編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

サービスマネジメントプラットフォーム「LMIS」が、「ITreview Grid Award 2021 Fall」の2部門にて3期連続受賞

株式会社ユニリタ

From: PR TIMES

2021-10-27 16:17



 株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)が提供するヘルプデスク機能を中心としたサービスマネジメントプラットフォーム「LMIS(エルミス)」は、アイティクラウド株式会社(東京都港区、代表取締役社長:黒野源太)が主催するアワード「ITreview Grid Award 2021 Fall」の「サービスデスク・インシデント管理」部門において、認知度ならびにユーザー満足度が非常に高く、多くのユーザーから支持を得ているサービスとして「Leader」を受賞しました。さらに「ヘルプデスク」部門においては、ユーザー満足度が非常に高く、いま注目のサービスとして「High performer」を受賞しました。
 なお、「サービスデスク・インシデント管理」部門における「Leader」の受賞と、「ヘルプデスク」部門における「High performer」の受賞は、3期連続となります。

[画像: (リンク ») ]


■「ITreview Grid Award 2021 Fall」について
 ITreviewでは、ビジネス向けソフトウェア・クラウドサービスについて集まったユーザーのレビューをもとに、顧客満足度や市場での製品認知度が把握できる四象限のマップ「ITreview Grid(アイティレビューグリッド)」を展開しています。
 本アワードは、2018年10月~2021年9月までに掲載されたレビューをもとに、満足度と認知度の高く、多くのユーザーから指示を得ている製品を「Leader」に、満足度が高く、これから注目度が高まっていくことが予想される、いま注目の製品を「High performer」としてそれぞれ表彰しています。
 アワードの詳細: (リンク »)

■ お客様からのコメント
実際に「LMIS」をご利用いただいているお客様から、以下のような評価をいただいています。
・ほぼほぼ直感的に操作できるので、特別なマニュアル無しでも使える。また、レポート機能が充実している
 ので、繰り返し出力するレポートも手軽に作成できる。
・従来は個別にExcelで管理していたイベントを統合して一元管理することかできました。また、エスカレー
 ションされたインシデントについて複数部門で状況を共有することが可能となったことで、作業の効率化や
 導入効果を実感することができました。
・紙で管理してきた各種資料がLMIS上での管理となったことで、効率的な監査が可能となりました。また、
 障害管理において部門を跨いだ迅速な情報共有が実現でき、リアルタイムで関係者全員が障害状況を把握する
 ことができるようになりました。

■「LMIS」について
 「LMIS」はヘルプデスク機能を中心としたサービスマネジメントプラットフォームです。顧客に提供するサービスを適切にマネジメントし、サービスによる課題解決と継続的なカイゼンを実現します。プラットフォームとして、十分な機能と柔軟性を備え、サブスクリプション形式でサービスを提供しており、導入コストと日々のランニング費用を抑えてサービスを利用できます。
 現在、国内大手企業「150社以上」で「12,000ユーザを超える方々」に支持され、その継続利用率は「99%以上」を誇るサービスです。

 LMISの詳細: (リンク »)

                                              以 上

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
【製品・サービス内容に関するお問い合わせ】
株式会社ユニリタ クラウドサービス事業本部ITマネジメントイノベーション部
E-mail:lmis_marketing@unirita.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]