編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

帝京大学とアクセンチュア 大学の全学改革に向けて協業

アクセンチュア株式会社

From: PR TIMES

2021-11-04 18:48

育成すべき人材像を中心に据えた抜本的な教育改革と、学問領域の枠を超えた知の連携を促進する次世代型大学運営

【東京発:2021年11月4日】
学校法人帝京大学(所在地:東京都板橋区、理事長・学長:冲永 佳史)とアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセンチュア)は、帝京大学の建学の精神に基づいた教育の質保証に向けて、育成すべき人材像を中心に据えた抜本的な教育改革と学問領域の枠を超えた知の連携を促進する次世代型大学運営の実現に向けて、全学改革において協業することを発表します。



[画像: (リンク ») ]

本協業において帝京大学とアクセンチュアは、本学の実務面での視点で設計されていたカリキュラムを抜本的に見直して、育成したい人材像から逆引きしたカリキュラムを作り上げることで教育の質の向上につなげ、社会で求められる実践的な人材育成を目指します。なお、この新たなアプローチはアクセンチュアが持つ、主に民間企業を対象とした人材・組織改革サービスで培ったさまざまなノウハウを高等教育機関にまで拡大させるものです。育成人材像から逆引きした教育改革は、近年、文部科学省及び中央教育審議会においても提唱されているものであり、一部の先進的な国立大学から段階的な取り組みが始まっています。このたび本学では、アクセンチュアとの協業により、教育改革を加速度的に推進していきます。

また、現代社会が抱える幅広い課題の解決に寄与するためには、人文科学的観察と自然科学的分析の文理融合によるアプローチが不可欠です。本学では、これまで学部・学科、部門間で閉じがちだった人事評価制度を含む人材マネジメントシステムを抜本的に見直し、共通の指標のもとに一元的な人材管理、人材活用の最大化を進めます。これによって、文理合わせて10学部32学科という幅広い学問の枠を超えた有機的なコラボレーションによる研究力の向上を目指します。アクセンチュアの支援のもと、全学共通となる教務基幹システムを作り上げることで、学生サービスや学生管理における学部間のばらつきを是正し、最適なサービスを学生・教員に提供できるようなサービス基盤を構築します。さらに、デジタル技術を活用した学生の成長の可視化や、インテリジェントオペレーションなどの手法を用いた全学的な組織運営の効率化も検討していきます。

本学 理事長・学長 冲永 佳史は、「昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴うパンデミックでは、先進諸国であっても大半の国は、今までとは大きく異なった状況で生活することを余儀なくされ、こうした状況下では、仕事の進め方、あり方が変化し、情報技術とその社会実装が必然的に加速化され、産業構造や人々の暮らしは少なからぬ変化を求められてきました。そうした中、本学においても、その変化に柔軟に対応していくことのできる人材を育成することは最重要課題であり、そのために教育改革を更に一歩進めることを決断しました。また、社会が抱えている問題を払拭し、将来的に持続可能な社会の創造に寄与する人材の育成が大学の役目であると捉え、そのために必要な知見の蓄積と学内文化を醸成すべく、デジタルトランスフォーメーションによる進化したIT技術を浸透させつつ、より良い次世代型大学運営へと変革させることは急務です。今回、アクセンチュアとの協業は、本学の将来において必要不可欠な連携協定です」と述べています。

アクセンチュア 常務執行役員 公共サービス医療健康本部 統括本部長 後藤 浩は、次のように述べています。「これからの社会に求められる人材の育成を中心に据え、カリキュラム設定から組織制度まで、大学教育の在り方の抜本的改革を支援できることに大きな意義を感じています。民間企業では人材育成やリスキルのニーズが急速に広まる中、アクセンチュアでは国内外でデジタル人材育成などの経験やノウハウを培ってきました。その豊富な知見を高等教育機関まで拡大し、実践力を備えた、社会に貢献する優れた人材の輩出と、研究力の向上、大学運営の効率化に貢献します。今回の先進的な取り組みを皮切りに、帝京大学のみならず、次代の日本の競争力強化に資する取り組みにさらに尽力してまいります」

帝京大学について
帝京大学は、1966年に東京都八王子市に開学しました。当初は文学部国文学科・英文学科、経済学部経済学科の2学部3学科、学生数200人から始まり、時代の変遷とともに学び舎としての可能性を広げてきました。生まれ持った個性を最大限に生かすべく知識と技術を身につけ責任をもった行動ができる人材の育成をめざすため教育理念として「自分流」を掲げ、教育指針として「実学」「国際性」「開放性」を定めています。2016年6月に創立50周年を迎え、各界で活躍する卒業生は15万人におよびます。現在では、板橋、八王子、宇都宮、福岡、霞ヶ関と5つのキャンパスを展開し、10学部32学科11研究科、在籍学生数約2.3万人を有する総合大学へと成長しています。2012年に板橋キャンパスのリニューアル、2014年に福岡新キャンパスの開設、2018年に八王子キャンパスの新校舎が竣工するなど、新しい時代のための環境整備が確実に進んでいます。帝京大学の詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは62万4,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細は (リンク ») を、アクセンチュア株式会社の詳細は (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]