編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

STEAM教育対談セミナー12月17日開催!STEAM先進校・新渡戸文化学園の教科横断型プログラミング教育実践とは<オンライン開催>

しくみデザイン

From: PR TIMES

2021-12-03 11:10

株式会社しくみデザイン(本社:福岡市博多区、代表取締役:中村俊介、以下「しくみデザイン」)は、プログラミング授業支援サービス「Springin’ Classroom」にて新たに提供を開始したSTEAM教育教材のリリース記念として、STEAM先進校・新渡戸文化学園の山内佑輔氏としくみデザイン代表・中村俊介の対談セミナーを2021年12月17日(金)にオンラインで開催いたします。




[画像1: (リンク ») ]




セミナー概要

しくみデザインは、創造的プログラミングアプリ「スプリンギン」を使ってプログラミングの授業を行うことができる塾・教室・学校の指導者向け授業支援サービス「Springin’ Classroom(スプリンギン クラスルーム)」で新たに探究・創造・表現の楽しさを学べる4歳~8歳の生徒を対象としたSTEAM教材「つくるをたのしむレシピ
ー芸術・表現編ー」の提供を2021年11月30日に開始いたしました。

この提供開始を記念してSTEAM・プログラミング教育をテーマに、STEAM教育を先進的に実践し、キッズデザイン賞の最優秀賞である内閣総理大臣賞を受賞した新渡戸文化学園で、STEAM教育を実践されている山内佑輔氏と創造的プログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」を開発した、しくみデザイン代表で芸術工学博士の中村俊介の対談セミナーを12月17日(金)19:00-20:30にオンラインで開催いたします。



セミナー内容

<こんな方にオススメのセミナーです>
・STEAM教育の実践事例について知りたい方
・教科にとらわれない新渡戸文化学園の先進的な取り組みにご興味がある方
・4~8歳から始められるプログラミング授業実践について知りたい方

全世界で注目され、現在は文部科学省も本格的に推進を始めたSTEAM教育。
生徒たちの探究心を育て、様々な教科を横断して創造力や問題解決力がつくと多くの教育関係者の方が注目されていますが、まだまだ分からないことが多いSTEAM教育を実践事例を踏まえてお話しいただきます。

セミナーの中では、教科横断的な学習活動 (Cross Curriulum) 、リアルな社会課題への挑戦 (Challenge Based Learning)を共に考え学園の最上位目標である Happiness Creatorの育成に向けた授業を実践している新渡戸文化学園の山内佑輔氏に教科にとらわれずに子どもたちの探究心や創造力を引き出す授業のポイントなどをお伝えいただきます。

また全国の500カ所以上の教育機関でSTEAM・プログラミング教育で活用されている創造的プログラミングアプリ「スプリンギン」を使ったプログラミング授業実践事例も開発者である中村俊介よりご紹介いたします。



お申込方法

【対談セミナー】未来の可能性を広げるSTEAM教育
ーSTEAM先進校・新渡戸文化学園の教科横断型プログラミング教育ー

・日時:12月17日(金)19:00-20:30
・講演者:新渡戸文化学園 教諭/VIVISTOP NITOBEチーフクルー 山内佑輔氏
     株式会社しくみデザイン 代表取締役 中村俊介(芸術工学博士)

・対象:保護者の方、塾・教室・学校などの教育関係者の方
・参加費:無料

・開催方法:Zoomによるウェビナー形式

▼お申し込みはこちら
(リンク »)



講演者プロフィール

<山内佑輔氏 プロフィール>

[画像2: (リンク ») ]

新渡戸文化学園 教諭/VIVISTOP NITOBEチーフクルー/SOZO.Ed副代表/Microsoft Innovative Educator Expert。

大学職員時代、数々のイベント・ワークショップ企画の経験を積んだのち、2014年から公立小学校の図工専科の教員に。
ワークショップの手法を用いて、子どもたちのクリエイティビティを育む環境をつくりだし、さまざまなアーティストや専門家、企業と連携しながら実社会と学びを繋ぐ授業を実践している。
2020年4月から新渡戸文化学園へ移り、VIVISTOP NITOBEの立ち上げと運営を担当。

