編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

インテル コーポレーション、CES 2022: 史上最速となる第12世代 インテル(R) Core(TM) モバイル・プロセッサーを開発

インテル株式会社

From: PR TIMES

2022-01-05 17:47

第12世代 インテル(R) Core(TM) プロセッサー・ファミリーの新製品として、モバイル・プロセッサー28種とデスクトップ・プロセッサー22種を発表。パワフルなゲーミングPCおよびクリエイター向けノートブック/デスクトップPC、エンタープライズ/IoT向けシステムを高性能化



【ニュースリリース】
*2022年1月4日に米国で発表された資料の抄訳です。
[画像: (リンク ») ]


ニュースハイライト


インテル(R) Core™ i9-12900HK プロセッサーを筆頭とし、Intel 7のプロセス技術で製造された史上最速*1となるモバイル・プロセッサー、かつ世界最高のモバイル・ゲーミング・プラットフォーム*2となる新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズを発表
ゲーム、コンテンツ制作、オフィス生産性の向上に向け、豊富なラインナップのもと、究極的かつスケーラブルな電力当たりの性能を発揮する新しい第12世代 インテル(R) Core™ デスクトップ・プロセッサー(ベース電力:65Wと35W)を発表し、出荷も開始
今後展開予定の超薄型・軽量ノートブックPC向け第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー U/Pシリーズの仕様を公開
インテリジェント・コラボレーションを含む新しく仕様に盛り込まれたテクノロジーとキー・エクスペリエンス・インジケーター(KEI)を採用したインテル(R) Evo™プラットフォームの最新情報を公開
中小企業から大企業まで広範な顧客のサポートに向けて、新しいインテル(R) vPro(R)プラットフォームとなる「インテル(R) vPro(R) エッセンシャルズ」と「インテル(R) vPro(R) エンタープライズ」を発表


インテル コーポレーションは本日、米国ネバダ州ラスベガスで開催されているCES 2022において、世界最速の第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーを発表しました。高性能ハイブリッド・アーキテクチャーをモバイル・プラットフォームに初めて採用し、前世代のモバイル・プロセッサーと比較して最大40%の高速化を実現しました。インテルは、時間や場所を問わず、ユーザーが性能に不自由を感じることなく快適に利用できるノートブックPCを実現するために、豊富な機能を備えた28種類の新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーを発表しました。

また、過去最大級の豊富なラインナップとなる第12世代 インテル(R) Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーも発表し、コンシューマー、エンタープライズ、IoTなど、さまざまなシステムの製品設計を強力に支援します。

インテル コーポレーション 主席副社長 兼 クライアント・コンピューティング事業本部 本部長のグレゴリー・ブライアント(Gregory Bryant)は「インテルの新しい高性能ハイブリッド・アーキテクチャーによって、イノベーションの進化ペースとコンピューティングの未来の実現を加速することができます。第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーの投入により、新たな利用体験をもたらし、史上最速のモバイル・プロセッサーとして新たなパフォーマンスの世界を確立します」と述べています。

第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーの発表
インテルは、史上最速のモバイル・プロセッサー、かつ世界最高のモバイル・ゲーミング・プラットフォームとなるインテル(R) Core™ i9-12900HK プロセッサーを筆頭に、新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズを発表し、引き続きモバイル・パフォーマンスで業界をリードします。

新製品は、Performance-cores(Pコア)とEfficient-cores(Eコア)と、ワークロードをインテリジェントに優先付けし、最適なコアへの分配・管理を支援するインテル(R) スレッド・ディレクター*3を組み合わせることで、シングル/マルチスレッド・アプリケーションを問わずシステム・パフォーマンスを向上させます。

Intel 7プロセスを採用した新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズの特長は以下の通りです。

