編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

エンカレッジ・テクノロジ、厚生労働省広報事業「働き方・休み方改革シンポジウム」に登壇決定

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

From: PR TIMES

2022-01-31 16:17

週4日勤務など、多様な働き方を可能にする新人事制度の詳細を発表

システム運用のリスク管理ソリューションを提供するエンカレッジ・テクノロジ株式会社(本社:東京都中央区、
代表取締役社長:石井 進也、以下、「当社」)は、2022年2月3日(木) に開催される厚生労働省広報事業の「働き方・休み方改革シンポジウム」に登壇することが決定しましたので、発表いたします。




本講演では、昨年4月に導入した、働き方改革の推進と適正な賃金配分を目的とした新人事制度「Encourage Smart life Style(エンカレッジスマートライフスタイル)(略称:ESS★)」について、制度導入の背景から、導入後の社員の働き方への変化、また、企業の働き方改革の推進をサポートする当社のソリューションについてもご案内させていただきます。

【登壇イベント】
・ イベント名:厚生労働省広報事業「働き方・休み方改革シンポジウム」
・ 開催日時:2022年2月3日(木) 13:30~15:35
・ 開催方法:Zoomによるウェビナー YouTubeによるライブ配信も実施

<詳細はこちら> ※申し込み締切 2月2日(水) 12:00
(リンク »)

【新人事制度の概要】
・ 名  称:Encourage Smart life Style(エンカレッジスマートライフスタイル)(略称:ESS★)
(当社全製品の冠としており、社員やお客様にも親しみを感じていただいている「ESS (Encourage
Smart Station)」より名称を決定)
・ 開始日:2021年4月1日
・ 導入の背景:
当社においては、多様化した働き方により業務のプロセスが見えづらくなった場合でも、勤務形態によらない公平な評価と適正な賃金配分を実現すべく、「ジョブディスクリプション(職務記述書)」を用いて社員の役割や成果への期待値、評価方法を再定義しました。
・ 概 要:
1.勤務形態の選択
勤務形態を前月までに月単位で決めることにより、週休3日や半日勤務を組み合わせた週6日勤務が可能。37.5時間/週を目安とした労働時間を事前に設定できる。
2.評価制度の改訂
勤務形態の差によらない公平な評価による賃金配分を行う。処遇や評価への変更はなしとする。
3.公平な評価の実現
「ジョブディスクリプション(職務記述書)」により、個人の役割や成果についての期待値、評価方法を明確にして、社員と会社の認識の相違をなくし、業務のプロセスが見えなくなった場合でも公平な評価を実現する。

【人事制度導入後の状況】
新型コロナの対策として時差勤務や在宅勤務を奨励していたこともあり、新制度導入当初は、変形労働時間制度を利用する社員は限られていましたが、新型コロナが落ち着きを見せた10月以降は、週4日や週6日勤務を選択する社員も増えてきました。育児やプライベートと業務のバランスを考えるなど、新しい働き方を模索する社員が増加してきました。

【自社製品「ESS REC NEAO」による在宅社員の可視化】
ESS REC NEAOは、当社が開発販売するPC操作の可視化ツールです。特にテレワーク環境に適用いただくことで、物理的に離れた場所で働く従業員の様子を可視化・モニタリングすることで、安心で効率的な在宅業務を実現します。この度の講演では、当社におけるESS REC NEAOを利用した在宅勤務の可視化についてもご紹介する予定です。
[画像: (リンク ») ]


(リンク »)

【当社について】
2002 年に創業。金融、公共、通信などの社会インフラの一端を担う大規模システム運用管理及び運用統制を実現するソフトウェアの開発・販売を手掛けています。システム証跡監査ツール12 年連続市場シェア1 位(※1)を獲得している「ESS REC」をはじめ、当社ソフトウェアは多くのお客様に採用されています。

名称 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(東証第一部:3682)
代表者の役職・氏名 代表取締役社長 石井進也
本社 東京都中央区日本橋浜町3-3-2 トルナーレ日本橋浜町7F
URL (リンク »)
事業内容
金融、公共、通信などの社会インフラを担うIT システムの運用と統制強化を支援するソフトウェアを開発・販売。12 年連続市場シェア1 位(※1)を獲得するESS REC を含め累計での採用企業数は約670 社。(2021年12 月末現在)
資本金 5億738万円 (2021年12月末)
設立年月日 2002年11月1日

※1 出典:情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2010
同2011、2012、2013、2014、2015、2016、2017 【内部漏洩防止ソリューション編】
株式会社ミック経済研究所(現:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社)
サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2018 年版 同2019 年版【ガバナンス&監査編】
株式会社ミック経済研究所(現:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社)
内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2020 年度 同2021 年度版
【サイバーセキュリティソリューション市場17 版目】デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社
(リンク »)


<本件に関するお問い合わせ>
エンカレッジ・テクノロジ株式会社 経営管理部
etx-kouhou@et-x.jp

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止対策の一環として、当社では在宅勤務を実施しております。 本内容についてのお問い合わせにつきましては、上記メールアドレスまたは、当社ホームページお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム: (リンク »)

※文中に記載されている製品名及び会社名は、商標または商標登録です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]