編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

谷川じゅんじ氏、デジタルハリウッド大学大学院の専任教授に|就任記念 特別公開講座『まるごとミライデザイン思考』オンライン開催

デジタルハリウッド株式会社

From: PR TIMES

2022-01-21 18:17

日程:2022年2月3日(木)19時30分~21時00分(要予約・無料・オンライン)

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区 学長 杉山知之 以下DHGS)では、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]4要素の融合をコンセプトとして、デジタルコミュニケーションを駆使し、社会に新しい産業や文化を生み出すリーダーを輩出しています。

この度、パリルーブル宮装飾美術館 Kansei展、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻、NIKE WHITE DUNK、GINZA SIXグランドオープニングセレモニー、Media Ambition Tokyoなど多くのコミュニケーションプログラムを手掛け、現在は都市デザインや地方創生事業、内閣府スーパーシティ構想自治体アドバイザーなど、さまざまな生活領域の企画デザインを手掛ける空間デザイナー、プロダクトデザイナー、スペースコンポーザー、クリエイティブディレクターであるJTQ株式会社代表取締役・谷川じゅんじ氏が、デジタルハリウッド大学大学院の専任教授に就任しました。
来年度より本大学院にて、新科目「空間構成学」ならびに修了課題の指導を担当いただく予定です。



[画像1: (リンク ») ]


 また、谷川氏の専任教授の就任を記念し、2022年2月3日(木)19時30分より、オンラインにて特別公開講座を開催いたします。

【講座内容】

谷川じゅんじ氏 専任教授就任記念特別公開講座
『まるごとミライデザイン思考』

リアル・デジタルを問わない「空間コミュニケーション」の活性化とは。
さまざまなイベント・商空間開発・都市活性化事業・地方活性化プログラム・企業ブランディングなど
「ひとの賑わい」を創出する思考法を学びたい方々に向けた内容です。

空間を「場」として捉え、さまざまな意思伝達を目的化し、機能と作用を交差しながら時間軸に沿って組みて立てていく思考アプローチ「スペースコンポーズ」の視点から、さまざまな事例を交えこれからの暮らしをデザイン的に思考し実践化するプロセスを紹介します。

来年度から始まる専門科目「空間構成学」では、「空間=スペース」の情報化手法と「構成=コンポーズ」のデザイン化手法を学びます。実空間もデジタル空間も核は人の意識が中心であり、対象者との相互コミュニケーションの必然性はどちらも同じです。人のこころを動かし共感を生み出すための考え方や共創するためのチームビルド手法、企画から事業化までの実践領域を、事例を交えレクチャーします。

ニューノーマル時代のイノベーションクリエイター育成を目指します。


日程:2022年2月3日(木)19:30-21:00(19:15頃開場予定)
開催方法:Zoomウェビナー(お申込みいただいた方へ参加用URLをお送りいたします)
モデレーター:木原 民雄 (デジタルハリウッド大学大学院 教授/大学院専攻長)
参加:無料(要予約)
主催:デジタルハリウッド大学大学院、デジタルハリウッド大学
お申込み: (リンク »)



■特別公開講座に関するお問い合わせ先

デジタルハリウッド大学大学院事務局
daigakuin@dhw.ac.jp


【教員プロフィール】

[画像2: (リンク ») ]


谷川じゅんじ氏
スペースコンポーザー・JTQ株式会社代表取締役


2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。“空間をメディアにしたメッセージの伝達”をテーマに、さまざまなイベント・商空間開発・都市活性化事業・地方活性化プログラム・企業ブランディング等を手掛ける。独自の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多方面から注目を集めている。2016年CCCグループに参画。2020年 CCCマーケティング取締役 チーフクリエイティブオフィサー(CCO)就任。現在、一般社団法人Media Ambition Tokyo代表理事、一般社団法人dialogue副代表理事(会津若松市)、一般社団法人スーパーシティAICTコンソーシアム顧問を務める。


■デジタルハリウッド大学大学院について

[画像3: (リンク ») ]


(リンク »)

日本初の株式会社立の専門職大学院として 2004 年に開学。
超高度情報化社会においてデジタルコミュニケーションを駆使し、社会に変革を起こすリーダーを輩出すべく、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]の4要素をバランス良く身につけ融合し、理論と実務を架橋する人材育成を行う。
新規事業プランニングとプロトタイピングなど、院生のアイデアの実装およびスタートアップ支援により、「令和2年度大学発ベンチャー調査」(経済産業省)では全国大学中 12位、私立大学中 4 位。

本大学院では、本学在籍の院生・修了生の起業・事業支援に注力しております。デジタルコミュニケーション領域での産学協同研究にご興味をお持ちの方、本学への入学を検討されている方、また企業の皆様は下記よりお気軽にお問合せください。

【デジタルハリウッド大学大学院事務局】

TEL:0120-019-236
mail:daigakuin@dhw.ac.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

デジタルハリウッド株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]