編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

「ネット流行語100」2021 年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に!

ピクシブ株式会社

From: PR TIMES

2021-12-16 12:00

~投稿作品が増えたpixiv賞は『呪術廻戦』ユーザーアンケートによるニコニコ賞は『周央サンゴ』に決定~

ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾)と株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、12月15日(水)、「ネット流行語100」年間大賞2021表彰式を開催し、年間大賞に『ウマ娘 プリティーダービー』が決定したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]



大賞『ウマ娘 プリティーダービー』に続き『ゴールドシップ(ウマ娘)』が第2位にランクイン


2018年のスタート以来、第4回目の開催となった「ネット流行語100」では、「ピクシブ百科事典」「ニコニコ大百科」の各単語ページにおけるアクセス数の昨年比の差分にもとづき、今年ネットで最も流行った100単語をノミネート。
表彰式では、100単語をランキング形式で発表を行い、大賞のほか、pixiv賞とニコニコ賞を発表しました。
[画像3: (リンク ») ]

年間大賞に選ばれた『ウマ娘 プリティーダービー』は、日本競馬史にその名を刻んだ名馬たちをモチーフとした「ウマ娘」がレースで競い合う世界を描いた、Cygamesによるクロスメディアコンテンツです。マンガやアニメ、音声作品など複数のメディアで展開され、2021年2月に配信されたゲームアプリは、10月に1100万ダウンロードを突破しました。今回のノミネート100単語にも多くの関連単語がランクインし、第2位には『ゴールドシップ(ウマ娘)』が選ばれるなど、2021年を代表する作品であることを証明する結果となりました。また、第3位には『呪術廻戦』、第4位には『東京卍リベンジャーズ』と、マンガ・アニメの人気作品が選ばれました。

[画像4: (リンク ») ]


■受賞コメント
大賞:ウマ娘 プリティーダービー/『ウマ娘 プリティーダービー』運営チーム
このたびは「ネット流行語大賞100 2021」におきまして『ウマ娘 プリティーダービー』が1位を受賞したとのこと、誠にありがとうございます。
またウマ娘たちの入賞につきましても、重ねてお礼申し上げます。
これもひとえに日頃から応援してくださっているトレーナーの皆様をはじめ、アニメやゲームをきっかけに『ウマ娘』に関心を持ってくださった方々、ご協力いただいている多くの方々の存在あってこその受賞と感じております。
これからも引き続き皆様に愛していただける最高のコンテンツをお届けできるよう、チーム一同努めてまいります。


pixiv賞は『呪術廻戦』、ニコニコ賞は『周央サンゴ』に

昨年と比較してpixivに投稿数が増えたタグ(単語)の中から選ぶpixiv賞には『呪術廻戦』が選ばれました。『呪術廻戦』は、芥見下々氏が「週刊少年ジャンプ」にて2018年より連載しているマンガ作品で、2021年10月時点のシリーズ累計発行部数は5500万部を突破しています。同作は2020年にアニメ化され、2021年12月には劇場版の公開を予定するなど話題が続いています。それに伴い、6位の『五条悟』や7位の『乙骨憂太』といった人気キャラクターに関連する投稿がpixivでも増えこのたびpixiv賞の受賞が決定しました。

ニコニコユーザーによるアンケートで選ばれるニコニコ賞は『周央サンゴ』に決まりました。『周央サンゴ』は、にじさんじ所属のバーチャルライバーで、2020年8月にデビューした5人組ユニット「世怜音女学院」のメンバーの一人。ゲーム実況や朗読会などを中心に活動し、2021年6月頃からファンによる切り抜き動画がたびたび注目を浴び、「空前の周央サンゴブーム」というタグが作られるなど話題になりました。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



■「ネット流行語100」2021 ランキング一覧

[画像7: (リンク ») ]




