編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

eギフト販売システム「eGift System」をB.LEAGUE所属プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」に提供

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2021-12-02 18:18

~ スポーツ観戦のeギフト化を目的とした実証実験の一環として「川崎ブレイブサンダース クラブ応援グッズ付き ペア観戦チケット」を2021年12月2日(木)より「giftee」で販売開始 ~



[画像1: (リンク ») ]

 eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下、ギフティ)は、B.LEAGUE所属のプロバスケットボールクラブ、川崎ブレイブサンダースを運営する株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:元沢 伸夫)に eギフト販売システム「eGift System」(※2) を導入いただき、川崎ブレイブサンダースのゲーム観戦でご利用いただけるeギフト「川崎ブレイブサンダース クラブ応援グッズ付き ペア観戦チケット」を、2021年12月2日(木)より、ギフティが運営するWEBサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」(※3) にて販売開始いたしましたので、お知らせいたします。なお、本件は、ギフティおよび川崎ブレイブサンダース両社で取り組む実証実験の一環であり、スポーツ観戦のeギフト化の実証を目的とした取り組みです。

 ギフティは、『eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する』というコーポレートビジョンのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」、また、eギフトを活用した法人向けサービス「giftee for Business」(※4)、自治体・地域課題を解決するデジタルプラットフォームサービス「e街プラットフォーム」(商標登録申請中)の4サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。

 川崎ブレイブサンダースは、1950年のクラブ創設以降70年以上にわたり川崎市をホームタウンとして活動する「B.LEAGUE」所属のプロバスケットボールクラブです。前身の東芝バスケットボール部時代を含めてリーグ優勝4回、そして、2021年3月13日には7年ぶり4回目となる天皇杯優勝を達成しました。今季キャプテンを務める藤井祐眞選手は2年連続のリーグ個人賞3冠を受賞、2023年W杯に向けた日本代表候補にも選出されました。その他篠山 竜青選手、2018年に帰化したニック・ファジーカス選手をはじめ日本代表経験のある選手も数多く在籍しています。

 川崎ブレイブサンダースとの協業は、2021年7月にチームに協賛したことを皮切りにスタートしました。ギフティは、兼ねてよりスポーツ観戦のeギフト化のニーズの探索や業界横断で活用可能な汎用的なシステムの構築を模索して参りました。B.LEAGUEは、プロスポーツリーグの中でも特にエンターテインメント性が高いことに加え、観戦チケットの販売権やシステム面などからも連携が進めやすくeギフトとの親和性が高いと判断したことから、今回の実証実験をはじめとした川崎ブレイブサンダースとの協業を決定いたしました。

 この度の実証実験の一環として販売を開始した、「川崎ブレイブサンダース クラブ応援グッズ付き ペア観戦チケット」は、川崎ブレイブサンダースのホームゲーム観戦時にペアシートとしてご利用いただけるeギフトです。券種は、ペアチケット1種類で9,700円~(試合ごとに設定される対象席種・応援グッズによって価格が異なります)で販売しており、eギフトに添えることのできる川崎ブレイブサンダースの選手やロゴ、マスコットなどをデザインしたデジタルのギフトカードも3種類ご用意しております。販売期間は、実証実験の期間中である2021年12月2日(木)~2022年4月10日(日)の間で、期間中全22試合、1試合につき6席(3ペア)のeギフトを販売しております。なお、今回の実証実験で販売するチケットは、全て応援グッズ付きの観戦チケットです。ゲーム日程を選択後に表示されるパスコード画面を会場で表示いただくと、川崎ブレイブサンダース応援グッズと引き換えることができ、手ぶらでも来場されても観戦を楽しんでいただけます。

 eギフトの購入者は、「giftee」から販売対象となるゲーム日程のeギフトを購入し、ご家族やご友人にLINEやメールなどでURLとしてお贈りいただけます。eギフトを受け取られた方は、受け取ったeギフトの券面からゲーム日程を選択するページに遷移し、来場するゲーム日程を選択、日程確定後に観戦チケットと引き換えが可能なパスコードが発行されます。パスコード発行後、Bリーグチケット引換専用ページからチケットを取得できます。観戦当日は、引換専用ページから取得した「スマホチケット(モバイルIDチケット)」もしくは、紙チケット(eチケットpdf)を提示いただきご入場ください。(※チケットのお引換にはBリーグ会員登録(無料)が必要です)

 ギフティは、この度の実証実験を契機に、スポーツ観戦eギフトの実運用に向け、探索、実証を進めるとともに、eギフトの適用領域をスポーツ業界をはじめ拡大しあらゆる物がギフトとして贈れる世界を目指します。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組むeギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です
(※2) eGift Systemとは、ギフティが法人向けに提供するeギフトおよびeチケット販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフト/チケットサービスを運用することができます
(※3) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです
(※4) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けサービスです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます

【 川崎ブレイブサンダース クラブ応援グッズ付き ペア観戦チケット 概要】
販売ページ
「giftee」販売ページ: (リンク »)
販売期限
2021年12月2日(木)~2022年4月10日(日)
券種・価格
ペアチケット+川崎ブレイブサンダース応援グッズ 9,700円~
※席種は「アリーナ ベンチ向かい側(North)」もしくは「2F前段(Southエンド)」となります
※応援グッズの組み合わせ、および販売価格は対象試合によって異なります。「giftee」販売ページよりご確認ください
※川崎ブレイブサンダース応援グッズは、eギフト利用者に会場でお渡しいたします
※そのほか仕様・注意事項は「giftee」販売ページをご参照ください
販売対象の日程および販売予定日

[画像2: (リンク ») ]



eギフトおよびオリジナルギフトカードイメージ

[画像3: (リンク ») ]

■ 株式会社ギフティについて
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田2丁目10−2 東五反田スクエア12階
設立: 2010年8月10日(サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,849百万円(2021年9月末時点)
代表者: 代表取締役 太田 睦、鈴木 達哉
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
     1. カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
     2. 法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」サービスの展開
     3. eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」
      サービスの展開
     4. 自治体・地域課題を解決するデジタルプラットフォームサービス
      「e街プラットフォーム」サービスの展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
    giftee (リンク »)
    giftee for Business (リンク »)
    e街プラットフォーム (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]