編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Salesforce、大阪市における行政のデジタル化推進に向けて政令指定都市として初の連携協定を締結

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2021-12-03 14:03

~ Salesforceのノーコード/ローコード基盤で行政事務の生産性を向上する業務システムを検証 ~

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出伸一、以下、Salesforce)は本日、大阪市における行政のデジタル化推進に向けて連携協定を締結しました。本協定は、当社において初めての政令指定都市との連携協定です。



大阪市は、デジタル社会にふさわしい都市の実現をめざし、国のデジタル改革においても進められているデジタル・トランスフォーメーション(DX)による市民サービスの向上及び行政事務の効率化に取り組んでいます。(1)

今後予想される人口減少や高齢化の進展、生産年齢人口の減少等に伴い、扶助費など社会保障関連経費の増加などが見込まれています。多様に変化する状況下において、住民に身近な行政の業務は増加し続けています。地方自治体に求められる役割を持続可能な形で果たすためには、デジタルによる業務の標準化、効率的な業務プロセスの実現が不可欠です。

このたび、Salesforceと大阪市ICT戦略室は、それぞれ互いの知見・技術等を活用し、市民サービスの向上および業務効率化の両面から多様な行政課題に対して行政のデジタル化推進に寄与するため、次の事項について連携・協力します。

1. ICTの活用による、市民サービスおよび市民の利便性向上に関すること
2. 情報システムの刷新や業務プロセスの見直し等を通じた、行政事務の効率化に関すること
3. その他両者が必要と認める事項に関すること

【Salesforceの支援における取組例】
● Salesforceのノーコード/ローコード基盤での行政事務の生産性向上のための業務システムのプロトタイプ作成及び検証支援
● 行政サービス向上ためのワークショップ
● システムコスト最適化に向けたシステム棚卸し調査
● 海外のクラウド先進事例に基づいた支援
● AI、IoTなどの最新テクノロジーを活用した実証事業の支援

本協定を通してICTの活用を促進し、行政事務の効率化に取り組むことにより、Salesforceと大阪市は市民サービスの向上を目指します。

(1) 大阪市ICT戦略室の推進について
(リンク »)
(2) 大阪市の報道発表資料:株式会社セールスフォース・ドットコムと大阪市における行政のデジタル化推進にかかる連携協定を締結しました
(リンク »)

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づける支援をしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]