編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

業務用フォトプリンター「SureLab」シリーズ『SL-D1050』新発売

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2021-09-28 13:10

- カット紙の自動両面プリント対応で高付加価値サービスを実現 -

エプソンは、業務用フォトプリンター「SureLab」シリーズの新商品として、従来機「SL-D850」と同等のコンパクトサイズと軽量さを保ちながら、新たにカット紙の自動両面プリントに対応した『SL-D1050』を、2021年11月より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

業務用フォトプリンターは、デジタルカメラやフィルムカメラのプリント業務を取り扱うDPE店や、記念写真や証明写真のスタジオ撮影・プリントなどを行う写真館、そして観光地やイベントにおける写真プリントを行う企業などで広く導入されております。

[画像2: (リンク ») ]

新商品『SL-D1050』は、ご要望の多かったカット紙の自動両面プリントに対応、今までのプリントサービスのクオリティはそのままに、ハガキ、ポストカードやフォトブック、カレンダー、メニュー表など、さまざまな商材のプリントをサポートします。本体サイズは、両面ユニット付きで幅460mm、奥行438mm、高さ424mmのコンパクトボディを実現。約0.2m2の床面積で本体設置ができ、置き場所を選びません。また重量は約23.1kgと軽量なため、機器の移動も簡単にできます。写真の大量プリント業務に充分なL判480枚/時の高速プリントを実現、観光地やイベントなどで撮影後にすぐに手渡しする際にお客様をお待たせしません。
その他詳細は、商品ホームページをご参照ください。
(リンク »)

エプソンは、本日9月28日、29日に東京・池袋のサンシャインシティで開催される日本最大級のオリジナルグッズ特化型展示会「オーダーグッズビジネスショー OGBS2021」に出展し『SL-D1050』を展示します。ぜひご来場ください。
(リンク »)

■価格・発売時期について
[画像3: (リンク ») ]

※:操作ユニットのパソコンが別途必要です。

■SL-D1050の主な特長
1)カット紙の自動両面プリント対応でさまざまな商材のプリントをサポート
両面印刷に標準で対応しました。今までのプリントサービスのクオリティはそのままに、ハガキやカレンダー、フォトブック、飲食店のメニューなどさまざまな商材のプリントをサポートします。

2)コンパクト・軽量で高生産性を実現
本体サイズは、両面ユニット付きで幅460mm、奥行438mm、高さ424mmで、設置面積は約0.2m2とコンパクト。置き場所を選ばず、PCなどの周辺機器との連携を考慮した設置が可能です。また重量は約23.1kgと軽量なため、機器の移動も簡単にできます。従来機「SL-D850」に比べ約5%のスピードアップによりL判480枚/時※の高速出力で幅広い用途に対応します。観光地やイベントなどで撮影後にすぐに手渡しする際にお客様をお待たせしません。※:印刷速度測定環境についてはエプソンのホームページでご確認ください。

3)大容量インク、ロール紙、カット紙のカセット給紙対応で大量プリントを実現
250mlの大容量インクパック採用により、インクの内容量を25%増量※1した上で、使用済みインクの保管スペースを約55%削減※1しました。65mロール用紙、両面カット紙100枚※2の大容量カセット給紙、89mmからA4サイズまでの用紙幅に対応しています。さらに、購入後5年または40万枚※3の高耐久性で、大量のフォトプリントもスムーズにこなせます。
※1:SL-D850のインクカートリッジ(SLIC3<200ml>)と比較。
※2:エプソン純正のA4両面カット紙の場合。
※3:耐久性の数値は参考値。使用環境(電源の頻繁な入切、クリーニング回数、通電時間・日数、印字モード、用紙種類等)によりこの数値は半分以下になることがあります。

4)「UltraChrome D6r-S」インクの優れた色再現力
基本4色にライトシアン、ライトマゼンタを加えた6色染料インクとマルチ・サイズ・ドット・テクノロジーにより、多段階の階調表現を可能にしました。人肌や暗部を自然に再現。広い色再現領域と表現力で、黒の締まった美しい画像を実現します。

5)稼働状況を見える化し、生産性の最大化を支援
エプソンのクラウドサービス「Epson Cloud Solution PORT」対応により、PCやモバイル端末でプリンターの稼働状況を可視化でき、生産性の最大化を支援します。               

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]