受賞者コメント

ニコニコ賞:『周央サンゴ』/周央サンゴ
みなさま~世怜音女学院中等部1年生・演劇同好会所属にじさんじも所属、そして、「ニコニコ賞」を受賞した周央サンゴでーす、どーもー!このたび、なんとありがたいことにネット流行語大賞「ニコニコ賞」を受賞させていただいたということで、ありがとうございますーなんてこった!実は周央サンゴ、ニコニコ動画で動画を一本しかあげていないのですけれども、このたびニコニコ動画の皆様が「周央サンゴ」が流行った言葉だろうということで投票していただき、このようなありがたい賞をいただけたということで、本当にありがたいやらびっくりやらという気持ちでございます。私、バーチャルYouTuberなので、YouTubeで基本的に配信をさせていただいているのですけれども、今回このような賞をいただけたという事で、当たり前なんですけれどもンゴだけの力じゃなく、YouTubeで配信を観てくださる方、それを切り抜いてくださる方、ニコニコ動画にあげてくださる方、そしてそれを盛り上げてくださる「お前ら」がいてさ!ンゴだけの賞だけじゃなくて、お前らの賞でもあるっていうわけ、なんてね、ちょっと調子に乗りました、調子乗り中学生ですまンゴねー、すまンゴ、ごめンゴ、ドワーンゴ!
これからも楽しいことをいっぱいいっぱいやっていこうと思いますので、よろしくおねがいします!

第11位:妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ、第16位:オベロン・ヴォーティガーン/FGO PROJECTより
この度は「ネット流行語100」2021において、スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』より2つのワードが受賞させていただき、ありがとうございます。こちらの2つのワードは、今年6月より配信しましたメインシナリオの第2部第6章からのもので、ユーザーの皆様はじめ多くの方にそのシナリオや登場するキャラクターたちが印象深く残ったからなのかと嬉しく感じています。皆様にゲームを楽しんでいただけるように尽力してまいりますので、引き続き『Fate/Grand Order』を応援いただけますと幸いです。本日は会場にお伺いできず恐縮ですが、こちらのコメントにて御礼とさせていただけますと幸いです

第12位:真希波・マリ・イラストリアス/『シン・エヴァンゲリオン劇場版』宣伝チームより
この度は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』関連ワードにご注目をいただき、誠にありがとうございます。おかげさまでたくさんのお客様にご鑑賞いただくことが出来、シリーズの完結編にふさわしい興行成績を残すことができました。またニコニコ動画さんには、2007年から始まった『新劇場版』シリーズの歴史においても、度々応援していただく機会があり、このメッセージをもちまして、深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。現在、作品制作の過程や、資料などをご覧いただける「庵野秀明展」が東京六本木・国立新美術館にて19日まで開催されています。よろしければぜひ足をお運びください。

第18位:PUI PUI モルカー/監督 見里朝希氏
モルカーがここまで人気になると制作しているときは思ってもいませんでした!放送後にファンアートをはじめネットで話題にして頂いてありがとうございます!モルカーの可能性を皆さんのおかげで感じることができました。
今後とも応援よろしくお願いいたします!
[画像8: (リンク ») ]




「ネット流行語100」年間大賞2021 表彰式 開催概要

番組名:今年ネットで最も流行った単語を発表「ネット流行語100」
年間大賞2021 表彰式 生放送
放送日時:2021年12月15日(水)19時~
放送URL: (リンク »)
出演者:
MC・小西克幸(声優)、森遥香(フリーアナウンサー)
声優・新祐樹(アニメ「東京リベンジャーズ」花垣武道 役)、SUSURU(YouTuber)、神田剛(「バイオハザード ヴィレッジ」プロデューサー)、ふにちか(ふにんがす主催)、テレビ朝日:井上 / 東映:白倉・武部・松浦(「機界戦隊ゼンカイジャー」プロデューサー)(順不同、敬称略)

「ネット流行語100」特設サイト: (リンク »)


[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]



■ピクシブ百科事典とは  (リンク »)
アニメやマンガ、ゲームからデザイン・アートまで、あるゆる言葉、現象、文化、作品に関する解説をみんなでつくる百科事典です。pixivタグの説明や関連イラスト等、誰でも自由に記事を編集することができます。

■ニコニコ大百科とは  (リンク »)
ゲーム用語からアニメのキャラクター名、ネットで話題の単語など、あらゆる言葉についての定義や意味、元ネタを解説する辞書・事典サイトです。言葉の意味を調べるのはもちろん、皆で記事を編集したり元ネタについて掲示板で語り合うこともできます。

■ピクシブ株式会社 (リンク »)
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝 信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日
お問い合わせ:村松(むらまつ)・小出(こいで)・島崎(しまざき)
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

■株式会社ドワンゴ (リンク »)
所在地 :東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
代表取締役:夏野 剛
事業内容:ネットワークエンタテインメントコンテンツ及びシステムの企画、開発、運用、サポート、コンサルティング
設立日:1997年8月

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]