編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

アイレップ、Google Cloud の Service パートナー認定を取得

株式会社アイレップ

From: PR TIMES

2021-10-26 15:47

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小坂洋人、以下アイレップ)は、Google Cloud Partner Advantage プログラムにおいて Service パートナーに認定されましたのでお知らせいたします。



アイレップは、これまでクライアント企業のマーケティング課題に対し、データを起点とした広告事業・ソリューション事業の支援に取り組んでまいりました。そのなかで、Google Marketing Platform との連携において Google Cloud™ を積極的に活用することで、クライアント企業のビジネス課題を解決に導いてまいりました。このたびの認定は、こうした取り組みが評価されたことによるものです。今後は Google Cloud の Service パートナーとして、 Google Cloud に関するサービス(導入支援・コンサルティング・トレーニングなど)を、クライアント企業へ提供することが可能になります。

〔サービス支援 一例〕
・ Google Cloud を活用したDWH(Data Ware House)とダッシュボードの接続により、手動業務の自動化による業務効率化
・ Google Cloud を活用して構築されたデータ基盤を用いて、予測モデルを作成し広告配信に活用

【今後の展望】

このたびの Google Cloud の Service パートナー認定を機に、より高度な施策の実行・支援に取り組んでまいります。また、当社はこれまで Google Marketing Platform の7製品におけるCertified Partnerとしても知見・ノウハウを蓄積してきました。今後は、 Google Marketing Platform と Google Cloud を組み合わせたソリューションサービスのケイパビリティを広げ、一層のサービス拡大を目指してまいります。

[画像: (リンク ») ]

    また、プライバシー保護とマーケティング施策の成果創出を両立させるサービスも提供可能に


アイレップは今後も、デジタル化に伴う市場の変化やクライアント企業のニーズに柔軟に対応し、デジタルマーケティングの推進を統合的に支援してまいります。


■株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

※アイレップは博報堂DYグループの企業です。
※ Google Cloud および BigQuery は Google LLC の商標です。

━━ 会社概要 ━━
【社名】 :株式会社アイレップ
【所在地】:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
【URL】  : (リンク »)
【代表者】:小坂洋人
【設立年月】:1997年11月
【資本金】 :5億5,064万円(2021年3月末現在)
【事業内容】:
・広告代理事業
・ソリューション事業
・クリエイティブ事業
・その他

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]