編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

近所に空き家があるとした人は28% 東北、中国・四国、九州で高い 住みたいところの条件は「治安」「交通の利便性」「商業施設」

株式会社クロス・マーケティング

From: PR TIMES

2021-09-21 16:00

- 住まいに関する調査(2021年9月)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2,500人を対象に「住まいに関する調査」を9月3日~4日に実施しました。居住に関する全般的な質問に加え、住宅購入やリフォーム、売却の意向、欲しい設備なども聴取。本リリースは、その中でも「空き家」「二地域居住」「住みたいエリア」をピックアップし分析いたしました。



[画像1: (リンク ») ]


■調査結果
【空き家】
本調査2,500人の居住形態の内訳は、持ち家戸建て(49%)、賃貸集合住宅(33%)、持ち家集合住宅(14%)、賃貸戸建て(3%)である。「自宅近くに空き家がある」と回答した人は全体で28%。特に九州・沖縄(38%)、東北、中国・四国(両エリアとも37%)の地方において空き家率の高さが目立つ。近所の空き家に対し、「害虫が増えたり、伸びた枝が隣家の敷地に入るなど、周囲の家が迷惑を被る」45%、「老朽化による倒壊が心配」37%、「不審者の侵入や放火による火災など、防犯面に不安を感じる」33%と不安をいだいている。<図1>
[画像2: (リンク ») ]

次に、ご自身の空き家所有について聴取した。「空き家を所有している」人は3%、「将来、所有・相続する可能性がある」は10%である。所有する空き家の売却などは、「わからない・未定」が多いものの「建物と土地を一緒に売却」「更地にして売却」と売却意向がやや強い傾向にあった。空き家を管理する上で「建物や庭の維持・管理が大変」「家具などの不要物の処分や、遺品などの整理が大変」と多くの人が感じており、すぐに空き家を売却できる状態ではないことがうかがえる。<図2>
[画像3: (リンク ») ]

【二地域居住】
コロナ禍の影響で在宅勤務が増えたこともあり、二地域居住について聴取した。「現在、二地域居住をしている」は3%、「過去に二地域居住をしていたが、現在はしていない」は4%と二地域居住経験者は7%とわずか。二地域居住の意向を尋ねると「やや+したい」は10%であり、「避暑・避寒・癒やし・くつろぎのため」「自然を感じられる環境で過ごしたい」「自分の時間を過ごしたい」が主な意向理由であった。一方、「あまり+したくない」は62%と”二地域居住”への関心は限定的であり、高くはないといえる。<図3>
[画像4: (リンク ») ]

【住みたいエリアの条件】
“次に住みたいと感じるところ”“70歳になったときに住んでいたいところ”は、「治安がよい」「交通の利便性」「商業施設が充実」「医療環境がよい」「自然災害の可能性が低い」が上位条件であり、次に住みたいところ、70歳になったときに住みたいところとの差はなかった。さらに“次に住みたいと感じるところ”の条件を居住形態別にみると、戸建て居住者より集合住宅居住者において「交通の利便性」「最寄り駅が近い」「商業施設が充実」が特に高かった。<図4>
[画像5: (リンク ») ]

■レポート項目一覧
□調査結果サマリー
□回答者プロフィール(性別・年代・居住地・未既婚・子供の有無・職業・同居家族・同居末子学齢・PNCL構成比)
□ポテンシャルニーズクラスター(PNCL)について

▼調査結果 詳細
□自宅の住居形態/居住年数
□自宅から最寄り駅までの徒歩時間
□自宅の購入金額(持ち家居住者)/月額家賃(賃貸居住者)
□自宅選定時の関与
□自宅選びの決め手(価格・広さ間取り・住宅室内環境・建物/環境)
□自宅にある設備・機能/欲しい設備・機能
□賃貸居住者の住宅購入意向/購入したい住宅形態
□持ち家の売却予定
□持ち家のリフォーム経験/リフォーム内容/希望するリフォーム内容
□【持ち家】と【賃貸】のどちらがよいか
□ 持ち家/賃貸に関する意識
□【戸建て】と【集合住宅】のどちらがよいか
□戸建て/集合住宅に関する意識
□次に住みたいところ/70歳になって住みたいところ
□二地域居住の実態/意向/意向理由
□ワーケーションの魅力度
□近所の空き家の有無/問題点・不安点
□空き家の所有状況/処分予定/問題点・不安点
□あなたにとって住まいとは

◆レポートのダウンロードはこちらから
(リンク »)

■調査概要
調査手法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2021年9月3日(金)~9月4日(土)
有効回答数 : 本調査2,500サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

■会社概要
会社名 : 株式会社クロス・マーケティング (リンク »)
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 : 2003年4月1日
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容: マーケティングリサーチ事業

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
広報担当 : マーケティング部
TEL : 03-6859-1192
FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫ 本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]