編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

パイオニア製サウンドシステムがLEXUSのSUV新型 「NX」 に標準装着

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2021-10-07 20:17

2021年 10月7日
報 道 資 料

パイオニアのサウンドシステムが、LEXUSのラグジュアリークロスオーバーSUV新型 「NX」 (2021年11月以降発売予定)に標準装着される「レクサスプレミアムサウンドシステム」として採用されました。

本システムは、レクサス初の高効率バスレフ構造を採用したリアスピーカーやボディ骨格を活用したサブウーファーを含む10個のスピーカーと、当社が長年培ってきた高音質技術に加えて最新のデジタル信号処理技術を搭載した8チャンネルフルデジタルアンプで構成されます。車両コンセプト「Vital x Tech Gear」に基づき、躍動感ある質感の高いクリアな低音再生と、開放的なステージと車室内空間との自然なつながりを実現しています。


■レクサス初の高効率バスレフスピーカー
リアドアに、車室内の音響解析に基づき、ドア上部に中高域スピーカーを、ドア下部に低域の出口であるダクトを最適に配置した高効率バスレフスピーカーを、レクサスで初めて搭載しています。この構造により5.5cmの小口径スピーカーながら16cmフルレンジスピーカー相当の低域再生、同フルレンジスピーカー以上の高域再生が可能になり、一つのスピーカーでより広い帯域再生を実現しています。ドア上部から再生される中高域により高い位置での音像とステージ感を実現すると同時に、ドア下部から再生される低域により量感豊かな低音も実現します。

■レクサス初の車両構造を活用したボックスサブウーファー
バックドア付近に、ボディ骨格の空洞となっている部分(ロアバック)をボックス容積として活用することで、サブウーファー自身のボックスを小型化したボックスサブ―ウーファーを、レクサスで初めて搭載しています。この構造により、大容量ボックスと同じような重低音再生を実現しながら、従来圧迫していた荷室スペースを確保しています。さらに車両剛性の高いロアバックにボックスを取付けることで、躍動感のある質感の高いクリアな低音再生を実現します。

■ハイレゾ音源対応の高性能デジタルアンプ
新開発の8チャンネルフルデジタルClass-Dアンプは、小型軽量化や省電力化を実現しながら、CD音源(44.1kHz/16bit)よりも高音質なハイレゾ音源(96kHz/24bit)の再生にも対応。当社独自の最新音響解析技術を用いた音響チューニングを施すことで、広がりのあるステージ、クリアな中高音、重厚でキレのある低音と洗練された音場空間を創出します。さらに、当社独自アルゴリズムによるアップコンバート機能を搭載し、CD音源だけでなく、圧縮音源(MP3、AACなど)もハイレゾ音源相当の高音質で楽しむことができます。


【レクサスプレミアムサウンドシステム】
8チャンネルフルデジタルClass-Dアンプと10個のスピーカーで構成されたサウンドシステム。当社が長年培ってきた独自の音響技術を活かし、忠実な原音再生を実現しています。


新型NX 車種紹介サイトはこちら :  (リンク »)

車両画像・写真は本リリース用に当社がLEXUSより利用許諾を得たものです。転載、転用を一切禁じます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]