編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

魔法図書館で働く宮廷司書の活躍を描くビブリア・ファンタジー『何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。』小説発売中!小林裕介さんによるPVも公開中!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2021-12-08 19:47

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:夏野剛)の角川スニーカー文庫は、 『何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。』(著者:安居院 晃、イラスト:あんべよしろう)を2021年12月1日(水)より発売中です。
本作は、王立魔法図書館で働く宮廷司書の少年セレルの活躍を描いたビブリア・ファンタジー。
声優・小林裕介さんによる「スペシャルPV」も公開いたしました。

■特設ページ: (リンク »)
■書誌情報: (リンク »)






[画像1: (リンク ») ]





書籍情報



[画像2: (リンク ») ]

『何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。』


著者:安居院 晃  イラスト:あんべよしろう


定価:726円(本体660円+税)


発売日:2021年12月01日
ISBN:9784041121375

(リンク »)

【世界の叡智が集う魔法図書館と規格外な宮廷司書のビブリア・ファンタジー】

 スネイエルス王国にある魔法図書館の司書業務と第三王女で幼馴染のフィオナの遊び相手をする少年セレル。慌ただしくも楽しい日々を送っていると、ベルナール公爵家から愛娘シオンの病を治す方法を探してくれと頼まれ引き受けることに。


 彼女の身体を調べたところ、呪詛魔法に侵されていることが分かり、すぐに治療法を探しはじめるセレル。そんな中、彼女の容態が急変したと報せが届く。治療法を見つけられていないセレルは雷系統魔法で相殺・消滅しようと試みるのだが、異変に気付いた呪詛刻印がセレルの身体に乗り移ってきて……。


 大図書館の書物を巡るビブリア・ファンタジー、開幕。





スペシャルPV公開! キャストコメントも

▼スニーカー文庫『何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。』絶賛発売中!

[動画: (リンク ») ]



▼声優・小林裕介さんによるコメント
[画像3: (リンク ») ]

PVナレーションを担当させて頂きました!セレルの隠された力とは何なのか、なぜただの宮廷司書にそんな力があるのか…気になるかたは是非原作をお手にとってみてください!【小林裕介】




関連情報


■角川スニーカー文庫 公式サイト: (リンク »)
■角川スニーカー文庫公式Twitter: (リンク »)
■角川スニーカー文庫公式LINE: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]