インテル(R) Core™ i9-12900HK プロセッサーは最大5GHzの動作周波数、14コア(Pコア 6個、Eコア 8個)搭載、20スレッド対応を誇り、最速のモバイル・プロセッサーとして、インテルの前世代製品や競合製品を上回るパフォーマンス・リーダーシップを発揮します。
第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズは、いろいろな分野のトップレベルのゲームタイトルやコンテンツ制作ツールを対象に比類のないゲーム体験を可能にします。この新製品は、世界最高のモバイル・ゲーミング・プラットフォームであり、これまでモバイルPCゲーム市場をけん引してきたインテル(R) Core(R) i9-11980HK プロセッサーと比較して、ゲームプレイを最大28%高速化します。さらに、コンテンツ制作者に対しても十分なパフォーマンスを提供し、一例として3Dレンダリングでは前世代製品と比較して最大43%のパフォーマンス向上が見込まれます。
Hシリーズのモバイル・プロセッサーにおいて業界初となる、DDR5/LPDDR5ならびにDDR4/LPDDR4モジュールに対応、最大4800MT/sの転送速度をサポートし、広範なメモリーをサポートします。
従来、Wi-Fiで発生していた干渉の無い、専用の高速チャネルで約3倍の接続性*4を実現します。ユーザーは統合型のインテル(R) Wi-Fi 6E(Gig+)*5により、ストレスなく自宅で仕事や学習に勤しみ、高品質なストリーミング視聴を堪能できます。
最大40Gbpsの転送速度を実現するThunderbolt™ 4に対応し、複数の4Kモニターや周辺機器とPCの接続を可能にします。

新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズは、ノートブックPCのさらなるパフォーマンス向上を求めるゲーマーやクリエイター、エンジニア向けに開発され、外出先でもデスクトップ並みのパフォーマンスを発揮します。同プロセッサー搭載システムは2022年2月から発売開始される予定です。

第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー・ファミリーには、新しいU/Pシリーズも含まれます。パフォーマンスを重視した薄型軽量ノートPC向けに設計された新しいPシリーズは最大14コア、20スレッドで、統合型のインテル(R) Iris(R) Xe グラフィックスを内蔵し、ベース電力は28Wです。また、最適化されたフォームファクターの薄型軽量ノートPC向けの新しいUシリーズのベース電力は9~15Wです。これらのモバイル・プロセッサーを搭載したシステムは今年、システム・メーカー各社から薄型軽量ノートブックPCや折りたたみ式PC、2 in 1システム、デタッチャブルPCなど、さまざまな先進的なフォームファクターで提供される予定です。

第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー U/Pシリーズは、日常業務やオフィス生産性、さらにはフルハイビジョン(FHD)でのゲームプレイなどを同時実行できるように設計されており、WindowsとChromeの各OSに対応したシステムが2022年第1四半期に発売される予定です。

第12世代 インテル(R) Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーでの製品追加と新しいプラットフォーム・オプションの提供
第12世代 インテル(R) Core™ デスクトップ・プロセッサー・ファミリーに22種類の新しいプロセッサーが加わり、インテル(R) Core™ i9 プロセッサーからインテル(R) Pentium(R) プロセッサー、インテル(R) Celeron(R) プロセッサーにわたる広範な製品ラインナップになりました。これらのプロセッサー(ベース電力:65Wおよび35W)は豊富なラインナップのもと、ゲーム、コンテンツ制作、オフィス生産性の向上をもたらす優れたパフォーマンスを提供します。また、インテルは65Wのプロセッサーに同梱される新しいインテル(R) Laminar Coolerを発表しました。

さらにインテルは、幅広いコンシューマー向けプロセッサーをサポートする新しいインテル(R) H670/H610/B660チップセットを発表しました。これらのチップセットは、PCIe 4.0レーン、インテル(R) Wi-Fi 6E(Gig+)、インテル(R) Volume Management Device(VMD)など、Zシリーズ・プラットフォームの優れた機能に対応するほか、メモリーやプロセッサーのオーバークロックをサポートします。