昨年からの取り組みである「VIVISTOP NITOBE FURNITURE DESIGN PROJECT」が2021年9月にキッズデザイン賞の最優秀賞である内閣総理大臣賞を受賞。


<中村俊介プロフィール>

[画像3: (リンク ») ]

株式会社しくみデザイン 代表取締役/博士(芸術工学)

名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら研究を続け、博士(芸術工学)を取得。
2004年に九州工業大学講師就任、翌2005年にしくみデザインを設立する。2013年に体の動きで演奏するAR楽器「KAGURA」が米Intel社主催のコンテストで世界一になるなど、日本のみならず世界各国で数々のアワードを受賞している。

また、世界中すべての人が創造的になれるようにとの想いから、創造的プログラミングプラットフォーム「スプリンギン」を開発。クリエイティブ教育にも力を入れており、福岡県プログラミング教育推進協議会委員、キッズデザイン賞審査員、アジアデジタルアート賞審査員などを務め、小学校から大学まで様々な学校でプログラミングの授業や子ども達に夢を与える講演を行っている。

主な著書
『はじめてのスプリンギン ~プログラミングを学んでゲームをつくろう~』(技術評論社)



創造的プログラミングアプリ「スプリンギン」とは


[画像4: (リンク ») ]

スプリンギンは、しくみデザインが開発する、文字を使わずに誰でも簡単にデジタル作品がつくれる創造的プログラミングアプリです。
プログラミング未経験者や、まだ読み書きができない低年齢のお子さんでも、描いた絵や写真に、音や動きをつけられる属性アイコンの組み合わせで、ゲームや動く絵本など自分だけのオリジナル作品をつくりだせるクリエイターになれます。

スプリンギン公式サイト: (リンク »)



Springin’ Classroomとは



[画像5: (リンク ») ]

「Springin’ Classroom」は、しくみデザインが開発する、文字を使わない直感的なビジュアルプログラミングでデジタル作品がつくれるアプリ「スプリンギン」を使って、STEAM・プログラミング教育を行うことができる塾・教室・学校の指導者向け授業支援サービスです。

授業支援サービスにはSTEAM・プログラミングの授業をおこなうための教育カリキュラム、指導者と生徒が教材や作品データを共有・共創できるクラウド環境、オンラインによる導入・運用サポートなど、「スプリンギン」を使ってSTEAM・プログラミング教育を行うために必要なものをオールインワン・パッケージでご提供しています。

▼ Springin’ Classroomの詳細はこちら(無料でお試しいただけるフリープランもございます。)
(リンク »)
※詳しくはWebサイトをご確認ください。

iOS: (リンク »)
Android: (リンク »)

※Springin’ Classroom専用アプリのご利用には「教室・塾向けフリープラン」「学校向け無料プラン」のお申込み(無料)が必要となります。



株式会社しくみデザインについて


[画像6: (リンク ») ]

未来を創るクリエイティブカンパニー「しくみデザイン」は、「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」という企業理念の下、2005年に、現代表の中村俊介が設立。ユーザー参加型コンテンツのパイオニアとして、1,500件以上の実績数を誇る。

米インテル社主催の世界的コンテストでのグランプリ、第13回 日本e-ラーニング大賞 部門賞、EdTech Japan Global Pitch 2017など、国内外での受賞多数。

2020年度から文部科学省、総務省及び経済産業省による全国の小学校でプログラミング教育の充実化を図る取り組み「みらプロ」へ協力企業として参加し、プログラミングアプリSpringin’を通じて子ども達にプログラミングで創造する楽しさを体験してもらい、日本のモノづくり産業の未来を担う創造的人材を育成することに力をいれている。

所在地 : 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4-8-15 博多鳳城ビル401
設立 : 2005年2月
代表者 : 代表取締役 中村 俊介(芸術工学博士)

事業内容 : テクノロジーとデザインによる体験型コンテンツ及びシステムの開発。ビジュアルプログラミングアプリSpringin’や直感的な操作をもとに身体を動かすだけで楽器演奏を行うアプリ「KAGURA」等の開発・販売。
URL : (リンク »)



本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社しくみデザイン
担当 : Springin’ 教育事業部 谷口愛実
電話 : 050-1790-9972
E-mail : edu@springinclass.org
Springin’ Classroom: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]