編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

最先端マシンビジョンの技術展示会「国際画像機器展2021」に出展

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2021-11-24 17:17

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、2021年12月1日(水)から3日(金)までパシフィコ横浜で開催される「国際画像機器展2021」に出展します。



「国際画像機器展2021」は、国内最大・最先端のマシンビジョンが集う展示会です。キヤノンITSは、30年以上にわたりカメラ、画像処理ボード、ソフトウェアを組み合わせた画像処理ソリューションをさまざまな製造現場に提供し、お客さまの抱える課題を解決してきました。

本展示会では、昨年発売し好評を博している産業分野で活用するハイパースペクトルデータ処理ソフトウェアやディープラーニングを活用した最新の画像処理技術、xR活用ソリューションなどを紹介します。


[画像1: (リンク ») ]

■開催概要
・開催日時: 2021年12月1日(水)~3日(金)10:00~17:00
・会  場: パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)展示ホール D No.13
・統括主催: アドコム・メディア株式会社
・入場方法: 登録制(事前・当日) (リンク »)
・入 場 料: 無料

■出展製品
1)キヤノンITS社製 AIエンジン「LaiGHT」/ ドイツ Baumer社製 防水防塵AIスマートカメラ
<デモ内容>:右手・左手の識別と、手の骨格推定デモ
[画像2: (リンク ») ]

2)HMS社製 AIスマートカメラ「SiNGRAY」
<デモ内容>AIスマートカメラを使った「人検知デモ」
[画像3: (リンク ») ]


3)キヤノンMRシステム「MREAL」・MR用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」
<デモ内容>「MREAL S1」を活用した、現実映像とC Gを融合したMR世界の体験
[画像4: (リンク ») ]



その他、ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア「fluxTrainer」、画像処理ソフトウェア「MatroxImagingLibrary(MIL)」のディープラーニング機能を活用した「豆の分類・格付け」デモ、今回初出展となる、カナダMatrox社製 AIスマートカメラの新製品「IrisGTXシリーズ」も展示します。

<キヤノンITソリューションズの提供するエンジニアリングソリューション>
ものづくり企業としての生い立ちを生かし、長年の研究開発で培った先端技術を強みに、お客さまのニーズに最適なソリューションをワンストップでご提供しています。業務に役立つ多様な商品群や最新のITスキルを駆使した付加価値サービスとともに、お客さまのビジネスと社会の発展に貢献できるエンジニアリング事業の拡大を推進していきます。
[画像5: (リンク ») ]



●報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先
エンジニアリングソリューション事業部 企画部
03-6701-3568(直通)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]