編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

絵本『まっくろ』刊行記念 高崎卓馬×黒井健オンライントークイベント12月13日開催

株式会社講談社

From: PR TIMES

2021-11-26 17:17

「子どもも大人も、こころに思ったものを描くために」

2021年12月13日(月)20:00~
本屋B&B



[画像1: (リンク ») ]


子どもの想像力を描いた絵本『まっくろ』は、アマゾンや楽天ブックスの絵本ジャンルで堂々の1位に輝くなど、今、注目を集めています。
2002年、あるCMを見た絵本作家の黒井健さんは、ぐっと心をつかまれました。机に向かって、くる日もくる日も画用紙を黒くぬりつぶす男の子の姿。いったいこの子のなかでは何がおきているのか?
このCM「imagination/クジラ 子供から創造力を奪わないでください」(ACジャパン)は、アジア太平洋広告祭グランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、クリオ賞銅賞、ニューヨーク ADC賞銀賞などを受賞し、当時、大人たちに衝撃をあたえました。
それから20年。CM制作者であり絵本の文を担当した高崎卓馬さんと、絵を描いた黒井健さんのお二人によるトークイベントが実現します。広告業界と絵本業界、各々異なるクリエイティブの世界でご活躍されるお二人が、人間の想像力や可能性について語り合います。
業界でも異例の歳月をかけて取り組んだ、絵本化への試行錯誤とは? 一冊にこめられたストーリーやメッセージとは? 大人になっても想像力を広げるクリエイターお二人の、これまで語られることのなかった制作秘話や本音トークにもご期待ください。

【出演者プロフィール】
[画像2: (リンク ») ]


●作・高崎卓馬(たかさき たくま)
1969年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。クリエーティブ・ディレクター、小説家。ACジャパン創設30周年CM「 IMAGINATION/WHALE」で海外の広告賞を多数受賞。小説に『はるかかけら』『オートリバース』などがある。
[画像3: (リンク ») ]


●絵・黒井健(くろい けん)
1947年、新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『あのね、サンタの国ではね…』「ころわん」シリーズなどがある。2003年山梨県の清里に「黒井健絵本ハウス」を設立。

【イベントの詳細・ご予約】
(リンク »)

※本イベントはリアルタイム配信と見逃し配信(1ヶ月間)でご参加いただけるイベントです。

※参加費
■配信参加 1,650yen(税込)
■配信参加+おふたりのサイン入り書籍(『まっくろ』)1,650yen+1,760yen(税込)
■配信参加+サインなし書籍(『まっくろ』)1,650yen+1,760yen(税込)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]