編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

アルテア、データ分析ソフトウェア教育機関向け無償版をリリース

アルテアエンジニアリング株式会社

From: PR TIMES

2021-09-30 11:10

未来のデータサイエンティストのための教育機関・学生支援プログラム

東京都中央区、2021年9月30日 - 製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、データ分析に関するテクノロジーをグローバルに提供するAltair(本社:米国ミシガン州、日本法人:東京都中央区、社長:加園 栄一、以下アルテア)は、教育機関および学生に対し、データ分析およびデータサイエンススキル向上のための支援プログラムの一環として機械学習ツールの学生版「Altair Student Edition」(アルテア スチューデントエディション)の提供を開始しました。



データを読み解き、企業のよりよい意思決定を支援する「データサイエンス」は、大学をはじめとした教育機関でも重要視されるようになりました。政府の「AI戦略」では、文理を問わず、全ての大学・高専生(約 50 万人卒/年)が、初級レベルの数理・データサイエンス・AIを習得することが目標に掲げられ、データサイエンススキルの習得は必要不可欠となりつつあります。
[画像: (リンク ») ]

本無料ソフトウェアは、統計学、情報工学を学ぶ学生のみならず、データサイエンスを学びたい、AIや機械学習を活用したいすべての学生が利用できるアカデミックプログラムの一環です。データサイエンスの専門知識やコーディングがなくても、機械学習やニューラルネットワークを用いた複雑な分析、高度な統計モデルを構築できる予測分析ツールを活用して、本物のデータサイエンスに触れてみませんか。

アルテアは、学生向けの無償ソフトウェア提供に加え、教育機関・教員向けに、授業や研究でお使いいただけるプログラムを多数ご用意しています。

【学生向けプログラム】


無償ソフトウェア提供

国内の教育機関に属する学生であれば誰でも利用できます。豊富な学習教材がAltair Universityに用意されており、Altair Communityを通じて、オンデマンドのインタラクティブなサポートを受けられます。

【教員向けプログラム】


アカデミックディスカウント

日本国内の教育機関に所属する教員や学生ならどなたでも、割引価格でご購入いただけます。ボリュームディスカウントも併用可能です。授業だけでなく、学術研究(営利目的を除く)にも使用することができます。


研究サポートプログラム

大学や高等専門学校などの教育機関に所属する教員を対象に、Altair製品を無償でお貸し出しし、研究に活用いただくプログラムです。工学シミュレーション、データ分析、モデルベース開発等、様々なソフトウェアをご利用いただけます。


Altairクラスルーム

授業でAltair製品を使用するための特別な無償プログラムです。マシンの台数やネットワークの状況に応じたライセンスを発行します。

プログラムの詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)


Altairについて(Nasdaq:ALTR)
Altairは、製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、および人工知能(AI)の分野において、ソフトウェアやクラウドソリューションを提供するグローバル企業です。多種多様な業界におけるお客様が、持続可能な未来を創造しコネクテッドな世界において力を発揮するためのテクノロジーを提供します。詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]