CircleCI、企業のソフトウェア開発への投資の高まりを受け大幅な成長を達成

CircleCI合同会社

From: PR TIMES

2021-09-30 21:17

業界の先を行く CI/CD プロバイダーが創業 10 周年を迎え、プラットフォーム導入チーム数 20 万を突破

サンフランシスコ -- 2021 年 9 月 29 日 -- 業界最先端を走る継続的インテグレーション & 継続的デリバリー (CI/CD) プラットフォームの CircleCI ( (リンク ») ) は、本日、創業 10 周年を迎えるとともに、CircleCI CI/CD プラットフォームの導入チーム数が 20 万を突破したことを発表しました。



[画像: (リンク ») ]

CircleCI では、2011 年の創業以来、一貫してソフトウェア開発の最先端に立ち続け、開発者の生産性と企業の業績の向上に役立つクラス最高峰の CI/CD プラットフォームを提供しています。 CircleCI CI/CD プラットフォームは Samsung、Peloton、Ford Motor Company など、世界中の数千を超える企業に導入されています。業界最大規模のプラットフォームとして、開発プロセスの徹底したカスタマイズを通じあらゆるお客様がアイデアを大規模に実現できるようサポートしています。

この 10 年間で、CircleCI は大きな飛躍を遂げました。その要因は、さまざまな新機能をリリースしてきたこと、そして多くのお客様に導入されたことにあります。 業界を問わずほぼあらゆる企業でソフトウェアがビジネスのコアとなる中、世界各地の開発チームでは、ソフトウェアの新リリースに関するテストとバリデーションの最適化が最優先事項となっています。 CircleCI の柔軟性に優れたインテリジェントなプラットフォームなら、日常的なバグ修正から革新的な新機能に至るまで、あらゆる要素のデプロイをより素早く、より正確に、より効率的に進めることができます。

CircleCI CEO、Jim Rose は次のように述べています。「CircleCI では、あらゆるソフトウェア エンジニアリング チームのお客様が最高水準のツールを利用し、柔軟性を維持しながら生産性を高め、迅速にビジネス価値を実現できるよう、プラットフォームの拡充に努めてきました。 当社は創業以来、開発者ファーストの方針を貫いています。今後 CircleCI はソフトウェア開発の次フェーズへと進み、信頼性を維持したまま素早く行動できるかどうかが重視される段階へと突入しますが、開発者のみなさまを第一に考え取り組みを続けてまいります」

2013 年以来、CircleCI の利用者は 3,500% 増加しており、世界のほぼあらゆる国にお客様を擁しています。 また、CircleCI の評価額は 17 億ドル、3 年間の年平均成長率 (CAGR) は 467% に達しています。600 億ドル規模の CI/CD 市場において、CircleCI は今後もさらなる大成長の可能性を秘めているのです。

最近の Forrester 社の Total Economic Impact™ (TEI) 調査* ( (リンク ») ) によれば、CircleCI プラットフォームを導入した組織では、ソフトウェア開発のビルド全体にかかる時間を 50% 短縮、インフラにかかるコストを 50% 削減、開発者の生産性を 10% 向上できたという成果が報告されています。これらの成果の総計は、正味現在価値 (NPV) にして 1,398 万ドル、投資収益率 (ROI) にして 664% に達するものです。

IVP 社パートナー、Cack Wilhelm 氏は次のように述べています。「誇大広告がつきもののシリコンバレーにおいて、一切の誇張なく成果を上げ続ける企業は希少な存在です。 CircleCI はこれまでも、そしてこれからも、トップクラスのクラウドネイティブ CI/CD プラットフォームであり続けることでしょう。 イノベーションの迅速化を強く求めるお客様のニーズと、ソフトウェア デリバリーに対するニーズとの深い結びつきを背景として、CI/CD 市場は拡大を続けています。そうした市場において、CircleCI は幅広く受け入れられているのです」

ソフトウェア開発チームに対する CircleCI の取り組みは、CI/CD 業界の著名なエキスパートからも信頼を得ています。その一人が、元 Okta 社テクノロジー担当プレジデントにして、CircleCI の取締役会に新しく参加した Hector Aguilar 氏です。

Hector Aguilar 氏は次のように述べています。「ここ数年にわたり、CircleCI は、CI/CD の地位を "あれば便利" な存在から "なくては困る" 存在へと高めるべく力を尽くしてきました。 ソフトウェアが世界のビジネスのバックボーンとなり、CI/CD は高品質を素早く確実にデリバリーするうえで欠かせない存在となりました。 CircleCI チームが開発しているのは、ソフトウェアのテストとバリデーションにおいてテクノロジー業界が抱える最大の課題を解決できるよう細かくカスタマイズされた、世界レベルのプラットフォームなのです」

