編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「SmartDB(R)︎」 ノーコードツールとして世界初のダイナミック・ブランチ機能(特許出願)を実装

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2021-11-29 11:18

“市民開発”の対象範囲が3倍、個別スクラッチ開発領域も内製化が可能に

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたび大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)︎(スマートデービー)」の最新バージョンで、ノーコードツールとして世界初(※1)となるビジネス・デジタルツインを実現する「ダイナミック・ブランチ機能」を実装し、2021年12月1日(水)より提供開始することをお知らせします。 なお、「ダイナミック・ブランチ機能」の中核となる機能およびアーキテクチャは特許出願中です。



■業務デジタル化を、部分最適から現実世界の投影レベルへ
企業では、DX(デジタルトランスフォーメーション)や業務効率化を目的として、クラウドサービスをはじめとする新たなシステムの導入・活用が広がっています。 一方、部分最適で増殖した個別システムが乱立し、本来つながりのある業務同士が技術的な制約により分断されるなどさまざまな課題も発生。 現実の業務はその周辺業務との密接な連携・連鎖と階層構造で成立しているため、存在する業務プロセス全体をスピーディーにデジタル化することは、今や企業のデジタル活用における重要成功要因の1つです。

[画像1: (リンク ») ]


SmartDB(R)︎で開発した業務アプリ同士の高度な業務連鎖・階層化は、「ダイナミック・ブランチ機能」により極めて容易にノーコードで実現可能となりました。 個別の現場で開発された業務アプリも部門間や役職間の壁を越えて連携させ、組織全体の複雑な業務モデルをそのままデジタル上に再現。 「ダイナミック・ブランチ機能」は、現実世界の業務をデジタル上に投影するビジネス・デジタルツインを実現します。

[画像2: (リンク ») ]


■“市民開発”の対象範囲は3倍、個別スクラッチ開発領域も内製化が可能に
これまで部門を越えた大規模な業務システムは個別のスクラッチ開発でしか実現できず、多くの企業が外部の大手SIerなどに委託・依存してきました。 「ダイナミック・ブランチ機能」は、これまで個別のスクラッチ開発でしか実現できなかった領域もSmartDB(R)︎を活用してノーコードでの内製化を可能にします。 これにより現場部門(非 IT 部門)が主体となった“市民開発”の対象範囲は従来の約 3 倍にも広がり、ドリーム・アーツが提唱する「デジタルの民主化」の推進にも大きく貢献します。

■ダイナミック・ブランチ機能の概要と対象業務の例
「ダイナミック・ブランチ機能」の画期的な付加価値は、SmartDB(R)︎の高性能な大企業向けワークフローエンジンやWebデータベース機能と密接に連携させることで実現しました。 次の4つの中核的な事項により、従来のエンジニアによるスクラッチ開発と煩雑なアプリの運用管理を、極めて容易かつ敏速にノーコードで実現できます。 これによりエンドユーザー(非エンジニア)自身での高度な業務デジタル化を可能とし、大企業における「デジタルの民主化」を強力に支援します。

・業務アプリ/ドキュメント同士での多階層の親子関係(複数も可)を設定 
・親子関係のある業務アプリ/ドキュメント間での多段参照・集計等の多様なデータ連携
・親子関係のある業務アプリ/ドキュメント間での動的な権限制御
・複雑で多階層な業務アプリを動的に制御し大規模なデータ運用・管理を自動化

[画像3: (リンク ») ]


■株式会社ドリーム・アーツ 取締役 執行役員CTO 石田 健亮からのコメント
これまでのデジタル化は、データ構造、アルゴリズム、メモリ・CPUといったシステムの都合にあわせて現実をモデル化するしかありませんでした。 「ダイナミック・ブランチ機能」によって従来の方法に囚われず、システムの専門家でなくとも実際の組織の構造、業務の流れをそのままデジタル空間に反映することが可能になりました。 しかもエンタープライズ領域で長年培われたドリーム・アーツの技術ノウハウにより、一切のパフォーマンス劣化無くこれを実現しています。
また、この「ダイナミック・ブランチ機能」はα版の段階からユーザーとの緊密な対話と協力関係によって「デジタルの民主化」を実現するための機能としてデザインしてきました。
大企業の「デジタルの民主化」は今後より重要な経営課題となります。 ユーザーとの対話によって磨かれた SmartDB(R)︎がこれを実現することで、DXへとつながる本質的土台になっていくことを期待します。

■価格について
SmartDB(R)︎は、500名まで月額500,000円(税抜)でご利用可能です。 501名以上は個別お見積りとなります。 本機能はSmartDB(R)︎をご利用のお客さま(※2)であれば、標準機能として利用でき、追加料金は発生しません。 また、2021年12月1日(金)より提供開始します。


ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。


※1 ドリーム・アーツ自社調べ
※2 SmartDB(R)︎をDCS版、オンプレミス版、SmartDB(R)︎オンデマンド版、SmartDB(R)︎ SL版でご利用のお客さまは、2022年1月にリリース予定のVer.5.2以降でご利用いただけます。

[画像4: (リンク ») ]




SmartDB(R)︎(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)︎は、大企業向け業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社共通業務まで、ノーコード・ローコードでだれもがクイックにデジタル化できます。 複雑な業務プロセスに対応するワークフロー機能、データ蓄積はもちろんダイナミックで緻密なビュー制御をもつWebデータベース機能を備え、大企業に必要なきめ細やかな権限設定や高度なセキュリティ要件にも対応しています。
三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。
サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)︎」、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。




プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]