編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

住宅ローン取扱額7兆5,000億円突破のお知らせ

住信SBIネット銀行株式会社

From: PR TIMES

2022-02-15 15:30

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長(CEO):円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、2022年2月14日時点において、住宅ローン取扱額※1が2007年9月24日の営業開始以来14年4ヵ月で、7兆5,000億円を突破いたしました。



【住宅ローン取扱額推移】

[画像1: (リンク ») ]


【住宅ローンのご紹介】
住信SBIネット銀行では、2021年10月に「スゴ団信」※2、2022年1月に「土地先行プラン(2回に分けて融資)」※3をリリースするなど、ますますご利用いただきやすくなっておりますので、この機会に是非ご検討ください。

≪住信SBIネット銀行 住宅ローン商品の特徴≫

[画像2: (リンク ») ]


【各商品の詳細はこちら】
◆ネット専用住宅ローン
お申込みについては、WEBサイトの「ネット専用住宅ローン( (リンク ») )」のページをご覧ください。
◆住宅ローン
各ローンプラザ( (リンク ») )または提携不動産会社経由でお申込みください。提携不動産会社は提携住宅ローン制度ページ( (リンク ») )をご覧ください。
◆フラット35
お申込みについては、WEBサイトの「フラット35( (リンク ») )」のページをご覧ください。


※1 取扱額とは、住信SBIネット銀行が販売する住宅ローン、住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行株式会社(以下「三井住友信託銀行」という)の銀行代理業者として販売する住宅ローン(「ネット専用住宅ローン」)、「フラット35(買取型)」、「フラット35(保証型)」各融資実行額の合計です。
※2 「スゴ団信」は、住信SBIネット銀行の住宅ローンを対象としたサービスです。(住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行の銀行代理業者として販売する住宅ローン(「ネット専用住宅ローン」)、「フラット35(買取型)」、「フラット35(保証型)」「フラット35ミスターパッケージローン」は対象外となります。)
※3 「土地先行プラン(2回に分けて融資)」の対象は、住信SBIネット銀行が販売する住宅ローンです。(住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行の銀行代理業者として販売する住宅ローン(「ネット専用住宅ローン」)、「フラット35(買取型)」、「フラット35(保証型)」「フラット35ミスターパッケージローン」は対象外となります。)
※4 「ネット専用住宅ローン」は三井住友信託銀行の商品であり、住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行の銀行代理業者として販売する専用商品です(三井住友信託銀行の窓口およびホームページではお取扱いしておりません)。このため、「ネット専用住宅ローン」のご契約(金銭消費貸借契約)は三井住友信託銀行との契約となりますが、「ネット専用住宅ローン」に関するお申込み・お問合せ等の各種お手続きは住信SBIネット銀行が受付けいたします。
※5 精神障がい等を除きます。
※6 全疾病保障ご加入にあたっては、お借入金額の0.55%(税込)が事務取扱手数料に上乗せとなります。
※7 フラット35Sは当初引下げ期間の金利です。お借換えにはご利用いただけません。
※8 保険料は三井住友信託銀行が負担いたします。引受保険会社は団体信用生命保険はカーディフ生命保険株式会社、就業不能保険はカーディフ損害保険株式会社となります。
※9 保険料は住信SBIネット銀行が負担いたします。引受保険会社はSBI生命保険株式会社となります。
※10 記載の事務取扱手数料率は消費税込の価格であり、実際にお借入れされる時点の消費税率が適用されます。フラット35については、最低事務手数料が110,000円(税込)となります。
※11 記載の金利は2022年2月のお借入金利(年率)であり、金利は毎月見直します。また、実際の適用金利はお申込時ではなく、お借入日の金利が適用されます。このため、お申込時の金利と異なる場合があります。
※12 ネット専用住宅ローンのお借換金利は、2022年3月31日までのお借入れを対象としたキャンペーン金利です。


住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで
金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことを目指してまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

住信SBIネット銀行株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]