編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

nano tech 2022を含む13展示会が新世代パンフレットサービス「スマートパンフレット」を採用

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2022-01-21 16:47

~非接触・ペーパーレスの効率的な資料提供を可能にするとともに、見込み顧客への商談機会の獲得に貢献~

Sansan株式会社は、同社が提供する新世代パンフレットサービス「スマートパンフレット」が、2022年1月26日(水)~28日(金)に開催される「nano tech 2022 第21回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(以下、nano tech 2022)を含め、同時開催される全13の展示会で採用されたことを発表します。



[画像: (リンク ») ]

スマートパンフレットは、資料の受け渡しを非接触かつペーパーレスに行うことができる新世代パンフレットサービスです。
出展者は、システム上でQRコードを生成し、会場に掲示するだけで資料配付の準備を完了できます。多くの来場者に情報を届けたい場合でも、従来のように大量の資料を会場に持参する必要がなくなり、また非接触での資料の受け渡しを実現します。また、QRコードを読み取った来場者の情報を取得することができるため、見込み顧客へのアプローチを可能にします。
来場者は、QRコードを読み込むだけで、非接触かつ効率よく資料のデータを受け取ることができます。会場内の移動時に大量の資料を持ち運ぶ必要もなく、社内でもデータで容易に共有できるようになります。

■導入の背景と期待する効果
nano tech 2022の主催者である株式会社JTBコミュニケーションデザイン(以下JCD)は、2021年7月に開催された「Super City / Smart City OSAKA 2021」において、スマートパンフレットをいち早く導入しました。会期中の来場者が1200人を超える中、スマートパンフレットはのべ1200回読み取られ、ペーパーレスな展示会を実現する一助となりました。

今回、nano tech 2022がカーボンニュートラルや脱炭素社会をテーマとして扱っていること、加えて、SDGs達成のための支援や「持続可能な会議・イベント開催」を推進するJCDの企業理念とも合致したことから、スマートパンフレットが導入されることになりました。あわせて、nano tech 2022を含め、同時開催される全13の展示会にも導入されます。

当社はスマートパンフレットの提供を通じて、出展者と来場者の展示会での体験をアップデートするとともに、環境にも配慮した「持続可能な展示会運営」の実現を後押しします。

今回の導入について、主催者のJTBコミュニケーションデザイン 事業共創部 トレードショー事業局 局長の長谷川 裕久氏は、次のように述べています。
「私どもは、Sansanのテクノロジーを活用することによって、展示会の風景を変えていきたいと考えております。出展者の紙パンフレットの廃棄物削減だけでなく、来場者が欲しい情報をより効率的に入手して活用できる仕組みがますます重要になっていくと考えられます。環境にもやさしく、利便性の高いスマートパンフレットをぜひ、この機会に体験していただければと思います」

■nano tech 2022 第21回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議について
名称:nano tech 2022 第21回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
日時:2022年1月26日(水)~28日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト東ホール&会議棟
主催:nano tech実行委員会
後援:内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、オランダ王国大使館、日欧産業協力センター、情報通信研究機構、物質・材料研究機構、科学技術振興機構、産業技術総合研究所、新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本経済団体連合会、ナノテクノロジービジネス推進協議会(順不同予定)
同時開催展:MEMS SENSING & NETWORK SYSTEM / TCT Japan / ASTEC / SURTECH / Convertech JAPAN / 新機能性材料展 / JFlex / 3DECOtech / ENEX / DER・Microgrid Japan / 再生可能エネルギー 世界展示会 & フォーラム / InterAqua

詳細はこちらよりご確認ください。
(リンク »)

※本展示会はオンラインでも開催しています。スマートパンフレットが活用されるのはオフライン会場のみです。

■スマートパンフレットについて
詳細はウェブサイトをご覧ください。
ウェブサイト: (リンク »)

スマートパンフレットの利用、導入のご相談はお問い合わせ窓口までご連絡ください。
スマートパンフレットお問い合わせ窓口:smartpamphlet_inquiry@sansan.com

*スマートパンフレットは、現在特許を出願中です。
*QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

(以上)

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、ビジネスにおける出会いを後押ししています。主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:63億76百万円(2021年11月30日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービス(クラウド名刺管理サービス等)の企画・開発・販売
Sansan  (リンク »)
Eight  (リンク »)
Bill One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]