流通・製造・小売業の働き方改革を支援するモバイル端末向け業務テンプレートを提供

株式会社日立ソリューションズ

From: PR TIMES

2021-11-04 16:18

現場管理業務の汎用的な機能やローコード開発のノウハウを提供し、業務効率化を支援

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、マイクロソフト社の「Microsoft Dynamics 365(以下、Dynamics 365)」*1と連携し、流通・製造・小売業の現場管理業務の効率化および働き方改革を支援するテンプレート「モバイル端末向け業務テンプレート for Microsoft Dynamics 365」を、11月5日から提供開始します。



 日立ソリューションズは、世界中の企業にDynamics365を導入し、マイクロソフト社からワールドワイドや日本で、技術やサポートの優れたパートナーとして表彰されています。このたび提供するテンプレートは、そのノウハウを生かし、作業員が現場でスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末を活用する上で、利用頻度の高い標準的な機能を実装しています。企業は自由に機能を組み合わせて導入することが可能です。
 また、ビジネスアプリケーション作成ツール「Microsoft Power Apps」をベースに開発されているため、システム担当者やユーザーでも簡単にデータに接続し、アプリケーションを修正することができます。独自のトレーニングプログラムも提供し、開発の内製化を支援します。
 企業は、これにより、アプリケーションの導入や運用コストを抑え、働き方改革や業務効率向上を実現することができます。
 日立ソリューションズは、今後も企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献していきます。
*1 Microsoft Dynamics 365 Finance およびDynamics 365 Supply Chain Management(旧称:Dynamics 365 Finance and Operations /Microsoft Dynamics AX):販売、購買、会計、サプライチェーン管理、生産管理、プロジェクト会計、流通、小売業向け機能などの企業の基幹業務を中心に豊富な業種業態に対応できるソリューション
[画像1: (リンク ») ]


■ 利用イメージ
(1)小売業の店舗での伝票登録や在庫照会
 店舗の担当者がスマートフォンで簡単に伝票の登録や、在庫を即時に照会することができるようになり、事務処理や手作業の省力化を実現することができます。特定の時間帯に集中しがちな店舗業務の負荷による本部業務への影響も低減することが可能です。
[画像2: (リンク ») ]


(2)小売業の在庫管理の活用
 各店舗に在庫を抱える小売業などでは、店舗の担当者は、スマートフォンで自店舗の在庫照会を行えます。在庫が不足している場合、他店舗の在庫も確認することができます。他店舗から在庫を移動した場合、担当者は入出荷の処理も端末から行うことができます。

■ 背景
 労働人口の減少や事業ライフサイクルが早まる中、AIやIoTなどのデジタル技術を活用し、多様な働き方やさまざまな作業の省力化、データを活用した迅速な意思決定を実現し、生産性向上につなげることが、企業の経営課題となっています。
 従来、流通・製造・小売業では、伝票入力業務や在庫管理、生産管理などは、作業員や担当者がオフィスでシステムに入力してきました。作業員や担当者が現場でデータ入力や更新を行い、そのデータと本社の基幹業務システムを連携して管理することが、企業の迅速な意思決定にとって重要です。
 その一方、企業が業務アプリケーション開発をシステムベンダーに依存していると、導入時だけでなく、修正のたびに外注しなければならず、コストの増大が課題になります。デジタル人財を自社で育成するノウハウがないというのも問題です。
 そこで日立ソリューションズは、世界で多くの企業に利用されているDynamics365と連携し、誰でも簡単にスマートフォンで操作できるアプリケーションを提供するとともに、開発の内製化も支援することにしました。

■ 「モバイル端末向け業務テンプレート for Microsoft Dynamics 365」の特長
1. スマートフォン活用に適したテンプレートを提供
2. 企業のニーズに応じて、自由に機能を組み合わせて短期間で導入
3. トレーニングプログラムを提供し、アプリケーション開発の内製化を実現

■ 提供機能の一覧

[画像3: (リンク ») ]


■ メニュー

[画像4: (リンク ») ]


■ 提供価格  個別見積

■ 販売開始日:2021年11月5日

■ 「モバイル端末向け業務テンプレート for Microsoft Dynamics 365」のホームページ
 URL: (リンク »)

■ 日立ソリューションズグループのMicrosoft Dynamics 事業について
 2021年8月、日立ソリューションズのグループ会社であるHitachi Solutions America,Ltdは、マイクロソフト社から、ワールドワイドに「Dynamics 365 Field Service 2021 Microsoft Partner of the Year Award」を受賞しており、「Dynamics 365 Customer Service Partner of the Year Award」「Dynamics 365 Marketing 2021 Partner of the Year Award」のファイナリストに選定されています。あわせて、日立ソリューションズは、日本マイクロソフト株式会社から、「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」の「Dynamics 365 アワード」を受賞しています。また、2021年9月、大手調査企業エベレストグループによる、「Microsoft Dynamics 365 Services PEAK Matrix Assessment 2021」において、優れたサービス提供能力と市場での影響力を有するグローバルリーダー4社のうちの1社として、日系企業で唯一選定されました。
 日立ソリューションズグループは、グローバル対応力、多数の導入実績、業種知識を生かしたソリューション群、マイクロソフト社とのパートナーシップ、の4つの強みを持っています。これらの強みを生かし、グループ各社とともに、全世界で一貫したグローバルソリューションを提供しています。
URL: (リンク »)

■ 商品・サービスに関するお問い合わせ先
 URL: (リンク »)

※ Microsoft、Dynamics、Dynamics365、Power Apps、Power Platformは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]