編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

YOYOGI MORI新ブランド「YUE」発表

YOYOGI MORI

From: PR TIMES

2021-12-02 18:24

2021新モデル「霞花」発売を記念して、YUE 初VR個展「月冴ゆる」同時開催

VRにおける3Dキャラクター表現を追求するデザイナー達が、各々の世界観を発表するアバター服飾ブランド「YOYOGI MORI」は、8番目となるファッションブランド「YUE」によるVRC対応アバター「霞花(読み方:カスカ)」を2021年12月2日発売いたします。
また、ブランドデザイナーYUEによるVR個展「月冴ゆる」を同時開催いたします。



[画像1: (リンク ») ]



ブランドYUEとは

アーティストYUEによるオリジナルのVR服飾ブランドです。YUEの描く、繊細な情緒を花鳥や魚を交え表現する作風からの奥深い人間表現を、アバターにおいて再現することを目指しています。


VRC対応アバター「霞花」とは


[動画: (リンク ») ]

ブランドYUEの和装を纏った成人女性のモデルです。キャラクターアート的な美術を意識しつつ、人間的な魅力と存在感の掘り下げを目指しました。

YUEの画風かつ和装を実現させるため、メインのモデラ―にYY_3dcgを迎え、クオリティの高い仕上がりとなっております。着物柄はYUEによる手描き柄を使用し、機微に富んだ表情も特徴です。


[画像2: (リンク ») ]

・内容:VRChat対応3Dモデル(※VRM形式は追って対応)
・発売日: 2021年12月2日(木)
・価格: 55,000円(税込)
・仕様: VRChat Avatar3.0セットアップ済、UnityのHumanoid形式に対応、フルトラッキング対応、同梱素体から着せ替え可能
・販売場所: BOOTH( (リンク ») )
・製品内容:アバター「霞花」、素体、衣装×サイズS L、面頬、帯結び×6点、オリジナルアニメーション×9点、専用シェーダー「YM TOON」、改変用テクスチャ、セット済み表情30種、表情シェイプキー×151点


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

・初回特典:2021年12月2日(木)~2021年12月23日(木)まで、設定画+描き下ろしアート+面頬(白配色)を製品に同梱


[画像5: (リンク ») ]

〇デザイナー YUE(@memento1113)
札幌市在住イラストレーター
ゲームイラスト・CDジャケット・メイキング本・アパレルイラストコラボ・商品パッケージイラストなど国内外問わず活動中。全国各地にて展示や同人誌即売会にも参加。鳥がすき。

〇モデラ― YY_3dcg(@YY_3dcg)
東京都在住3DCGデザイナー
キャラクターの作成に特化し、その中でもリアルなデジタルヒューマンを追求している。現在はフリーランスとして活動中。



VR個展「月冴ゆる」とは


[画像6: (リンク ») ]

VRChat内のYOYOGI MORI展示ワールドに新設した会場にYUEの新作・旧作の作品を展示した、YUEによる初VR個展です。会場はYUE SHOP( (リンク ») )と連動しており、展示商品を購入することも可能です。

会期:2021年12月2日(木) 18:00 ~ 2021年12月23日(木)
会場:VRChat 内ワールド「YOYOGI MORI Avatar World」展示会場2

下記リンクより「LAUNCH WORLD」でVRChatを起動し、エントランスワールドへ。
ワールド内の展示会場2の入口ポータルより展示会場にお越し下さい。
VRChatワールド:YOYOGI MORI Avatar World – Entrance( (リンク ») )
[画像7: (リンク ») ]



YOYOGI MORIとは


2020年5月より、3Dアバター服飾「Virtual wear」の名のもと、デザイナー×モデラ―から生み出されたブランドを発信しているサークルです。現在は「imiut」「KRONOS」「Forget-me-not」「ALDMIX」「FUYUMIDORI」「Undone Kittens」「JUMPY」そして、今回の「YUE」とテイストの異なる8つの服飾ブランドを擁しています。
それぞれのブランドは、個別のデザイナーとモデラ―の組み合わせから構成され、ブランドを代表したアバターが存在します。さらにアバター制作工程だけでなく、モーション、宣伝映像制作なども含めて、映像やゲーム等、多方面から関わるデザイナー達から構成されたYOYOGI MORIというチームで活動をしております。
すべてのアバターは素体・服飾それぞれにYOYOGIMORIが独自開発した共通規格を持ち、アバターは別ブランドに簡易に着替えることが可能です。
[画像8: (リンク ») ]

公式SHOP(BOOTH): (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)
活動情報(pixivFANBOX): (リンク »)

※(株)典樹は、アニメやゲーム業界でのキャラクター制作をしている、YOYOGI MORI主宰の典樹が代表のデザイン会社であり、YOYOGI MORIの事務まわりも担当しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]