過去 12 か月において、CircleCI は大幅な成長を遂げました。その概要を以下に示します。

ビジネスの成長


評価額が 17 億ドルにまで上昇。1 億ドルを新規調達 ( (リンク ») ) し、累計調達額は 3 億 1,550 万ドルに到達。
世界初のクラウドネイティブなリリース オーケストレーション プラットフォーム Vamp ( (リンク ») ) を買収。お客様に最高レベルのリリース オーケストレーションと変更検証を提供。
従業員数がほぼ 2倍に増加。9 つのタイムゾーンにわたり 600 名超を世界中に展開。
新たな取締役 3 名が参加。Hector Aguilar 氏 (元 Okta 社テクノロジー担当プレジデント)、Mark Partin 氏 (現 BlackLine 社最高財務責任者、ベテラン財務担当者)、および Stacey Epstein 氏 (現 Freshworks 社最高マーケティング責任者)。
Deloitte 社主催 Technology Fast 500™ ( (リンク ») ) にて、467% の年平均成長率が評価され 242 位にランクイン。
Forbes 社主催 "America’s Best Startup Employers" ( (リンク ») ) および "2021 年度 Timmy Awards の Best Tech Work Culture 部門" ( (リンク ») ) をそれぞれ受賞。 また、Constellation Research 社が世界中のビジネス トランスフォーメーションを主導する取締役から特に優れた 150 名を選ぶ 2022 年度 Business Transformation 150 ( (リンク ») ) に、CircleCI CEO の Jim Rose が選出。


製品のイノベーション


あらゆる業界でソフトウェアをビジネスの軸に据える動きが進んでいることを受け、CircleCI の CI/CD プラットフォームの市場シェアが拡大。ユーザー全体の 1 日あたりの処理ジョブ数は 300 万件を超える。
処理したビルドの総実行時間は 22,800 年を超え、最近のレポート ( (リンク ») ) によるとワークフローの 80% は 10 分以下で完了。 2020 年のみで見ても、CircleCI が処理したビルドの総実行時間は 6,000 年を超える。
開発プロセスの自動化のレベルを引き上げ、エンジニアリング チームのソフトウェア デリバリーのスピードおよびセキュリティを強化する大規模な製品アップデートを実施: Datadog の新ツール CI Visibility にリリース時点で対応する CircleCI Webhook ( (リンク ») )、CircleCI Insights ダッシュボード ( (リンク ») )、CircleCI ランナー ( (リンク ») )、CircleCI Server 3.x ( (リンク ») )、および Arm のサポート ( (リンク ») ) 。
2018 年にリリースされた CircleCI Orb は、導入件数が 160% 増加。 現在、Orb レジストリ ( (リンク ») ) の Orb 登録数は 4,000 を超える。


エコシステムの成長


戦略的パートナーシップの展開を推し進め、現在では Datadog, Inc. (NASDAQ: DDOG)、Sumo Logic (NASDAQ: SUMO)、IBM RedHat、Snyk をはじめとする数多くの企業と戦略的パートナーシップを構築。
Amazon Web Services (AWS) との最高レベルの適合性があることを証明する複数の認定を取得: APN アドバンス パートナー、AWS DevOps コンピテンシー、ATO on AWS パートナー、AWS Marketplace セレクト パートナー ( (リンク ») ) 。
スタートアップのエコシステムに CircleCI を提供できるベンチャー投資家およびアクセラレーター向けのポートフォリオ パートナー プログラム ( (リンク ») ) を展開。


関連リソース


過去 10 年間における CircleCI の歩みと成長の記録はこちら( (リンク ») ) をご覧ください。
10 周年を迎えた CircleCI が今後について語るこちらのブログ記事 ( (リンク ») ) もぜひご覧ください。
CircleCI Web サイトから Forrester Total Economic Impact Study (TEI) ( (リンク ») ) をダウンロード可能です。
Twitter ( (リンク ») ) 、LinkedIn ( (リンク ») )、YouTube ( (リンク ») ) で CircleCI をフォローしてください。

*出典: 2021 年 9 月に CircleCI からの委託を受け Forrester Consulting が実施した調査。

CircleCI について
CircleCI は、大規模なソフトウェア イノベーションのための継続的インテグレーション ( (リンク ») ) & 継続的デリバリー プラットフォームとして市場をリードしています。 インテリジェントな自動化とデリバリー ツールを備えており、世界中の優れたエンジニアリング チームがアイデアを形にするまでの時間を大幅に短縮するために活用されています。 CircleCI は、DEVIES、Forbes の Best Startup Employers of the Year、Deloitte の Technology Fast 500™ など、さまざまな独立調査会社のレポートや業界賞において、クラウドネイティブの継続的インテグレーション分野における革新的リーダーに選ばれています。
2011 年に創業した CircleCI は、サンフランシスコのダウンタウンに本社を置き、世界各地にリモート ワークの従業員を擁するグローバル企業です。ベンチャー キャピタルの Base10、Greenspring Associates、Eleven Prime、IVP、Sapphire Ventures、Top Tier Capital Partners、Baseline Ventures、Threshold Ventures、Scale Venture Partners、Owl Rock Capital、Next Equity Partners、Heavybit、Harrison Metal Capital から出資を受けています。 詳細については、公式 HP ( (リンク ») ) をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]