます。動画はすべて撮りおろし。合計時間は約300分になります。

[画像3: (リンク ») ]

・パペット人形や多くの小道具を使って解説するので、子どもは興味をもって動画をみることができ、字の形やまちがえやすいところをイメージで理解できます。書く順番と字の形が自然に身につく「まほうのことば」も紹介します。

[画像4: (リンク ») ]

・各ページに、1文字ずつレッスン動画のQRコードがついています。書くスペースはそれほど多くありません。“書けた”と思える満足感、“書ききった”という達成感が得られる量にしています。

●入学準備に最適
毎年9月は、小学校の入学に向けたお知らせが届き始める時期。最近では、入学準備のひとつに「ひらがなが書けるようになる」があります。
ただ、「子どもがひらがなに興味がない」「きれいに書けない」「教えようとするとけんかになる」など、教える大変さに直面している親も多くいます。そうした悩みに、ひらがな指導歴約30年の著者がこたえたのが本書です。

●著者のコメント
親が子どもに文字を教えるのは大変です。赤ペンで直したり、「きれいに書きなさい、きちんと書きなさい」と漠然とした余計な一言を言いたくなったりします。これは、笑いながら動画をみるだけでひらがなが書けるようになるドリルです。100回書かせておぼえさせるなどの苦行にしてはなりません。子どもも親も楽しく、楽をしませんか?(本書「はじめに」より一部抜粋)

[画像5: (リンク ») ]

【著者プロフィール】
立石美津子(たていし・みつこ)
ひらがな指導のカリスマ。幼稚園、保育園の先生向けに「ひらがなの教え方」セミナーを行い、子どもたちへのレッスンも行っている。『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)、『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』(すばる舎)など子育てに関する著書多数。親向けの講演も多く行っている。日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞のノンフィクション『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』(松永正訓・著、中央公論新社)のモデル。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]