編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ドリーム・アーツ、電子帳簿保存法の改正を前に急増する「SmartDB」活用ニーズに応えるご相談会を開催

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2021-11-09 10:00

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、2022年1月に改正される電子帳簿保存法において、電子取引の証跡を紙に出力して保存することが認められなくなることから、「SmartDB(R)(スマートデービー)」を活用した電子帳簿保存法対応に関する相談が急増していることを背景として、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」活用法のご紹介セミナーおよびご相談会を2021年11月16日に開催します。



■電子帳簿保存法の改正を目前に、「SmartDB」活用ニーズが急増
ドリーム・アーツでは、「デジタルの民主化」を提唱し、業務に精通する現場部門(非IT部門)自らが実現する業務デジタル化の取り組みを推進しています。
「SmartDB」は、ノーコード・ローコードで大企業の業務デジタル化を実現するクラウドサービスです。稟議書などの承認ワークフローから、新商品開発やヒヤリハット管理のような業務まで、あらゆる業務をデジタル化するためのワークフローとWebデータベース機能を高度なレベルで備えています。また、「SmartDB」はタイムスタンプ機能(※)を備えており、厳正な管理が求められる電子帳簿保存法の要件に対応できます。

【「SmartDB」で実現できる業務例】
・稟議申請などの承認ワークフロー
・注文書や請求書、取引基本契約書などの文書管理
・新商品開発や新店舗開発などのタスク管理
・店舗修繕依頼など外部業者への発注を含むプロセス管理
・「お客様の声」管理やクレーム管理などの案件管理

2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正において、電子取引の証跡を紙に出力して保存することが認められなくなることから、電子取引にかかるデータ管理およびワークフローを「SmartDB」にてデジタル化するニーズが急速に高まっています。そこでドリーム・アーツでは、電子帳簿保存法対応に向けて「SmartDB」を活用したい方向けに、「SmartDB」活用方法ご紹介セミナー&ご相談会を開催します。
※セイコーソリューションズ株式会社の提供するセイコートラストサービスとの連携により実現


 【基幹システムとの連携イメージ】

[画像1: (リンク ») ]



<オンラインセミナーの開催について>
セミナー名 : 電子帳簿保存法改正にもバッチリ!「SmartDB」活用法ご紹介&ご相談会
開催日時 : 2021年11月16日(火) 15:00~16:00
開催方法 : オンライン(Zoom)
参加費 : 無料(先着80名まで)
お申し込み : (リンク »)
主催 : 株式会社ドリーム・アーツ、セイコーソリューションズ株式会社


■セイコーソリューションズ株式会社 デジタルトランスフォーメーションサービス企画統括部 
 統括部長 中嶋 勝治氏からのコメント
これまで大企業の業務デジタル化に関して数々の実績をもつドリーム・アーツの「SmartDB」が、弊社のセイコートラストサービスを組み込むことで電子帳簿保存法に対応されたことを、心より歓迎いたします。
「SmartDB」は、一般的なクラウドサービスと一線を画した、大企業に求められる高度な承認ワークフローや文書管理、緻密なアクセスコントロールを兼ね備えており、弊社のタイムスタンプ・電子署名を組み合わせたセキュリティ基盤「セイコートラストサービス」とも高いシナジーを生むことができると考えています。今後、「SmartDB」とセイコートラストサービスの連携によって、大企業における業務デジタル化および電子帳簿保存法対応のスピードアップ、業務改善・効率化に貢献できることを確信しています。


ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。
[画像2: (リンク ») ]



SmartDB(スマートデービー)について 
(リンク »)
「SmartDB」は、大企業向け業務デジタル化クラウドです。現場個別の業務から全社共通業務まで、ノーコード・ローコードでだれもがクイックにデジタル化できます。複雑な業務プロセスに対応するワークフロー機能、データ蓄積はもちろんダイナミックで緻密なビュー制御をもつWebデータベース機能を備え、大企業に必要なきめ細やかな権限設定や高度なセキュリティ要件にも対応しています。
三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。
サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。

株式会社ドリーム・アーツについて
(リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]