編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

【オリックス】船舶ファイナンスでサステナブル・リンク・ローンの提供を開始

オリックス株式会社

From: PR TIMES

2022-02-17 15:10

船舶業界の脱炭素化に向けて金融面から貢献

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、このたび、船舶ファイナンスにおけるサステナブル・リンク・ローンの提供について香港船主との間で合意し、契約を締結しましたのでお知らせします。



本サステナブル・リンク・ローンは、融資対象となる船舶の年間CO2排出量を基準値とし、融資実行後に当該船舶の年間CO2排出量が基準値未満となった場合、翌年1年間の金利を優遇します。CO2排出量は一般財団法人日本海事協会(ClassNK)が算出し、客観性と公平性を担保します。海運の脱炭素化、サステナビリティを金融面から後押しする船舶ファイナンスとして、オリックス初の取組となります。

オリックスは、1960年代後半に国内で中古船リースの取り扱いを始め、1970年代前半からは船舶ファイナンス事業を国際的に展開しています。1977年には船舶のマネジメントおよび保守・管理を行うペルサス・シッピング株式会社(現オリックス・マリタイム株式会社)を設立するなど、ファイナンス事業、船舶投資事業(自社保有・運航)から船舶の売買・仲介まで、事業ノウハウを50年以上にわたり蓄積してまいりました。現在バルカーを中心に複数隻を保有し、国内外の穀物商社や電力会社などの大手企業へ提供しています。

オリックスグループは昨年、ESG関連の「重要課題」と「重要目標」を新たに設定※1し、サステナビリティ活動を推進しています。

船舶事業においても、エコシップの発注※2や、航海中のフードロス削減、台風被害に遭われたフィリピン人船員への義援金提供などへ取り組んでいます。今後もこれまでに培った経験や専門性をもとに、海運の脱炭素化など、サステナビリティにつながる取り組みを推進してまいります。

※1 2021年11月4日付プレスリリース:ESG関連の「重要課題」「重要目標」の設定ならびに「サステナビリティ委員会」の設置について( (リンク ») )
※2 2021年7月19日付プレスリリース:常石造船の最新鋭エコシップ「TESS66 エアロライン」を第一号発注( (リンク ») )



融資条件概要


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]