編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

インバウンド向けや相馬野馬追の配信を成功させた秘訣とは?コロナ禍でこそ、地域の観光資源のライブ配信を ~12/14(火)「日観振セミナー2021」にてC&R社プロデューサーが講演~

株式会社クリーク・アンド・リバー社

From: PR TIMES

2021-12-02 18:00

プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)の映像・企画プロデューサー 桑野和之は、公益社団法人日本観光振興協会(以下 日観振)が、12月14日(火)に開催するセミナー「Resilienceな観光とPresence向上を目指して~」に登壇し、「ライブ配信で地域観光資源の新たな掘り起こし」をテーマに講演いたします。

▼本セミナーの詳細・お問い合せは
(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]


2020年、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大によって、海外から日本への渡航は途絶え、インバウンド消費はほぼゼロという状況*iに陥りました。そして2021年、何度かの緊急事態宣言を乗り越え、感染の落ち着きとともに国内観光需要が戻りつつあるものの*ii、新たな感染も危惧されるなど、復活までは道半ばという状況です。

そのような中、日観振は将来を見据えた観光を考える取り組みとして、地域の魅力発信や、新たな価値創造をはかる企業マッチングなど、複数のプログラムを網羅した本セミナーを開催します。

C&R社は、クリエイティブの力で地方や国内の魅力を創造する事業に注力しており、本年だけでも相馬野馬追の3日間連続ライブ配信や、シンガポール向け動画配信、地域復興のための支援など、テレビ番組制作技術やSNS活用ノウハウ、コンサルティング力を活かした様々な事業を展開しております。

今回のセミナーでは、これらを企画・プロデュースした桑野が登壇し、コロナ禍はもちろん、コロナ後でも有効なライブ配信による地域の観光資源の掘り起こし方法や実例について講演いたします。ぜひ、ご参加ください。

*i日本政府観光局(JNTO)資料より : (リンク »)
*ii観光庁報道発表資料より : (リンク »)


日観振セミナー2021「Resilienceな観光とPresence向上を目指して~」概要

■日時
2021年12月14日(火) 10:00~17:30
※C&R社は16:15~登壇予定

■開催方法
ライブ配信(Zoomウェビナー)

■申し込み
次のサイトよりお申し込みください。
(リンク »)
※定員に達し次第、お申し込みは締め切りとさせていただきます。
※申し込み後送付するURLは、他者と共有や、複数の端末から同じURLでの視聴はできません。視聴をご希望の方は各自お申し込みください。

■参加費
無料

■定員
500名

■主催
公益社団法人日本観光振興協会

▼本セミナーの詳細・お問い合せは
(リンク »)


■ 株式会社クリーク・アンド・リバー社 登壇者
講演タイトル:「ライブ配信で地域の観光資源の新たな掘り起こしを!」

[画像2: (リンク ») ]

株式会社クリーク・アンド・リバー社
映像・企画プロデューサー 桑野和之

<プロフィール>
関西のテレビ番組制作会社で情報番組・バラエティ番組の制作ディレクターを担当。インターネットの普及に伴い、映像を使った新たなビジネス展開を目指し、カメラ技術、編集技術、ネット技術などを習得。 2012年、関西から東京へ。マレーシア、シンガポール、台湾などアジア各国とのドキュメンタリー番組共同制作にも関わる。 現在は、クリーク・アンド・リバー社にて、文化庁、観光庁、経済産業省などのコンテンツ制作の企画、プロデュースを行いながら社内・社外のネット配信において、企画営業から現場まで幅広く対応。
◆オンラインイベント撮影・配信サービス (リンク »)


===========================

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
社名:株式会社クリーク・アンド・リバー社
本社:東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
設立:1990年3月
代表者:代表取締役社長 井川幸広
グループ拠点:東京(本社)・大阪・札幌・仙台・福島・大宮・横浜・船橋・高崎・金沢・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/ソウル・上海・北京・ロサンゼルス
事業内容:映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、食、コンピュータサイエンス、ライフサイエンス、舞台芸術、CXO、アスリート、アグリの18分野でプロフェッショナルに特化したエージェンシー(派遣・紹介)、プロデュース(請負・アウトソーシング)、 ライツマネジメント(知的財産)事業を展開。プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造している。
U R L: (リンク »)
(リンク ») (公式SNS一覧)
(リンク ») (映像しごと.com)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クリーク・アンド・リバー社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]