編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

LINE証券、運用成績やポートフォリオ比率などを公開できる「マイページ公開機能」のβ版を提供開始

LINE株式会社

From: PR TIMES

2022-01-26 13:47

リアルタイムの取引履歴が見られる機能も2022年春頃提供予定 運用成績のランキング公開でユーザー同士が実践的に投資を学ぶことも可能に

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:正木美雪・米永吉和)は、スマホ投資サービス「LINE証券」において、運用成績やポートフォリオ比率などを公開できる「マイページ公開機能」のβ版を一部ユーザーより提供開始したことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]


■マイページ公開機能の提供背景
LINE証券のユーザーアンケートによるとLINE証券を始めた目的は、「余裕資金を増やす」が66%、「資産運用を実践的に学びたい」が46%*1と約半数のユーザーが投資を学びたいという姿勢がうかがえます。そのような背景から、この度、マイページ公開機能のβ版の提供を開始いたしました。

本機能は、LINE証券を利用しているユーザーが、運用成績やポートフォリオ比率などを公開することができる機能です。運用成績のランキングも公開されるため、ユーザー同士が投資を実践しながら学ぶことができます*2。マイページ公開機能の提供は、順次おこなっており、利用できるようになったユーザーには公式アカウントよりご案内いたします。また、マイページの公開は、マイページの公開に同意いただいたユーザーのみ公開されます。今後は、機能を拡充した上で正式版として提供範囲を広げてまいります。正式版では、自身のマイページを公開することでリアルタイムの取引履歴を見られる機能も提供予定です。
*1:2021年3月に自社にて実施したユーザーアンケートより
*2: 公開されているマイページの情報を見るためにはLINE証券への口座開設が必要です。口座を未開設の場合、閲覧できる情報が制限されます。

■マイページの公開に関して
マイページの公開を設定すると、パーフォーマンスやポートフォリオ比率、保有銘柄を公開することができます。具体的には、今月と今年の運用成績や株式、投資信託、現金残高、信用取引のポジション、保有している現物株式、投資信託が表示されます。*4パフォーマンス、ポートフォリオ比率、保有銘柄は前日基準となります。
*4保有数量や評価額は表示されません。
[画像2: (リンク ») ]

今後は、マイページを公開しているユーザーのリアルタイムの取引履歴を見ることができる機能を2022年春頃に提供予定となっております。パフォーマンスがよいユーザーのポートフォリオを見ることで、自身の投資に生かしたりと、ユーザー同士が実践しながら投資を学ぶことができます。

[画像3: (リンク ») ]

「LINE証券」は、今後も投資初心者から投資経験者まで全ての「働く世代」のユーザーの皆さまに支持されるようサービス改善を図っていくと同時に、取扱い商品の拡充を進め、生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスを目指してまいります。

【LINE証券について】
・LINE証券サービストップ画面: (リンク »)
・LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
・公式サイト: (リンク »)
・公式Twitter: (リンク »)
・公式note: (リンク »)
・LINE証券公式メディア: (リンク »)

【LINE証券株式会社の概要】
(1) 名称: LINE証券株式会社
(2) 所在地: 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者: 代表取締役Co-CEO正木美雪(LINE株式会社)、米永吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容:資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金:400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日:2018年6月1日

<LINE証券とは>
“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、スマートフォンに特化したシンプルで直感的なデザインと操作性が特徴の新たな「スマホ投資サービス」。2019年8月にサービスを開始。現在、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、個人型確定拠出年金「LINEのiDeCo」、IPO(新規上場株)サービスを提供。総口座数は、2021年10月時点で100万口座をネット証券最短*で突破しております。
*大手ネット証券5社(SBI証券、楽天証券、松井証券、auカブコム証券、マネックス証券)と当社を比較。(2021年10月時点、LINE証券調べ)

<注意事項>
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちら( (リンク ») )をよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]