インテル(R) Evo™ プラットフォームが新しいモバイル体験を実現
第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーの発売に伴い、インテルのイノベーション・プログラム「Project Athena」の第3版仕様、およびKey Experience Indicators(KEI)に準拠したノートブックPCを含むモバイル・フォームファクター向けインテル(R) Evo™ プラットフォームも更新されます。第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーを搭載した100以上の共同設計されたシステム(折りたたみ式ディスプレイや、U / Pシリーズに加えて今回は初めて追加されたHシリーズを含む)がインテル(R) Evo™ プラットフォームとして認証される予定で、その多くのシステムが2022年前半に購入可能になる予定です。

第3版の仕様書では応答性、実利用でのバッテリー駆動時間、インスタント・ウェイク、急速充電に加えて、「インテリジェント・コラボレーション」と呼ばれるシステム要件とテストが追加されています。インテリジェント・コラボレーションでは、AI(人工知能)によるバックグラウンド・ノイズ・キャンセレーションや統合型のインテル(R) Wi-Fi 6E(Gig+)、インテル(R) コネクティビティー・パフォーマンス・スイート*6、機種によりオプションでサポートされるAIアクセラレーターを活用したカメラ・イメージング・エフェクトなどの技術により、PC上のビデオ会議アプリケーションを使ったコラボレーションなどで、より優れた体験を実現します。

インテルは、周辺機器を含めた体験向上の取り組みとして、Thunderbolt™およびBluetoothアクセサリーの共同エンジニアリングとテストにより下支えされた、エンド・ツー・エンドの体験構築を目指す「Engineered for インテル(R) Evo™ & インテル(R) Evo™ vPro(R)」プログラムを発表しました。

インテル(R) vPro(R) プラットフォーム:すべてのビジネスを念頭に開発
インテルは、15年以上にわたりハードウェアベースのセキュリティーとパフォーマンスの水準向上に努めてきており、今回発表する最新のインテル(R) vPro(R) プラットフォームでは、第12世代 インテル(R) Core™ プロセッサーによる、企業向けに最適化されたエンタープライズ・グレードのパフォーマンスを提供します。

インテル(R) vPro(R) エンタープライズ:あらゆる管理規模に適用可能なエンタープライズ・グレードの処理性能、プレミアムなセキュリティー、最新の管理性と安定性を備えたフル機能のプラットフォームです。新たにインテル(R) vPro(R) エンタープライズ for Chromeにより、Chrome OSにも対応します。
インテル(R) vPro(R) 対応インテル(R) Evo™ デザイン(Intel vPro an Intel Evo Design):インテル(R) Evo™とインテル(R) vPro(R)の両プラットフォームの利点を組み合わせ、より優れた利用体験を必要とするモバイル・プロフェッショナル向けに提供します。
インテル(R) vPro(R) エッセンシャルズ:内蔵セキュリティー機能と必要十分なパフォーマンスに加えて基本的なPC管理機能を兼ね備え、小規模組織の基本的なコンピューティング・ニーズに対応します。


各社からのコメント

マイクロソフト
マイクロソフト チーフ・プロダクト・オフィサーのパノス・パネイ氏(Panos Panay)は「マイクロソフトとインテルは、世界中の人々に素晴らしいパフォーマンスと一貫性のある利用体験を提供するために、長年パートナーとして協力してきました。最新の大人気タイトルのゲームプレイや8Kビデオのエンコード、あるいは複雑な地質モデルの開発においても、Windows 11と新しい第12世代 インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサーの組み合わせにより、強力な利用体験を実現します」と述べています。

IO Interactive
IO Interactive CTO(最高技術責任者)のマウリツィオ・パスカル氏(Maurizio de Pascale)は、「ゲームの性能を最大限に引き出すためには多大なチューニングが必要とされます。しかし、インテルと提携し、数十年にわたるノウハウを活用することより、素晴らしい成果を上げることができました。特に、パワフルな第12世代 インテル(R) Core™ プロセッサーに最適化することができました。この結果、例えば、第12世代インテル(R) Core™ モバイル・プロセッサー Hシリーズを搭載したノートブックPCでゲームプレイする人は、『ヒットマン3』を最高の形で体験できるでしょう」と述べています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]