編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

JBS、「Microsoft Power Platform」を安心して利用していくための運用準備を支援するサービスを提供開始

日本ビジネスシステムズ株式会社

From: PR TIMES

2022-02-01 10:00

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、「Microsoft Power Platform(※)」(以下、Power Platform)の運用準備を支援するサービス「運用スタートガイド for Microsoft Power Platform」の提供を開始しました。

※ Microsoft Power Platform とは:「Microsoft 365 Apps」や「Microsoft Teams」などのアプリケーションと連携し、機能を拡張することで、業務に必要な仕組みを導入できるローコード開発プラットフォーム



サービス提供の背景
「Power Platform」はローコード開発で、従業員自ら必要な機能を実装し、利用していく製品です。
そのため、利用方針に沿った形で運用準備をせず利用を開始してしまうと、セキュリティやリソース管理の面で、さまざまなリスクに直面する恐れがあります。

作成したアプリケーションを通じて、機密データが意図せず外部に公開されてしまうことによる情報漏洩のリスク
管理者側で個人が作成するアプリケーションの管理ができずに、徐々にデータの保存領域をひっ迫するリスク

JBS は、「Power Platform」をこれから導入される方への支援だけでなく、既に利用を開始している方で、運用や設定の抜け漏れ等に懸念や不安をお持ちの方にも、安心して利用を進めていただくために、本サービスの提供を開始しました。

提供プラン
「運用スタートガイド for Microsoft Power Platform」は、安心して「Power Platform」を利用していただくために必要となる運用に関する準備を短期間で行うための支援をするサービスです。

スピーディーに使い始めるための標準的な方針と設定をまとめたドキュメントを提供する「ガイドブックプラン」と、JBS のエンジニアが検討に加わりお客さまの利用方針に沿って運用準備を行う「検討支援プラン」を用意しています。

・ ガイドブックプラン
JBS が考える「Power Platform」の標準的な使い方をまとめたドキュメントを提供するプランです。
[画像1: (リンク ») ]

・ 検討支援プラン
お客さまの利用イメージを元に方針の検討と設計を行い、お客さま独自の運用準備を支援するプランです。
[画像2: (リンク ») ]


価格
ガイドブックプラン ¥ 850,000 -
検討支援プラン ¥ 3,200,000 ~

サービスに関する詳しい情報や条件などは、以下のページをご覧ください。
(リンク »)

今後も JBS は、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる存在を目指してまいります。

参考:オンラインセミナー情報
失敗しない Power Platform 導入ステップ解説セミナーシリーズ
第2回:ライセンス選びの勘所と運用管理のポイント
日時:2/3(木)12:00-13:00
Power Platform を利用されている方、利用を検討されている方を対象に、導入初期から本格展開までの各フェーズに焦点を当て、それぞれのフェーズでどのようなことを考慮すべきか、注意点はどこにあるのか、また導入を成功に導くための Tips など、さまざまな観点から解説するセミナーをシリーズ開催します。

第2回は、Power Platform 導入初期のステップである「試してみる(環境を整える、アプリを作って試す)」に焦点をあてた内容を 2部構成でお届けします。
(リンク »)

【日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について】
■会社概要
代表者:代表取締役社長 牧田 幸弘
設立:1990年10月4日
社員数:2,249名(2021年10月時点)
URL: (リンク »)

■事業概要: 
マイクロソフトをはじめとするクラウドソリューションに強みを持つ JBS は、コンサルティングからソリューション導入・運用・利活用に至る一連のご支援を通じて、お客さまのクラウド活用力向上と社会のデジタル変革に貢献します。
・ 日本マイクロソフトが選出する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」を 2013年より連続受賞(2021年は Modern Endpoint Management アワード)
・ マイクロソフト Gold コンピテンシー 19カテゴリ保有

※Microsoft、Power Platform、Teams は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
※Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
※記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。※本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]