【宅建 解答速報!】令和3年度 宅地建物取引士12月試験 解答速報を12/19(日)試験当日に公開! さらに、『解答速報会』も本試験当日LIVE配信いたします!

TAC株式会社

From: PR TIMES

2021-12-16 16:00



宅建試験対策講座を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、12/19(日)に実施される『令和3年度宅建試験(宅地建物取引士試験)』の解答速報を試験当日にTACのWebサイトで公開いたします。
さらに、「解答速報」「合格予想ライン」「各科目の難易度」などをお伝えする『解答速報会』を同日に開催、その模様をLIVE配信いたします!
スマートフォン・タブレット端末からも視聴できますので、ぜひご覧ください!

[画像1: (リンク ») ]


■令和3年度宅建士(宅地建物取引士)12月試験【解答速報】
▼掲載予定日時(パソコン、スマートフォン、タブレットですぐにご確認いただけます)
12/19(日)16:30公開予定
(リンク »)
※解答速報はTAC(株)が独自の見解に基づき、サービスとして情報を提供するもので、試験機関による本試験の結果等について保証するものではございません。

■宅建士12月試験 解答速報会LIVE配信!
▼配信予定日時
12/19(日)17:30配信開始予定
(リンク »)
※当日にLIVE配信を視聴できなかった方は、 後日TAC WEBサイトにて解答速報会の模様をアーカイブ配信いたします。 ぜひご覧ください。


■TAC「無料Web採点・分析結果閲覧サービス(データリサーチ)」

[画像2: (リンク ») ]


インターネットを活用して日本全国の受験生から解答データを収集し、より精度の高い得点分析結果を提供いたします。
Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。また定期的に再集計されますので、登録者数が増えるにつれ、精度の高い分析データを得ることができます!参加いただいた方には後日『令和3年度12月宅建士試験解説集(PDF)』を無料Web配信いたします。是非ご参加ください。

▼登録受付期間
・登録および解答入力受付期間:本試験当日12/19(日)15:00~1/6(水)23:59まで
(リンク »)
※解答速報および解答速報会の解説、データリサーチの分析は、TAC(株)が独自の見解に基づき、サービスとして情報を提供するもので、試験機関による本試験の結果等(合格基準点・合否)について保証するものではございません。

■宅建士(宅地建物取引士)とは?
宅地建物取引士は不動産の取引に関わるプロフェッショナルです。
年に1回行われる資格試験は、毎年約25万人もの方が受験申込みをする大人気の国家資格試験となっています。
その人気の秘密は、とりわけ不動産の売買・仲介の場において「独占業務」があることや、宅建業者の事務所ごとに、従業員5人につき1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を設置しなければならないという「設置義務」が法律で定められていることが安定した社会的ニーズにつながる大きな強みとなっています。
<詳細はこちら>
(リンク »)

■TAC宅建士講座の合格実績
全国の宅建士受験生に選ばれ、毎年多くの合格者を輩出し続けるTAC。その理由は、長年積み重ねられた受験指導ノウハウに加え、「受講生に合格していただくこと」を徹底的に追求したTAC式合格メソッドを確立していることにあります。
試験は変化し続けるもの。その試験に合わせてTACも常に進化し続け、「最小の努力で最大の効果を発揮する、良質なコンテンツの提供」をお約束いたします。
そしてこれから先も、全国の多くの宅建士受験生からの「期待」と「信頼」に応えられるよう、TACは”受講生の合格”を常に第一に考え続け、そのコンテンツの創造に努めてまいります。

▼「TACの合格実績」詳細はこちら
(リンク »)

《会社概要》
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、 法人研修事業、 出版事業、 人材事業
所在地:東京都千代田区神田三崎町三丁目2番18号
Webサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]